-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『恋の話がしたい』/ヤマシタトモコ | main | 3P小説3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『砂漠の王子に囚われて』/矢城米花(竹中せい)
このタイトル、一見しただけでアラブだと思いますでしょうか。
はい、正解はもちろんアラブです。先日買い物をしているときに、
なんだかものすごくアラブを読みたくなったんです。
こういうとき、分かりやすいタイトルってありがたいです。

この分かりやすさ、今の邦楽の歌手名とか曲名にも
取り入れてくれればわかりやすいのになあ。
歌手と曲名が両方横文字だとどっちがどっちだか
わからない、というのは年寄りのセリフかのう……。

さて、早速以下にて感想です。




『砂漠の王子に囚われて』/矢城米花
二見書房 (2008/3/27)
【Amazon】


☆あらすじ
豊かな中東の小国・ナファドの第一王子・ハーフィズは、
大学研究員の瑞紀を拉致し、離宮に軟禁させる。
恋愛経験も乏しく地味な印象の瑞紀に興味を抱いたハーフィズの
戯れの関係のはずだったのだが、ところが、頑なな瑞紀の態度が、
王位継承者として誇り高く、かつ傲慢に生きてきたハーフィズの
逆鱗に触れたのだ。王子の心の本質を垣間見ながらも、
気持ちの伴わない関係に、瑞紀の心身のダメージは増していくが……

*   *   *   *   *   *

矢代さんというと、凌辱!というイメージですが、
アラブという題材にぴったりすぎて怖いくらいでした。

攻めの自己中で理不尽な理由での強姦、拉致、軟禁、
籠絡、凌辱、あまりにアラブの王道です。
しかしこの作品の徹底っぷりはハンパではありません。

たとえば、強姦の後、どうやって拉致するのかといえば、
普通のアラブだったら気を失っているうちに……なんて
展開が多いなか、これではなんと瑞紀によく似た姉を
代わりにしてもいいのだぞ、と脅して連れてこさせる。

凌辱といえば、ハーフィズだけでなく、ハーフィズと
異母兄弟のサリームに変なところへ連れ出されて、
人身売買がてらに男どもに犯されてしまう。

籠絡……、エロ面でも、「満足していない」と言ってばかりの
性欲魔人ハーフィズにどっぷりと犯されるシーンを連発される。

別れそうになったときの狂言もかなり真実味があり、
どうせBLだから大丈夫だろう、という範囲を
軽々と飛び越えているんです……針振り切れすぎです。

ただ、その過激さを支えるような描写もしっかりあります。

ありえないくらいにムカついたハーフィズが、孤独ゆえに
傲慢であることや、まだまだ幼いところもある男として
描いているところがありがちなんだけれど納得できますし、
瑞紀を、清らかな精神の持ち主として描くのではなく、
体で落とされても、本当に相手に興味がないゆえに、
ハーフィズに心が折れないのも理解できます。

また、王族ゆえに起こりやすい問題も、丸く収まるような
結末にもっていったりと、アラブ特有の尖りは残しつつ、
ほかのところでまろやかになるように描かれています。
うーん、アラブなのに納得できるつくりって嬉しいです。

この作家の作品の中で一番これが好きかも。…といっても、
触手は苦手なので『妖樹〜』と『堕ちて魔物と闇の中』は
地雷だったので、平等な評価はできているか微妙なところです。

過激なものが苦手だと辛いですけれど、ハーレクインな、
アラブらしいアラブを読みたいときには抜群だと思います。
アラブをお探しならぜひどうぞ。
| [BL・小説]矢城米花 | 21:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:03 | - | - |