-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 予定と予想以上と想定内 | main | 3P小説3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ブライダル・パニック!』/綺月陣(氷栗優)
最近、寝巻き代わりにツナギを着ています。

今まで着た事なかったんですが、楽ですね、これ。
楽なんです、けれど、ツナギを着ているだけで、
時たま「ああ…次はションベンだ」というあの有名な
セリフがどうしても頭によぎります。
阿部(おお振りのじゃないよ)、恐ろしい子!

さて、今日は「3人以上の表紙だからとりあえず買おう」と
あらすじも読まずに3Pと推測して読んだこちらの本です。
全然違ったけれど、面白かったので感想です。




『ブライダル・パニック!』/綺月陣
白泉社 (2003/02)
【Amazon】


☆あらすじ
艶のある声と可愛いルックスを持ちながら、TVレポーターの
オーディションにはなぜか落ちまくりの月岡千明に、
所属事務所が与えた仕事は、結婚披露宴の司会だった。
ギャラにつられ、渋々仕事を引き受けた千明だが、
派遣先の超一流ホテルでの初日、師之宮と名乗る、
見知らぬ超美形な男にいきなりキスされる。
しかもその師之宮が、披露宴担当のチーフで…。

*   *   *   *   *   *

装丁から明るいきゃぴきゃぴを予想していたら、
なんとワーキングが良い作品でした。

綺月さんのイメージはグロ/痛い系かアホ明るい系の
ものしかないと思っていたので、予想外だったのですが、
なんと綺月さんご本人が司会業をやってらしたそうです。

それだけに、こんな(↓)熱い言葉も出てくるわけですね。

度胸、勇気、直感力。判断力と発想力。そしてウィット。
なおかつ自己コントロール力に優れ、集中力に長けた人物でなくては、
二時間半のライブステージを感動で飾ることはできません。(p.72)
千明がひどいミスを冒した場面などや、
こういった司会者という仕事への描写が熱いです。

結婚式に限らないけれど、たしかに司会者の言葉や段取りで
イベントの印象が大きく変わるものでしょうし、
特に結婚式なんて忌み言葉・敬語が特殊そうだから、
大変なのは想像に難くないです。

キャプテン(進行全体管理者)にビシバシダメだしを
くらいながらも、最終的には新郎新婦のことを
考えられるようになった千明はほんと素敵だと思います。
一瞬でも人を幸せにできる仕事って良いなあ。


さて、ラブ面に関して言えば、師之宮がちょっと危ないです。
千明を見た時、最初に出た言葉が、「ミューズ……」。
私だったらその場で即刻逃げ帰ります。

すごく丁寧な喋り方で落ち着きがあるのに所々おかしく、
自分の立場を利用して千明にウェディングドレスを
着させるわ、真剣に結婚式を挙げようとするわで、
訂正します、ちょっとじゃなくかなり危ないです。

また、エロのシーンでも慇懃無礼すぎて笑えるほどです。
「そろそろ千明の中にお邪魔してもよろしいですか?」(p.210)
綺月さんが目指していたらしい鬼畜さは確かにないけれど、
そのぶんお笑いにシフトしちゃっている気がします。
上司としては非常に有能で資産家と素晴らしいステータスなのに、
それを上回るキワどさが、ある意味花丸らしいというか……。
まあ、こういうのも好きですけれどね!

系統としては、『昨日の敵は明日の恋人』に近い感じかな?
ほどほどに仕事に熱く、笑える綺月作品をお探しならどうぞ。
| [BL・小説]綺月陣 | 22:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |