-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『砂漠の王子に囚われて』/矢城米花(竹中せい) | main | 予定と予想以上と想定内 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
39ベリーマッチと送られてきたメッセージを、
3Pベリーマッチと読み違えるほど3Pばっかり読んでます。
リストをつくったら読みたくなるもんなんですね…。

3Pだけに3冊で切りよくいったん感想アップです。

1・『3P(スリーパーソンズ)』/愁堂れな

二見書房 (2008/8/22)
【Amazon】

☆あらすじ
電機メーカーに勤務する姫川は、
大学の競走部仲間で現在、
検事の神部と総合商社に勤める佳樹の愛を一身に受ける日々。
しかし姫川の仕事の取り引き相手で、駅伝選手時代の姫川の
ファンという男が現れ、三人の関係に大きな変化が訪れることに…。

*   *   *   *   *   *

神部と佳樹がどっちがどっちだかわからない。と言ったら
言い過ぎかもですけど、ほかの3Pよりも攻めの個性が
はっきりしていないように感じました。
2人の攻めの差がはっきりしているのが多い中、
大学生のときの陸上部仲間、かつ、攻めとしての
姿勢がどちらも似たスタンスだからかと思います。

当て馬も当然3人目になるわけはないだろうと分かったし、
深く惚れる理由もあまり描かれていなかったし、
二輪挿しが書きたかったのかしら…と邪推しました。
(二本挿しが普通にできるってユルユ…なんでもありません。)

ただ、親和性の高い攻め同士が、同じ人を愛する者として、
微妙な距離ながら攻め同士でちゃんと「愛している」と
言葉にして認めているのは新鮮でした。
男同士の友情みたいなものも感じられるのが、
攻め2人のいいところかもしれませんね。


2・『エンジェルヒート』/西野花

白泉社 (2008/11/19)
【Amazon】

☆あらすじ
母親の治療費を稼ぐため、巷で噂の媚薬、
エンジェルヒートの秘密を探ることになった七瀬。
ヘヴンと呼ばれる組織に潜り込んだまではよかったが、
逆に策にはまり、ヘヴンのトップである景彰と漣の性奴となる。
が、しかしどこか甘いそれに、心まで酔わされて……

*   *   *   *   *   *

兄(景彰)と弟(漣)×七瀬です。
BLACKらしくビター…を期待していたのですが、
非合法組織だの秘密クラブだのなんて、
よっぽどのどんでん返しとかがあったら別ですが、
単なるアイテムで、過激とも思えないのが残念でした。

特攻する七瀬の心理はわからなくもないですけれど、
なにもせずに潜入する七瀬も七瀬ですし、これだけ
ガードの固い所に素人を潜入させてなんとかしようという、
脅したバックの脳みその弱さにもビックリです。

3人の関係は、『3P』同様に、攻めの兄と弟の仲の良さは
いいのですが、危ない世界で生きてきた攻めたちが、
どうしてこの受けだけに参ってしまうのかが不透明でした。
挿絵とエロはいい感じでしたけれどね!(でもここ重要)


3・『僕と彼らの恋物語』/愁堂れな

竹書房 (2005/7/23)
【Amazon】

☆あらすじ
高校教師の前沢は、家庭訪問先で憧れの
小説家・南条龍之介に会い感動していた。
しかし、誰も居ないリビングでいきなり龍之介に押し倒されてしまう。
しかもその現場を帰宅した教え子の光太に見られてしまい、
誤解を解こうと必死な前沢だが、なんと光太までもが……

*   *   *   *   *   *

親子×先生。
なるほど、この本を下さったH子さんが、再読することは
ないからどうぞ、と言っていた理由がわかりました。
あらすじでお分かりでしょうが敢えて言おう、アホアホだ!

ページ数の問題か、好きになる過程はほぼすっとばし、
親が先生を押し倒してるのを見て、息子(ムスコじゃないよ)が
「ぼくも好きだったのに!」と混じります。……これ、
笑うところですよね?笑わないとやってられないです。

回数だけは多いエロいとも思えないエロをはさみつつ、
展開はどんどん進み、受けは主体性がなく、おまけに二輪挿し。
そして、最終計画は、父親火木、息子月水、金土は三人で。
って、ごみ出しの日じゃないんだから!

はあ…ちょっと突っ込み疲れました。
なんというか、3Pを苦手な人に嫌われる要素が、
てんこ盛りで入っている作品のような気がします。
この親子本を読むなら、『ラブ・トライアングル』を
読みましょう。(特にヒゲオヤジ攻め好きに推奨)

正直、どれもはずれ(気味含む)だったので、
3Pをどうしても読みたいとき以外は推奨しません(笑)

こんなんばっかりで落ち込んだりもしたけれど、
次こそは!と考えてしまうわたしは元気です。
| [その他]3P特集 | 00:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:32 | - | - |