-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | 現実は残酷だけど >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋愛裁判の行方』/阿仁谷ユイジ
「お腹まわりが気になってきたから腹筋を始めたんだよね〜」
とある男がのたまうもんだから、
「全体は気にならないなんて幸せな考え方ですね」
と言いたくなったんだけど一応我慢しました。
でもこのひとはいぢめたくなる…!(ぼのぼの的な意味で)
なんでか知らないけれど、いじめたい言葉がスラスラと
浮かぶような相手って決まってる気がします。
阿仁谷作品にもなんとなく苛めたくなるキャラが
多いのは気のせいかしら。

この前のエッジコミックスとは打って変わって、
ハッピーエンドいっぱいな短編でした。
以下、感想です。




『恋愛裁判の行方』/阿仁谷ユイジ
コアマガジン (2008/12/3)
【Amazon】



*   *   *   *   *   *

短編集なので1話ずつさらっと感想です。

『恋愛裁判の行方』

同じ建物で事務所を構える同じ弁護士同士だけれど、
事務員にも軽くなめられる祖原と、イケメンでやり手の井川。
イケメン井川が図々しく祖原のテリトリーを侵害するのを見て、
ああ、これは振り回されつつ健気に慕う話かしら?と思いきや、
祖原も井川のシャツを自慰に使うわ寝込みを襲うわで大胆です。

実は両思いだった、という単なるラブラブ話ですけれど、
受けに見えるような祖原の激しいがっつきぶりと、
攻めに見えるような井川の誘いのギャップが楽しかったです!


『金の運命赤い糸』

絵描きの師匠と見習いの話。
なんといっても圧巻なのは、指を、絵の具がついたままの指を、
憧れの魔法の師匠の指を、見習いが舐めしゃぶるところです。
唯一この短編集のなかでエロシーンがない話なのに、
もっともエロスを感じてしまったシーンでした。
エロをエロスたらしめるのは、過激さや直接さ、
つまりガチュンじゃあないかもなと思いました。

じゃあエロスたらしめるのは何かというと、
質感が一因として挙げられるのではないでしょうかね。
「すげえぬくい手 そんでちょっと湿ってんだ…」(p.49)
という師匠の指への弟子の脳内感想や、
「ぬぐ…」「ぬろ〜〜〜ッ」「あむっ」(p.51)
などの擬音、タオルで拭っても取れなかった絵の具が、
なめ終わった指にはほぼ取れている、などなどの要因が、
とても「指しゃぶり」という行為をリアルな、
エロティックな行為に見せていると思いました。

この話はエロシーンがないゆえに、受け攻めが確定してませんが、
指を舐められて顔真っ赤になった先生が受けだといいなあ…。


『FAZZY FUNNY HONEY』

前の話が予想以上に長めになったのでセーブして短めに。
親友と好みが似通いすぎているせいで、
親友に女の子を寝とられまくってしまう話。

ユギさんの『女にしかわからない』/(『死ぬほど好き』収録)でも
同じ題材がありましたね、腐れ縁=ラブという展開が。
あちらよりもずっと若いため、肉体関係の進展の速さと、
気恥ずかしさから来る精神関係の進展の遅さの差が可愛いです。
エロは吹き出しすら汁っぽく感じられる湿り気が良かったです。


『いとしの執事さま』

この本の中で、一番いじめたい子・全一朗が登場します。
相手の光に尽くしまくっているけれど、自分本位の尽くし方の
ために空回りし、光から愛想をつかされてしまいます。
ギャップがあって可愛い!いじめたい!なんて次元ではなく、
あまりにも光を好きすぎて、やることなすことが可愛いを
通り越してみっともなくなる、そんなみっともないさまを
いとおしく感じられ、もっとみっともなくさせてやりたい!
と思う気持ちをくすぐられてしまうのです。

きっと同じ気持ちだった光が執拗に攻めまくるシーンは
Sゴコロを持った人ならGJ!と言いたくなるシーンかと思います。
え、私の場合ですか?もちろんGJ!!


『A HEART STAIN』
潔癖症でうまく距離がはかれない受けとの距離を、
幼馴染でずぼらな男がジャンプして近づいてしまう話。
彼にだったら、汚されてもいい染められてもいいと
攻めを受け入れる受けが可愛いなあ……。
この話も質感が非常にエロスでございました。

さらっとのつもりだったのに結局長くなりました。
まあ、それだけ書きたいことがあったということで…。
エロかわいくハッピーな短編集、オススメです!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |