-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ブライダル・パニック!』/綺月陣(氷栗優) | main | 『期間限定の恋人』/名倉和希(実相寺紫子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
3Pのカテゴリを作ればいいんじゃない?と思うほどに、
3P本の感想が着実に増えていきそうで恐ろしいです。

別に自分で3P好きとは思ってなかったんですけれども、
読み始めてみるとトンデモが多かったりするものだから、
トンデモ好きとしては結構ハマってしまう要素の
強いジャンルなのかもな、と思考してみたり。

さて、また 3冊読み終わったので感想です。


1・『スクエア〜四角関係〜』/愁堂れな

二見書房 (2008/8/22)
【Amazon】

☆あらすじ
高級車のディーラー、星野ゆうきは、お得意様の
女性客の接待でホストクラブを訪れる。

しかし、接待中にお得意様を怒らせて帰らせてしまい、
店から300万円の支払いを要求され、大ピンチに!
支払いの代償としてベッドでの奉仕を要求されることに…。

*   *   *   *   *   *

私がこの新刊を買ったのは、奈良千春さんの
新刊案内ペーパーのためだったんだからねっ!と、
自分に言い聞かせる必要がある本でした。

4Pという過激な題材なのに、プレイもストーリーも
心理描写もこれだけライトにして凡庸、なのに、
突っ込みどころは残してるのは凄いですねっ♪
(まったくもって褒めておりません)

・3人の攻めの区別はつくけれど、やることがみんな同じで
 3人であることの意義がHシーンを除きあまりない。
・受けの要望(を言うほど主張のある個性も無いけど)を聞かない
・愛してる証拠として受けの成績を上げようと、
 車を買ってあげる(根本的な解決にならない)

エロシーンの挿絵は良かったですけれどね。
時間つぶしのためなら、それ以上でもなくそれ以下でもなく、
パチンコでするよりは遥かに安上がりで良いと思います。


2・『愛する人は毒入り』/山藍紫姫子

ビブロス (2005/8/17)
【Amazon】




☆あらすじ
いかがわしい食用花で財を成した若き社長・宇治谷に
引き取られた高校生の若菜は、美少年・馨が
義父に犯される蠱惑的な光景を目にしてしまう。
妖しく微笑む馨を愛してしまった若菜だが、
しかし彼の特殊な「交配」には淫靡な陰謀があった…

*   *   *   *   *   *

意外なことに、表紙の3人だけでの3Pはありませんでした。
大黒天のような朱桐というオッサン、馨、若菜、
そしてそれを見る宇治谷…この構図の乱れっぷりは、
ある意味山藍さんらしいなあとは思いますが、
さらに意外だったのは、このトンデモ的な展開!

なんと馨を抱くと未来が一瞬だけ見られるようになり、
その能力跡継ぎを残すために軟禁しているだなんて…。
トンデモ作品好きとしては、3Pどうこうよりも、
そのトンデモっぷりが気になってしかたがありませんでした。

しかし残念なことにトンデモの結末は尻切れトンボに終わり、
この先、この閉じられた環境から逃げ出すわけでもなく、
能力を利用してどうこうしようとするわけでもなく、
ただ単に特殊な環境を受け入れて終わるという不発弾でした。

エロもBL的なものにシフトしている感じがしていますし、
物語の奥行きがないだけになんとなく濃密さが薄く感じます。
山藍作品はさほど読んでいませんが、耽美のほうが面白いなあ。
耽美でこのネタでリライトしてくれたら買うんだけれど。残念。


3・『この世の楽園』/綺月陣


海王社 (2008/11/28)
【Amazon】

☆あらすじ
桂城バンク勤務の蔵野悠介はある日突然、グループ総裁の
子息・聖也の「教育係」に任命される。大学生の聖也は
純粋で美しい青年だが、あまりに高慢だった。冷静沈着な悠介も、
聖也に手を焼き、とある理由から、苦手な弟・賢司に
仕事を押し付けようと助けを求めたのだが……。

*   *   *   *   *   *

これは良い3P!3P感想を始めてからようやく
はっきりとオススメできる作品がありました。

最初は聖也が気に障ってしょうがなかったのですが、
聖也があっさりと悠介の弟・賢司に懐いたことで、
悠介が賢司への確執・嫉妬を深める作用にかわります。

また、それとともに、聖也が急に可愛げがあるようになり、
悠介が聖也に惹かれるようになる気持ちが理解できます。

賢司は賢司で、何も知らない聖也の兄貴分みたいに
なることを楽しみつつ、自分ではとても悠介が好きなのに、
自分をさらに厭わしく思う悠介への想いを募らせます。

最後の立場的には一番上の聖也は、純粋培養されてきたゆえに、
アブノーマルな関係を気にせず、2人を手放しません。

感情を矢印で言うと、
賢司←(素直なでは無い表現)→悠介←(素直に)→聖也 であり、
また、賢司←(素直に)→聖也でもあるのです。
なんて美味しい相互参照的な、3人ならではの心理関係!
こういうネトネトに絡みつく関係が読みたかったのです!

それにHの関係もよくてですね、賢司→悠介→聖也なのです。
(これは感情のベクトルでなく、入れる方向ですね)
攻めだと思っていたら、間に収まるだなんて素敵な裏切り。

この先も波乱と緊張を含みつつ、3人のまま続きそうですし、
軽すぎずブラック綺月さんのように重くなりすぎず、
ちょうどいい作品でした。3P好きにオススメです!

次の3P感想はコミックになる予定…。それでは〜。
| [その他]3P特集 | 21:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |