-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『遊覧船』/藤たまき | main | 『不浄の回廊』/夜光花(小山田あみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3Pコミック3本勝負
今日も寒い!ので気分だけでもあったまろうと
沖縄料理店へ行って、オリオンビールを自分にしては
かなりの量を飲んで、みごとに酔っ払いです。
うーん、明日も早いし早く寝よう……。

さて、予定通りの3P感想コミック編です。


1・『NON Tea Room』/SHOOWA

芳文社 (2007/11/29)
【Amazon】


オマケで妄想の中にしかありませんでしたが、
まあ、一応プレイとしてセーフだと思います。(何様)

本編では人形(アンドロイド)×人間のカップルの前に、
偶然人形のDNAのもとになった人間があらわれて、
すったもんだがある(説明はここでは省く)のですが、
その3人が3Pをする妄想が描かれています。
でも、「こんな妄想してただろう」と詰めよる攻めが
一番深刻な妄想の持ち主だと思うんですけれどね(笑)
まあ、嫉妬がなせるわざなので可愛いですけど。

本編の刹那さと相反する、番外だからこそ許せるような
このちょっとおバカなネタは楽しかったです。
こういうオマケ的な3P、マンガだと珍しいですかね。


2・『キモチの行方』/明治カナ子

光彩書房 (2000/11)
【Amazon】

啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。
彼は、双子の兄弟、総と洋に飼われているのだった。
でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の
関係のバランスが崩れ初めて・・・。

*   *   *   *   *   *

双子の兄弟+受け。
最終的には3人から2人になるのですが、
そのくっつき方が面白かったです。
攻め2人のうちの1人が、非常に人でなしなオネエ攻めが
いるのですが、これが受けに強烈な刺激を与えつつ、
肝心なところは待って待って待って待って、
相手から自分のふところに飛び込んでくるのを待っているのです。
(もう1人はそこまでの執着は無い、とひきさがります。)

痛々しい描写も多々あり、ダウナーですけれど愛はあるかな。
愛し方がかなり独特というだけで、これは面白いと思います。
ただ、可愛い絵に反した湿っぽさ・暗さは相変わらずなので、
痛いものや暗めな話が苦手なら避けたほうが吉です。


3・『しあわせのカタチ』(『その時僕らに何が起こったか』収録)/遠藤りさを


マガジン・マガジン (2007/12/26)
【Amazon】

双子の兄と精神が子供の双子の弟が攻めで、
記憶喪失の青年が受けという話です。

双子の話が続きましたが、双子ネタはやっぱり多いですね。

両親はおらず、時を止めた弟の世話をする高校生の兄、
時を止めたまま子供のように生きる弟、
そして最初から最後まで記憶を失ったままの受。
それが3人で恋とも肉欲ともつかぬ関係をもつのですが、
幸せなのかもしれないけれど、未来がなさそう……。

一番まともな双子の兄はまだ高校生ですし、
弟は時が戻りそうになく、受けは記憶が戻らなさそうで、
はっきり言って3人の関係がこれから先、不安です。
この刹那の関係性がちょっとJUNEっぽく感じました。


コミックは一冊通して3Pっていうのはあまりないので、
『キモチの行方』が3P好きには嬉しいかな、という感じです。
あくまで3Pの観点だけですけど…痛いのも大丈夫でしたらどうぞ。
| [その他]3P特集 | 00:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:28 | - | - |