-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2009年1月新刊購入予定リスト | main | 『恋愛裁判の行方』/阿仁谷ユイジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
すでに定例化してまいりました、3P感想です。
自分でもよくわからないスイッチが入っちゃってるみたいです。
もう積読棚から3P本のストックが少なくなってきたので、
そろそろ探しに行くべきかしら……。

それでは今日の3本です。


1・『万華鏡の花嫁』/鹿野リコ

イーストプレス (2007/10)
【Amazon】

☆あらすじ
20歳を迎えた夜、大学生の千尋は、特別な能力を
もつ一族たちが暮らす孤島に連れ去られ、
自分も能力者であり、一族の一人に嫁ぐ運命を知らされる。
花婿候補の三人から淫らな秘儀を施され、千尋は快楽に
溺れながら封印されていた力を目覚めさせていく……

*   *   *   *   *   *

4P!『リアルライフゲーム』以来、ひさしぶり!と心弾みました。
が、あったことはありましたけれど、1人を選ぶ話であり、
そのためか4P描写は最初の1回きりでした。

最初っから4Pは珍しいですけど、オカルティックな設定と、
この4人での関係を「必要なもの」として絡めているのは、
苦手でも受け入れられやすい形かなあと思います。
それに、トンデモといえばトンデモよりですけれど、
1人を除いて精神的にイッちゃってる人もおらず、
突き抜けすぎてはないので読みやすいとは思います。

ただ、1人に絞っていく流れは自然だとは思うのですが、
描写からして本命が決まっているのがちょっと残念でした。
あと、悪役に対する主人公の解釈は優しすぎると思うな……。


2・『蝶よ、花よ』/雪代鞠絵

幻冬舎コミックス (2008/1/18)
【Amazon】

☆あらすじ
京都の絹織物の専門商社「朝ひな」の跡継ぎの希は、
体が弱く、子供の頃から離れでひっそりと暮らしていた。
しかし、ある日突然会社も屋敷も金融業者社長の神野和紗に
乗っ取られ、行き場のない希は和紗の愛人として囲われることに。
だが、和紗が時折見せる優しさに、憎む気持ちが揺らいでしまい…。

*   *   *   *   *   *

典型的な囚われのお姫様もの。こういった、いわゆる
「性別受け」っぽいような作品はあまり読まないので、
こういう機会でもなければ読まなかったかもしれません。

はじめっからデレデレなくせして表面上はツンツンすぎて
希に気持ちが伝わらない和紗(かずさ)と、そんな和紗の
気持ちの機微を理解しない希なので、気持ちの進展が遅くて、
テンプレと分かりつつ早く!と思ってしまいました。

で、肝心の3P(肝心か…?)は、希が唯一相談できる男で、
また、和紗の古くからのつきあいであり、秘書として
仕事面でも支える男が混じってプレイとしての3Pです。
和紗命じられての参加ですけれど、秘書とはいえ、
どちらにとっても友人格の人間が混じるのって
珍しい気がします。しかもそのあとも後腐れなく、
距離を変えずに付き合うってのも変わってます。
1回きりだからこそなんでしょうかね……。


3・『ふ・ら・ちなニューフェイス』/水月真兎

フロンティアワークス (2008/4/12)
【Amazon】

☆あらすじ
中堅ソフト会社の開発二課長である
西崎巽は男にしか興味がない。
しかも真面目な恋愛をする気はない巽は、従兄弟をはじめ、
複数の相手と常にSEXだけの関係を続けていた。
そんな中巽の元に配属された、新人・水島と出来心から
関係を持ってしまい、互いの身体に溺れていく二人だが……

*   *   *   *   *   *

個人的年間ワーストの候補にすべきか激しく迷いました。
やまねさんの絵と、3Pがある、という期待がなかったら、
耐えられずに本が空を飛んでいたかも。(つまりぶん投げる)

受けがビッチな物語はそりゃいくらでもありますけれど、
美貌があるというだけでイケメンの従兄弟に愛されるわ、
妻帯者を手ひどく振るわ、新入社員に手を出すわで、
しかもビッチであることに理由がないのがつらい。
その説明のなさにかわりエロシーンのみは多く、
今までの最多かもしれない、9回!(細切れですけど)
疲れた……タイトルから嫌な予感はしてたんだ。

最後の砦・3Pはほんとに最後にちょこっとあるのみで、
そのシーンも3Pの必要性も3人の心理も理解できず残念でした。
この著者とは合わないみたい…。くそー、いい3Pをまた読みたい!

P.S.
ついでに『ふ・ら・ち〜』でつらかった点がもうひとつ。
「――」(ダッシュ)が多すぎて長音と読み間違えまくった。
「カーイ――」(どっか虫に刺されたんですか?)
「ばか――」(すんごく軽く言ってるように見える!)
「はぁ、ンっ――!」(どうやって発音すんの?アッー?)
途中からわざと長音として読んだら面白かったですよ!(自棄)
| [その他]3P特集 | 20:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - |