-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『それが愛なのさ』/夜光花(門地かおり) | main | 『肉体派 vol.11 オヤジ受け特集』/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『快感バイブレーション』/南野季生(花巻杏奈)
今日は「是」7巻と「他人同士」の全プレを応募しました。
小為替と100円の切手を買うのを面倒くさがり、
応募用紙を書いたり切ったりするのを面倒くさがり、
投函するまで意外と時間がかかりました。
欲しいのにこの面倒くささはいったい何なんだろう。

それから、帰りに職場の最寄り駅、乗換駅の本屋に寄って
「肉体派 vol.11-オヤジ受け特集」を探すも見つからず、
最後に閉店10分前の地元の書店に寄ったら1冊だけありました。
やっぱりここのオジさんは分かってる……!
以上、今日のBL活動でした。

さて、今日は先日読んだトンデモの感想です。
書くまで書けるかわかりませんでしたが、
パソコンに向かったらノリノリで書けました。


『快感バイブレーション』/南野季生
オークラ出版 (2005/2/23)
【Amazon】


☆あらすじ
国内コンドームシェア日本一の企業「クラタ」の御曹司・悠也は、
新製品のキャンペーンのためにモデルを起用することに。
早速行われたオーディションにやってきたリュウは、
なんと男性器のモデルをしているという。
生粋のゲイである悠也は彼への好奇心が募り……
業界を舞台に贈る、愛とHの電動…じゃなくて、伝道師たちの物語。

*   *   *   *   *   *

あらすじの最後の一行が、あらすじを書いた(であろう)編集者も
いかにノリノリだったかを如実にあらわしていますね。

悠也がコンドーム業界大手の企画部長として新製品に関わるため、
コンドームに関する仕事描写があるのですが、興味深かったです。
ネーミング、宣伝の方向、自分でのテスト、製造方法など、
ウソかまことかわからない知識とネタが書かれています。
お世話になっているけれど一切考えたことのない業界のことを
知るだけで楽しく、ついつい好奇心をくすぐられて
コンドームの製造方法を検索させられてしまったわ!
(製造方法、歴史についてはこのサイトが素晴らしいです。)

お坊ちゃんなだけでなく、部署に関係なく企画を募るなど、
ちゃんと等身大に頑張るリーマンが描かれていて良かったです。


また、こんな描写には共感するものがありました。

そうだ、キレイなのだ、と思う。力強くて整っている。
そしてシンプルで、よけいなものがない。
これで完成している。そんな、美しさ。(P.68)
ま、男性器のモデルをしているリュウのアレへの描写なんですが(笑)、
そうなんですよねー、あんなグロテスクなものなのに、
なぜか美しいと感じるフォルムがあるんですよね、と、
美しいと感じるアレの画像を収集する私としては、
美しいと素直に賛美するこの作品は素敵だと思います。


しかし惜しむらくは、上記の通り掴みはばっちりで
OKだったのに、後半がテンプレ的だったことです。
せっかく仕事の関係があるのだから、そっち方面での
問題が起こるか、ぶっとんだことが起きればかったのにな、と。
まぁ、設定は飛びぬけていても、攻めも受けも、
設定に比べればぶっとんでいない性格だったので、
堅実と言えば堅実な運びかもしれませんが……。

あと、2話目の短編が続編だと思っていたら、
まったく関係ない短編だったのは興ざめでした。
1編目のラストで、最後に自社製品を使うために
悠也が駆け出していったのに!
この話の続きは…書かれて無いだろうなあ、残念です。
というかこの著者の著作がこの1冊だけなのが残念です。

というわけで、設定でいけそう!と思ったかたは、
存分に楽しめる作品だと思います。いいトンデモでした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |