-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『肉体派 vol.11 オヤジ受け特集』/アンソロジー | main | 「3Pアンケート」結果発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
嫁と妻、1冊ずつ感想
クロノトリガーDS版をやる手が止まりません。

お目当ては予約特典のサントラだったんですけれど、
やりはじめたらもう懐かしくって懐かしくって。
ひさしぶりにやってもほとんどのダンジョンの構造や
イベントも覚えているから攻略サイトも見なくていいし、
ひさしぶりに楽しいゲームのお時間です。

そうなると相対的にBLを読む時間が減るのですが、
そんな中でも似たようで微妙に違う嫁ものと妻ものが
続いたので、合わせて感想です。



嫁もの:『業務命令は「駆け落ち」』/夢乃咲実

ビブロス (2004/10/16)
【Amazon】



□あらすじ
天涯孤独ながら、ごく平凡な毎日を送る池森加津樹(かずき)は、
ある日いきなり本社秘書室に抜擢される。
命じられた仕事は、なんと財閥の御曹司との「駆け落ち」。
穏やかながらも威圧するような視線で「よろしく頼む」と言われ…
偽装駆け落ち→小さなアパートでの駆け落ち夫婦生活、
恋する気持ちがめちゃくちゃ膨らむ大恋愛。

*   *   *   *   *   *

トンチキでオススメされたこちら、面白かったです。
役員の御曹司一族への忠誠と、会社への誠実さを
調べるためにとった方法が「駆け落ち」。

…ちょっと、ちょっとじゃなくおかしいから!
ていうかそもそも男同士だし!と誰しも考えると思うのですが、
それを考えた役員の話を聞いているうちに、腑には落ちないけど
説得力のある理由になるほど…と思わされてしまいました。

それから駆け落ち生活になり、ラブラブになるのですが、
そんなバカなと思いつつ、そこにも説得力があったのです。
駆け落ちを提案した役員の話が実行されているのか、
それとも罠だったのかが分からないようになっているのと、
最後の最後まであくまでハーレクイン的展開を忠実に
守り抜いているところが徹底していたせいでしょうか。
奇抜な設定でも単なる萌え要素のノリじゃなくて、
「ヘンな展開でしょ?でも私はこれが好きなんです」と
開き直っている潔さがなかなか良かったです。

ただ「御曹司が執着したから」って周りの人まで認めるように
なる甘い甘い展開はいかがなものかと思いますけれどね、
ここまで徹底してこそトンチキの鑑です。

調べてみたらこの著者の作品、「嫁」「伯爵」「王子様」ばっかり。
こういうものが読みたいときに最適の作家さんかもしれません。


妻もの:『新妻きらきら日記』/雪代鞠絵

幻冬舎コミックス (2008/11/17)
【Amazon】



□あらすじ
大学淮教授の橘祐一郎と恋に落ち、「結婚」して一緒に暮らし始めた、
17歳の新妻・真尋。結婚して半年、慣れない家事に奮闘しつつ、
夜のお務めも頑張る毎日だったが、そんな幸せな新婚生活を
送る真尋の前に、祐一郎の義母・小百合が突然現れた。
橘家の嫁として認めないと言われてしまった真尋は、
小百合に認めてもらう為に一生懸命頑張るのだが…

*   *   *   *   *   *

『業務命令〜』がハーレクイン的な展開だとしたら、
こちらの『新妻』はレディースの嫁姑的展開です。
もう素晴らしい嫁いびりでした。例を挙げると、
・窓枠に指を滑らせ、息を指に吹きかけて埃を飛ばす
・嫁候補にはケーキを、真尋には糠付けを持ってこさせ、
 良家の子女との違いを見せ付けて辱める
嫁候補がチョコレートの光沢が美しい高貴なザッハトルテなら、
貴女はそうね、糠が表面にこびりついた貧乏臭い糠漬け。と
エリカ(by家なき子2)が例えてあげるようなことをしでかす姑、
真尋は真尋で「実家に帰らせていただきます」を
披露するし、ベタベタで面白すぎます。
嫁姑ものってBLじゃなくてもほとんど読んだことが無いので、
新鮮に感じました。自分の萌え以外も読むのって大切ですね!

しかも後半は水戸黄門的な展開も混じり、
「真尋は小泉家のご子息であらせられるぞ」で一件落着し、
姑はヒスを起こして退治されます。いやあ、水戸黄門が
一定の視聴率がある理由がよくわかりますね、
いけ好かないキャラが退治されるのは楽しいです。
姑も政治家の後妻ということで大変らしいですが、
旦那に恵まれてるんだから全然可哀相じゃありません。
こんなかっこいいことを言ってくれるんだもの。

「嫁姑問題に巻き込まれたら、どんな時でも、
お前の連れ合いの味方をしてやりなさい。
私の連れ合いは私が守ろう」 (P.184)
祐一郎さんのオヤジ、年長者の余裕もありカッコいい…!
え?祐一郎さん?相変わらず17才の(男の)新妻に
いけないことを教え込む変態紳士でした。以上。


嫁も妻も男嫁であることにはさしてつっこまないんだよな。
ゲイが増えてきたからBLでもあまり男同士と言うことに
突っ込まなくなってきましたが、嫁/妻ものに関しては
さらに突っ込んじゃいけないお約束なんでしょうかね……。

というわけで、めったに読まない嫁/妻、楽しみました。

P.S.
エリカ様の動画があったのでついでに。1:12からが
例えてあげるシリーズです。お星様とにぼし様は吹く(笑)
【全集-字幕】エリカが例えてあげる【家なき子】
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - |