-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『快感バイブレーション』/南野季生(花巻杏奈) | main | 嫁と妻、1冊ずつ感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『肉体派 vol.11 オヤジ受け特集』/アンソロジー
うーん、また風邪を引いてしまいました。
前回はおなかでしたが次は鼻とのど……。
体が弱くて得するのなんてJuneの受けぐらいなものなので、
早く治して平常レベルにもっていきたいものです。

さてオヤジ受特集ということで買わないわけにはいきません。
擬人化といい、オヤジ受けといい、最近のアンソロジーは
際どいところに向かいつつあるのでしょうか。
一般人から見たら理解できないかもなあ……。

それでは軽めに感想です。




『肉体派 vol.11 オヤジ受け特集』/アンソロジー
オークラ出版 (2008/11/12)
【Amazon】


それでは掲載順にざっと感想をば。

『激情ナイン』/鬼嶋兵伍 ☆☆☆

野球部のOB会で再会したピッチャーとレフト、
レフトは自分がエラーしたことで負けたことを
悔やんでいて、敬遠していたのだけれど…。

表紙のガテンぽいふたりかと思っていたら違いましたが、
両方オヤジでしかも過去にわだかまりがあるってほうが
さらに萌えるので問題無しでした。
ストーリーはそつなくまとめている感じですが、
いやあ、もう、ひとことで言おう、エロいと!
体毛(陰毛はもちろん乳首毛・ギャランドゥ・ケツ毛まで
がっつりあります)の描き方、筋肉、アレまで、
全部好みなんですよ、うん。アングルも素晴らしい。
それに初めて攻めのむっちりなお腹に萌えてしまった……、
ぽっちゃり萌えはぜんぜんなかったはずなのに。
嬉しい発見です、これだけで買った甲斐がありました。
いつか単行本に収録されるといいな。


『四十路哀歌』/松武 ☆☆

コンビニの店長×四十路のバイト。
見た目がタイプで雇ったけど、使えないオヤジだった、
と思っていたら、実は店長の前でだけダメだとわかり…。

相変わらずゲイにとっては美味しいシチュエーションで、
ふーんと読んでいたら実はドMな四十路に萌えました。
45の男が新しい仕事、しかもバイト(副業?)をはじめたときに
威張らずまともに働けるのって地味にすごい人柄だよなあ、
と同時に、ドM。このギャップが楽しかったです。


『窮乏の男』/ひばきち ☆

えっと…いきなり江戸時代?…で、妖怪もの?
これ1話完結のシリーズ…なんでしょうかね。
唐突過ぎで愛情も感じなかったのでスルーパス。


『僕の海に寄せる波』/松崎司 ☆☆

ゲイのサーファーがサーファー仲間(女性)の紹介で、
コールセンターでバイトをすることになったのだが、
その上司がお堅いけれどサーファーとわかり……。

松コンビ(松武さんと松崎さん)は安定していますね。
上司のオヤジが口説かれて波に乗せられる、
ただそれだけの話ですが、オヤジが可愛いなあ。
職場の女性たちがみんな聞き耳たてているのにも笑えました。
きっとメッセンジャやメールで2人の話を
しまくっているに違いない、この職場は。


『遠い日の花火』/松本いなき ☆

男版キャッツアイで、2人兄弟+面倒を見てくれていたオヤジの
ちょっとねじくれた関係です。このページ数で1話完結で
死にネタはちょっと無理があるんでないかい?
しかもラストがよくわからない…私の読解力不足かしら。


『DISSOLVE』/田亀源五郎 ☆☆

三年前に消息が分からなくなったマトリが、
ヤク中状態のホームレスとして発見された。
ヤクは抜けたが記憶を失った彼を引き取ったのは、
彼の刑事時代を知る男だったのだが…。

うう…なんちゅう暗い話だ。ひばきちさんの作品が
浮いているとすれば、この話はめっちゃ沈んでます。
記憶を失い、薬を打たれ、犯されまくったせいで
セックス中毒者になったオヤジと、彼を男漁りに
いかせないために体で引き止める男、それだけで
もうドン底なのに実の親子だなんて…底なし沼です。
でも、一番印象に残る話ではありました。



『お世話します!』/三好ひろみ ☆☆

偏屈でで無愛想でいつも怒ってばかりの陶芸家の家に
派遣されている家政夫は怒鳴られてばかりだが、理由をきけば
意外と悪い人ではないとわかり、打ち解けるのだが…。

最後に救いがある話で良かった…田亀さんが
ラストだとちょっと落ち込みかねないですもの。
亭主関白なオヤジって救いようがないですけれど、
実はそうとうな照れ屋で気持ちは純粋なツンデレ受けと
分かるとかわいく見えるのはマジックでしょうか。
いいえ、ツンデレオヤジは可愛いのです!(断言)
ラブラブでしめだと気分が良いですね、ご馳走様でした!

結論。
並未満が2作品だけだったので、充分アンソロジーとしては
元を取れたかと思います。オヤジ受けがお好きでしたらどうぞ。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - |