-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3PBL作品リスト | main | 『恋の話がしたい』/ヤマシタトモコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2008.11.29
下の画像は今日の収穫本です。



明日行く予定の都心(というか池袋)で買ったほうが
ペーパーとかあるかもなと思いつつ、これだけの本を
持って帰って疲れない自信がまったくないので、
最寄り駅のところであるだけ買ってしまいました。
英田さんのDEADLOCKシリーズ外伝と水原さんの本だけが
品切れなのが仕入れ数の少ない地方の限界ですね……。

さて、今月末に一気に出た非BLコミックラッシュ、
一気に読んだうち特に面白かったものを一気に感想です。

1・『君に届け(8)』/椎名軽穂
集英社 (2008/11/25)
【Amazon】

君に届けはピュアをとなえた!
aya-meはもだえている!
というくらい、こっぱずかしかったです。

なんていうか、普段3Pがどうこう言っているのに、
進級してクラス替えで新しい出会いにドキドキしたり、
お互いが上手くいえなくてすれ違ってしまったり、
風早(男子)がじれったいことしているのを見ると、
ニフラムを唱えられたくさった死体の気分です。
まぶしすぎてはずかしい!消え去ってしまいたい!

高校生ものの真骨頂はこの居たたまれない恥ずかしさと、
それなのになぜか応援したくなる感情移入ですね。
次巻は来年夏か…あっという間だろうな。


2・『うごかし屋(1)』/芳崎せいむ
小学館 (2008/11/28)
【Amazon】

『金魚屋古書店』ではマンガに重ねるようなエピソードを
描かれていましたが、こちらでは、ひっこし屋として、
ひっこしにまつわるさまざまな人のエピソードを、
小説や落語などに重ねるようにして描かれていました。

出てきた作品は『草枕』(夏目漱石)、『山椒魚』(井伏鱒二)、
『タゴール詩集―ギーターンジャリ』(タゴール)、
『人にはどれほどの土地がいるか』(トルストイ)、
『古典落語 志ん生』(古今亭志ん生)などなど、
ええと…ほとんど読んだことありませんすみません。
でもその中でも面白かったのは『山椒魚』のラストが
変わっていたというエピソードとなぞらえた話。
なるほど…たまには名作と言われる作品も読もうかしら。


3・『とめはねっ!(4)』/河井克敏

小学館 (2008/11/28)
【Amazon】

やっぱり面白いー!
書道のエピソードはあいかわらず面白く、
良寛さんの書を持ち出してくるところが渋い!
大きなだけの楷書がつまらんというのにも同意。

書って本当に書く人の性格出るんですよね…。
見た目が控えめな女性が剛胆な字を書いたり、
普通に振舞っているつもりの男性が「女性の字」と
ずばり師に言われたり。誰とは言いませんが。

もちろんそれだけじゃなくて、恋愛エピソードのほうもいい。
といっても『君に届け』と違って、主人公・縁(ゆかり)が、
鈍くて書道を優先してしまう生真面目もののため、
じれったくもならず、落ち着いて読めました。
こちらも続きは来年の夏…、ああ、待ち遠しいです。


4・『3月のライオン(2)』/羽海野チカ

【Amazon】

Amazonの画像あるなしの法則が分からない…。
読み終えても前巻でもやもやした感情は残ったままでした。
主人公・桐山が迷い続けていることもそうですし、
桐山の義姉、香子がたびたび不穏な空気をもたらすなど、
まだまだ先行きは暗そう……ですが、
ものすごく萌えた要素が2つありました。

1つめは、将棋を知り合いの三姉妹の
次女三女に教えるときに使った絵本!
将棋の駒が全部猫に擬猫化(?)されていて、
もんのすんごく可愛いという意味で萌える。
(駒で擬人化も萌える…擬人化しなくてもじゅうぶん萌える)

2つめは1巻では単なる脇役かと思っていた野球部所属の
高橋君。中学生で180センチで強面なんだけど桐山を
尊敬しているだなんて、一瞬で高×桐が成立してしまう意味で
萌えました。……次女の片思い相手だろって?
関係ないよ性別なんて!(そういう問題じゃない)


ふう、今日はこんなところで。
どれもこれも続きが楽しみな作品ばかりでした〜。
| [その他]BL以外のコミック | 21:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |