-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『不条理な男』『愛されたがる男』/樹生かなめ(奈良千春) | main | 2008年BL小説 ベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008年BLコミック ベスト10
今年のベスト第一弾です。

コミックと小説を分けたことに特に意味はないのですが、
独立しておかしくないほどコミックの消費量がアップしました。
消費量のデータは 2007〜2008のしかないのですが、
2007年が160冊だったのに対して、2008年は263冊、
比率で約1.64倍、経済の下落に反するかのような伸びです。

「今年は忙しくなる」とかほざいてた約1年前の自分は
いったいなんだったんでしょうかね…ははは。

まあ、前置きは良いとして、沢山読んだぶん、
沢山良い本と出合えて幸せでした。
それでは以下、ランキングです。



□ タイトルは感想に飛びます。画像はAmazonに飛びます。
□ 今年の刊行本は 印がついています。

------------------------------------

☆10位
『胡桃の中』(1)〜(2)/川唯東子


この作家さんを知った、という意味でも入れたかった作品です。
(ZEROコミックスですが一応メインCPがBLな関係だからいいよね)
BL版ギャラリーフェイク。美術品の価値は骨董としてだけでなく、
その間に人間と人間のつながりがあってこそだ、と思わされました。


☆9位
『1限目はやる気の民法』(1)〜(2)/よしながふみ (新装版)



『大奥』『きのう何食べた?』でBL外での活躍が目覚しいですが、
新装版で初読みしたこちらも古さを全く感じない良作でした。
メインのカップル、スピンオフのカップル、学友、先生、
様々な人間の恋愛や考え方を描いてあります。
ヘタレオヤジ受け、ヘタレ攻めが好きなかたにもオススメ。


☆8位
『どうしても触れたくない』/ヨネダコウ


「このBLがやばい!」で3位でしたこちらの作品、
私のベストでも新人の中でトップレベルとなりました。
とにかく見せ方が上手いというかこなれているというか、
ストーリーをシンプルなだけにそれが際立っていました。


☆7位
『見えない星』/京山あつき


ぶさいくな引田がだんだん可愛くなってくる『聴こえない声』、
イケメン今井さんがどHENTAIスマタ男に見えてくるこの続編、
どちらも素敵です。高校生特有の不安を募らせながらも
ふたりだけの関係をつくりあげてゆくのがとても良いです。
(前半と後半の文意が一致してないような……まあいいか)


☆6位
『ミスター・シーナの精霊日記』(1)〜(5)/藤たまき

(画像とリンクは1巻のものです)

藤たまきさんのは『遊覧船』も非常に良かったのですが、
5冊分の重みでこちらを選びました。
BLだけの話に留まらない、神秘的でファンタジックな話、
それとベタピンのような幻想的な絵が素晴らしいです。


☆5位
『探偵青猫』(1)〜(5)/本仁戻
(画像とリンクは1巻のものです)

「今年もっとも食わず嫌いを後悔した作品」のベストです。
ほかのギャグ全開のものが苦手で、読んでいなかったのが
めがっさ悔やまれました。アンバランスで奇矯な性格、
けれどひとに愛される「青猫」が非常に魅力的でした。


☆4位
『死ぬほど好き』/山田ユギ


ユギさんの短編集が毎度ハイクオリティなのは周知の事実ですが、
『明烏』『夢淡雪』のオヤジがたまらなく好きです。
飄々とした態度と、諦観にも似た寂しさをあわせもつオヤジに
惚れこんだ一心で4位です。オヤジ万歳!


☆3位
『The Man of Tango タンゴの男』/岡田屋鉄蔵



もうこれはガッチリ好きなら入れるしかないでしょう!と
絵柄だけでも入れたくなる作品ですが、それ以上に、
アンジーの妖艶な魅力、強面に反したヒロの可愛さ、
ユーモアのある会話や叙情性すら感じるダンス、
オヤジを通り越したシルバーたちのかっこよさ。素敵です。


☆2位
『アイツの大本命』/田中鈴木


「イケメンに愛される」だけのドリームに終わらず、
受けの可愛さも、攻めの本質も分かっているのはお互いだけ、
という関係性もよかったです。エロがなくても充分!ドS最高!
そして吉田(受)が可愛すぎる。これに尽きます。


☆1位
『同級生』/中村明日美子


読めば読むほど味が出ます。あくまでシンプルでピュアな、
高校生ものの典型なはずなのですが目を離せない。
BLが「女性向けのエロ本」なだけではない、ということを
証明する、2008年を代表する名作だと思います。


□ 雑感
中村明日美子さん(BLでは)、岡田屋鉄蔵さん、ヨネダコウさん、
ランク外ですけど『恋の話がしたい』などのヤマシタトモコさん、
『センチメンタルガーデンラバー』などの小椋ムクさん、
『恋愛裁判の行方』などの阿仁谷ユイジさん、etc、
比較的最近のかたの作品が良かった年だったと思います。

他にもベスト10に入れるか迷った作品も多数ありました。
『ヤバイ気持ち』/穂波ゆきね
『白の無言』/大竹直子
『青春の病は』/西田東
『知らない顔』/日高ショーコ
・『イロメ』/草間さかえ

未曾有の経済危機ですけど、来年もこの活況(に見える)のままで
どしどし刊行されて、良い作品が読めるといいなあ。

明日は第二弾の小説版です〜。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 22:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |