-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 嫁と妻、1冊ずつ感想 | main | 2008年12月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「3Pアンケート」結果発表
こんなきわどいジャンルのアンケートに対して、
どのくらいの回答をいただけるか分かりませんでしたが、
なんと100以上も回答をいただきました。
ご協力、ありがとうございました!

ご期待に沿えるまとめになっているかは分かりませんが、
集計が終わりましたので結果発表です。
長くなりますので、いったん折りたたみます。



☆もくじ (クリックで項目に飛びます)
<問 2 3Pものはお好きですか?>(問1はHN回答のためパス)
<問 3 3Pのなかで、どのパターンが最も好きですか?>と
<問 4 問3 で選んだパターンに攻め受けをあてはめるとしたら、
   どれが一番好みですか?>のマトリクス表

<問 5 3人の関係性で特に好きなものはありますか?>
<問 6 最も好みの結末はどれですか?>
<問 7 3Pを好き、または嫌いな理由はなんですか?>
<問 8 何かオススメの3P作品はありますか?>
<まとめ>

*   *   *   *   *   *   *


<問 2 3Pものはお好きですか?>の回答




まあ、わざわざアンケートに答えていただくぐらいですから、
3Pものがお好きでしょうから、こんなところかと。
BL読みの中での全体の比率は今回とる気はなかったので、
「どちらでもいい」「どちらかといえば」は項目を
作成しませんでした。あしからず……。


<問 3 3Pのなかで、どのパターンが最も好きですか?>と
<問 4 問3 で選んだパターンに攻め受けをあてはめるとしたら、
   どれが一番好みですか?>のマトリクス表



(クリックで別画面の大きい画像になります)

わかりづらい表で申し訳ありませんが、
攻め2人に愛される受け1人が圧倒的な支持を得ました。
逆に形で人気が無いのは、いわゆるハーレムの、
攻め1人に受け2人が愛される形でした。
基本的に受けの視点で読むため、自分と同じ立場の受けが
もう1人居ることが望ましくないのでしょうか?
この辺が男性向けでたまに見かける輪姦ものなどが
女性向けではあまり見かけない理由なんでしょうかね。

また、攻め受けの形で人気が無いのは受けオンリーでした。
やはり攻めがあってこそのBLなんでしょうかね。
注目したいのは、支持率が低いとはいえ、攻めオンリーの2位です。
これは、リバを支持する(3Pが好きなうちの12人、
つまり12/(121-18)=11.65%がわざわざ言及されるほどの
リバ好き)のと、3人とも同等の存在でいてほしいという
理由によるものが多かったです。

<問 5 3人の関係性で特に好きなものはありますか?>の結果


出てきた単語を分類して多い順に並べ、10位までを抽出ました。
血縁関係=兄弟とは限らないので、一応別項目にしてあります。



幼馴染、同僚、仕事関係、血縁関係、上下関係が、
トップ10 のほとんどを占めています。
3人が同等の関係であること、または、2人が同等の関係で、
プラス1人、という傾向を望む結果になっていると思います。
3Pものって大体関係がこんなテンプレですけれど、
支持されるだけある「3Pの王道」なのかもしれないですね。


<問 6 最も好みの結末はどれですか?>の結果




これはやっぱりというか、3人のまま終わるエンドが
回答なしを除く全回答中、約75%の支持を得ました。
「その他」の多くでも、そのままだとか、つかず離れずだとか、
恋愛関係にならずとも3人で終わる関係が好まれる傾向にありました。

<問 7 3Pを好き、または嫌いな理由はなんですか?>の結果


まずは、3P好き派の回答からです。
問5同様、分類して多い順に並べ、複数回答のあった項目を抽出しました。



・「三角関係で切なくじれじれしてみたり、ただひたすら
 欲に溺れてみたり出来る3Pは素晴らしいと思います。」(匿名)
・「受が愛されまくる感じが好き。」(尾関さん)
・「受側がどっちも選べなくて悶絶する様に萌えます」ぽんさん)
・「エロがより濃厚になるので大好きです!」(坂城さん)

と、多数派の意見もあれば、順位にはあらわれませんが、

・「攻めが2人ともいい男だと報われてほしいから。」(かものはしかもさん)
・「普段はタチ役の人が受けてるのが見たい」(たまきさん)

など、少数派も含めるとかなり多様な結果になりました。
翻弄される受けが好きだったり取り合う攻めが好きだったり、
理由はさまざまですね……。ただし、好き派の中にも、
ヤってるだけのものや愛が無いものはいや、という意見も
ちらほらとありました。複数のプレイと言えど、やはりBLは、
ベースに愛が無いと受け入れられづらいのだなと思います。

さて、逆に嫌い派の意見を見てみましょう。



・「3Pしてる時点で、そこに愛があるのかよくわからない」(ちなまる♪さん)
・「3人いるとお互いの執着感が分散してしまう気がして苦手」(メケメケさん)
・「「両方好き」は二股と変わらないと思うし、
  相手に対して不誠実すぎ」(みつさん)

好き派にとっての「受けが葛藤する、翻弄されるのが好き」は、
嫌い派にとっての「優柔不断/流され受けが嫌」となり、
好き派にとっての「受けがひたすら愛される」が、
嫌い派にとっての「(受け→攻めの)愛情が分散される」となる。
わかりやすいくらいに裏返しの結果となっていますね。
3Pは許容できるかできないか、際どいジャンルなのかもしれません。

<問 8 何かオススメの3P作品はありますか?>の結果


さて、一番のお楽しみ、皆様からのオススメ本です。
*私がすでに読んでいて、3Pではないと考えられるもの
(3Pシーンが無く、三角関係どまりのもの)は省きました。
*また、私が既読で3Pと確認できているものは青字です。
*コメント(HN)となっているのものは回答から引用させて頂きました。
*作家さんは敬称略です。それではどうぞ!

□ 小説編
『3シェイク』/秀香穂里
 →このアンケートで最も支持のあった作品です。
  私を含め、3P好きには評価が高いのでしょうか?
『奪われた白衣』『汚された白衣』/剛しいら
 →兄弟+医者。ラストは2カップルに分離します。
『ハードボイルドに触れるな』『ロマンス作家は騙される』/榎田尤利
 →3人のまま終わるというか、攻め2人より小説が好きな受け。
『元彼カレ』/玉木ゆら
 →どっちの攻めも一長一短でした…。
『蜘蛛の褥』/沙野風結子
 →受の恋心を徹底的に折ろうとする攻の気(鬼)迫がすごい(赤丹さん)
『ラブ・トライアングル』/名倉和希
 →これは良いヒゲオヤジと息子!
『リアルライフゲーム』/夜光花
 →基本は2+2ですが、4Pありです。
『俺達の崩壊』(『タブー』収録)/須和雪里
 →June的展開なのでご注意を。
『龍と竜』/綺月陣
 →二人を見守り支える、じろちゃん(脇役)にぐっと来ました。(みっとさん)
『モザイクリング』/須和雪里
 →いったん攻めと攻めのトライもあります。失敗ですが(笑)
『秘密』/(『窓』収録)/水原とほる
『3P』/愁堂れな
 →受が愛されすぎて読んでるこっちまでつっこみたくなる
  (ボケとツッコミの意味で)(カフェモカさん)
『蝶よ花よ』/雪代鞠絵
 →ごめんね…と言って3Pに加わる秘書が…萌えます。(むぎさん)
『情熱の行方』/月夜の珈琲館(後半だそうです)
『二匹のケモノと堕ちる夜』/真崎ひかる
『泉くんシリーズ』/あさぎり夕
『影鷹の創痕』/水原とほる
『背徳は蜜のように』/遠野春日 (精神的に3Pとのこと?)
『先生だって我慢できない』/松岡裕太(攻と受二人だそうです)
『万華鏡の花嫁』/鹿能リコ (4Pとのこと)
『渇愛』/吉原理恵子 (最後だけとのこと)
『オム・ファタール 運命の男』/山藍紫姫子

□ コミック編
『是』/志水ゆき(4巻)
 →「攻二人が受を取り合ってて仲悪いけど仕方なく3P」とか
  「受がどっちにしよう、とか四六時中ぐずぐず悩んでいる」とかの
   構図じゃないところが大好きです。(ゆみさん)
『ランブル・ラッシュ』/神室晶&高緒拾
 →飯島課長来た!『秘密のくちづけ』でも3Pしてます。
『ちょっとやそっとじゃ止まらない』/内田かおる
 →ちょっと古めの作品。同級生ものです。
『イケナイ男』/神室晶/&高緒拾
『Trillium』(『砂の下の水脈』収録)/深井結己

『NON Tea Room』/SHOOWA
 →最後の書き下ろしにほんの少し…本当に少しだけある
  そのシーンがとても良かったです。(サイントさん)
『課長の恋』/九州男児(リスを入れての3P)
『キモチの行方』/明治カナ子
『3ピース』/嶋田尚未
『THE B.B.B.』/秋里和国(女性含むらしい)
『ジャジャ馬ならし』/門地かおり
『プリンスチャーミング』/高井戸あけみ
『バランス』(文庫版『左巻きのベイビー』収録)/語シスコ
『兄弟愛のススメ』(『フィジカルエイジ』収録)/紫賀サヲリ (ショタっぽいとのこと)
『恋友』/神崎貴至
『Family』『ファミリーコンプレックス』/祐也
『くちびるの行方』/大和名瀬
『無傷じゃいられねえ』/定広美香

□ おまけ編: オススメ関係無しに私が思い出せる限り思い出せた3P小説
『スパイラル・トラップ』/綺月陣
 →とにかくやりまくりエロものです。
『ピジョンブラッド』/吉田珠姫
 →しょっぱなから父親と兄貴と。3Pとかそういうレベルじゃないです。
『誰にもあげない!』/松岡裕太
 →確か…同級生だったような…(昔なのでうろ覚え)
『甘くキスして惑わせて』/望月広海
 →確か…双子攻めだったような…(昔なのでうろ覚え)

小説のオススメのものを見てみると、表紙に3人以上が
描かれていることが多いですよね…3Pの小説を探すなら
まずは3人以上の表紙のものを探すと良いのかもしれません。

まとめ


設問が少なかったかわりに、オススメ本で長くなりました…。
疲れたのでここいらでそろそろ乱暴にまとめます。

・攻2人に愛される受1人が最も人気がある
・リバを好むゆえに3Pも好む人が少なからずいる
・関係性はテンプレ的な「幼馴染、同僚、仕事関係、
 血縁関係、上下関係」がやはり人気が高い
・3人のままハッピーエンドが最も好まれる
・好きor嫌いな理由は諸々だが、許容範囲が試される際どいジャンル

以上です。今回も非常に多くの方にご回答いただき、
面白いアンケートとなりました。また、
ご回答いただいた皆さまには温かい言葉も頂き、
重ね重ねありがとうございました!
この結果を少しでも「ふ〜ん、そうなんだ〜」とでも
思っていただければ幸いの限りです。

それではブログ共々、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |