-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『負けてたまるか!〜会議室の陰謀〜』/綺月陣(青海信濃) | main | 積読本リストアップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「百日の薔薇」/稲荷家房之介
これは今日とある古本屋にて購入しました。

この古本屋はBLコミックが2棚分あり
100〜350円の比較的安価で安定した品揃え。
BLノベルス・文庫の類は少ないんですけどね。

しかし1点だけ問題が。
この古本屋は立ち読みが自由なのですが
BLの2つの棚のうち1つの棚はレジの真横で、
かつその向かいが新刊コミックの棚になっているため
人が必ず立ち読みしているんです。

しかもこの古本屋は2階建てのうちの2階で
1階がゲームショップのため
小学生〜高校生の男子比率がめちゃくちゃ高い!

ああ・・・BLを手に取るのが恥ずかしいっ!
と思える時期はとっくに過ぎて
平然と立ち読みすらできるのですが。

周りの男の子がちらちら見るんですよね…。
いや、私はもっと見て頂戴!ぐらいの勢いなんですけど。
彼らはこいつなんだ?と言う感じで
じっと見るもんだから可愛いw
しかも何冊も買ってくから余計気になった様で。

1人可愛い子がいたな…
くすくす、襲いたいからかいたいw


結局そこで5冊買い、新刊で1冊買いましたが
これが1番面白かったのでご紹介。
(以下ネタバレチックな感想)



百日の薔薇
百日の薔薇

稲荷家 房之介
オークラ出版 (2005.9)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細をみる

☆オススメ!!!

久しぶりにBLファンタジーの傑作。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

★人物と流れ

タキ=レイゼン師団長(受)
領主であり、第十五機甲団「ローゼンメイデン」の師団長。
レイゼン家は超名門中の名門。
(天皇宮家のレベルぐらいと思われる)
20歳にしてすべての民の指揮権を持つ。

クラウス(攻)
タキの国と敵対している国の軍人だったが
タキの唯一の「騎士」として大尉の座に就いている。
騎士とは、身分も戸籍も権利も捨てて
主人に仕えるという主従関係。


大国エウロテが起こした戦争により
その均衡の崩壊の余波は遠い国のタキの国まで届いていた。
タキ領民を私兵として戦う師団長。
タキは戦果はあげているが余り国自体の流れは良くない感じ。

クラウスはタキを愛し、体を重ねるが
タキにはどうしても愛を誓えぬわけがあり
クラウスはそれを知らずにタキを傷つけてしまう…

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

何がすごいってまずは絵!
戦車・軍服・機器、
BLではめったにお目にかかれないクオリティ。
人物が描けても機械はダメな人が多い中ですごい。
もちろん躯体も美しいっ!

それからこの切ない2人のすれ違い。

クラウスはタキを愛していて
タキもクラウスを騎士に抱えるぐらい自分を好きだと
分かっていてもそれ以来クラウスを拒むタキに戸惑い傷つける。

タキはクラウスへの愛を自覚しながらも
それに応える事のできない苦しさを抱える。

「−−−許せ………」

タキのこのたった3音のセリフが切ないっ!


満喫満喫、とっても良かったです。
読み終わってこの世界に酔いましたw
ファンタジーがもともと好きなので
こういうBLはまさにツボなんです。

これで完結してもいいくらいの出来ばえなのですが
なんと今も続編を連載中らしいと小耳に挟みました。
どうしよう・・・嬉しいw

絶対に続刊が出たら新刊で買います。
そのくらいオススメ。

ファンタジー、特に軍服萌えなかたはゼヒ!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:47 | - | - |