-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | 基準は自分でさえあやふや >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『期間限定の恋人』/名倉和希(実相寺紫子)
昨日予約していた『ヘタリア2』の特装版を
取りに行ったら、売り場では売り切れ入荷未定に
なっていて、ついニマニマしてしまいました。
特装版の楽しさは優越感が半分以上を占めている気がします。
数量限定ではないらしいのでそのうち出回るとしても、
内容がコピー本のようなものだとしても、ですね。

さて、小冊子つきなのに古本で350円(ぐらいのはず)だった
この作品、あらすじからはさほど期待せずに
読んだのですけれど、面白かったので感想です。




フロンティアワークス (2007/9/13)
【Amazon】


☆あらすじ
社内でも出来る男として有名な高村圭輔が率いるチームに
配属された新人商社マンの前嶋由耶(ゆうや)。
長身で精悍、優秀なうえに人望もある高村に由耶は心酔していたが、
3ヶ月後に高村が海外転勤すると知って、高村への恋を自覚する。
意を決して告白した由耶に、ある理由で高村は由耶の告白を
本気にせず、転勤までの条件つきならつきあってもいいと答えた……

*   *   *   *   *   *

地味に面白かった…と言ったら失礼なんでしょうかね。
展開はあらすじから想像できるとおりでしたし、
特筆すべき切れ味!という文章もなかったのですけれど、
とても読みやすくて楽しんで読めました。

そう感じた理由をすこし考えてみたところ、痒いところに
手が届く視点で書かれているからかなと思いました。

例えば、よくある展開の代表例・「攻めが女性と
居るところを誤解するシーン」が作中にあります。
これが受け視点だけで書かれていると、説明がないばかりに
受けのネガティブ思考が甚だしくなってしまったり、
真相があとづけっぽく感じてしまったりするのですが、
この作品では誤解する方向と、誤解される方向、
どちらからもしっかりと説明されています。
基本的に由耶視点から書かれているのですが、
ピンポイントで高村の視点から書かれることで納得でき、
しかもそれは次の誤解へと引っ張るだけの力があり、
お互いが行き違ってしまう説得力も持ちます。

また、高村が視点を持つことによるもうひとつの利点として、
由耶が崇敬するパーフェクトな高村、のはずが、
意外と子供っぽくて可愛いところがあると分かることです。
特に、由耶と関係する「政之」という男と意地を
張り合う場面では、もともとライバル的なポジションと
いうこともあり、完全にガキのまんまです。
素直になれないのも含め、こんなギャップに弱い……。

キャラの面から考えても、前述のギャップが良い高村も良いし、
由耶は健気ですが、控えめすぎて女々しいということもなく、
とあるハプニングを解決に導く強さもあって良いです。
また政之もかなりいい働きをする脇役で、著者自身が
あとがきでカップリングをするほどいいキャラです。

結論・描き方とキャラの魅力の勝ちですね、うん。
小冊子のラブラブも楽しかったし、安定して楽しめた作品でした。

名倉さんの既読作品はこれでまだ5冊めくらいなので、
他のも探して読んでみようかなっと。地味にオススメです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |