-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年BLコミック ベスト10 | main | 新年のご挨拶と抱負@2009年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008年BL小説 ベスト10
昨日に続き、ベスト第二弾の小説版です。

去年は383冊だったのに対し、今年は439冊でした。
読んだ量と単純に比例するとは限りませんけれど、
今年も10冊に絞るのが非常に難しかったです…!
かなり無理やりに10冊に絞りましたが、逆に言えば、
「佳作しかない漫画賞」みたいにならないってことは
非常に幸せなのも知れませんね。

それでは以下、今年のベスト&最後の更新です。



□ タイトルは感想に飛びます。画像はAmazonに飛びます。
□ 今年の刊行本は 印がついています。

------------------------------------


☆10位
『サミア』/須和雪里 (新装版)

(画像・リンクは新装版。感想は旧版です。
西さんの表紙が素敵だけど、門地さんのも良いですね!)

知ることが出来てよかった作家さんです。
旧版を読んで出会った年に、新装版が出るとは何かの
お導きだったのかな……。新装版には収録されていない、
旧版に収録されていた「影法師が泣いている」なども、
いまでは通りそうにないストーリーがたまりません。


☆9位
『EOISTE』(1)〜(3)/かわい有美子

(画像・リンクは新装版2巻です)

かわいさんの細やかな描写が静かに心に染みわたった名作でした。
10位の須和雪里さんの作品もですが、何年経っていようが、
やはり良いものは劣化しない。それが物語の素晴らしさですね。
旧版3巻に収録の「ラッフルズ・ホテル」も3Pとして美味しかったです。


☆8位
『TOKYOジャンク』シリーズ/ひちわゆか

(画像・リンクは最終巻です)

これまた(1巻目が)10年前以上の作品ですけれど、
今年の正月がこれで埋め尽くされたと言える面白さで、
一気読みしてしまいました。貴之も柾も、ひちわさんならではの
色悪の草薙も、キャラが心の中に住み着いてしまいました。
(同人誌で頂いたものも全て面白かった……こんなところで
すみませんが、Tさんありがとうございました。)


☆7位
『薔薇色の人生』/木原音瀬


どんな姿であっても、どんな前科であっても、
全力でロンちゃんをただひたすらに愛するモモちゃん。
そんな薔薇色の人生を見て、こちらの気分も薔薇色でした。


☆6位
『愛と混乱のレストラン』『美女と野獣と紳士』/高遠琉加

(画像・リンクは1冊目です)

シリーズの途中の作品を入れるのは嫌だったんですが、
それでも入れざるを得ない面白さ…ただいま生殺し中です。
ヴィクトールの悲愴さを、はやくシェフの豪胆さで
包んであげてハッピーエンドになって欲しいと願います。


☆5位
『NOW HERE』/木原音瀬


美中年でもぎらぎらでもない枯れオヤジ万歳!と
オヤジスキーが諸手を挙げてしまう徹底したオヤジ作品です。
『薔薇色の人生』よりもこちらが上に来ているのは、
オヤジスキーであるがためです。贔屓こそ個性なり!


☆4位
『うそつき』/烏城あきら


『NOW HERE』に続き、マイ萌えツボをアタタタタした作品です。
ここまでガテンらしいガテン小説はそうそうありません。
だからってガテンだけでなく、受けも「男同士」の立場を
しっかりと表明するのが烏城さんらしくて良かったです。


☆3位
『明日も愛してる』/安芸まくら


記憶喪失ネタはありがちですが、1冊の中で、
これだけの記憶喪失を盛り込んでおきながら、
退屈させず、かつ、ラブも感じさせる驚異の作品。
超上質のお芝居を観た気分でした。(脚本にならないかな〜)


☆2位
『交渉人は疑わない』/榎田尤利


キャラといい、軽妙な文章といい、少しだけ混じる
シリアスといい、エダさんの作品の中でも、また、
今年読んだ本の中でも、最も面白かったコメディでした。
前巻(『交渉人は黙らない』)と一気読みすることをオススメします。


☆1位
『美しいこと』(上・下)/木原音瀬


これはもう、読むべき。としか言いようがありません。
木原さんが3冊目になってしまいましたが、
3冊とも入れたかったんだからしょうがないですね。
松岡、最も切ない部門は間違いなしに君だ!寛末は氏ね。


□ 雑感
木原信者のつもりはないんですが、これだけの良作を、
コンスタントに出されているのには、信者でなくとも
すごいことだ!と称賛するしかありません。
木原さん以外にも、シリーズ・読切、新作・旧作問わず、
いいもの揃いの年で、他にもこんなに候補がありました。

・『デコイ 囮鳥・迷鳥』/英田サキ
・『要人警護』シリーズ/秋月こお
・『ウミノツキ』/いつき朔夜
・『理髪師の、些か変わったお気に入り』/榎田尤利
・『罪人は愛を知る』/大鳥香弥
・『青の軌跡』シリーズ/久能千明
・『狼伯爵 〜永久のつがい〜』/剛しいら
・『吸血鬼と愉快な仲間たち』(3)/木原音瀬
・『狼は花と散る』(1)〜(2)/佐藤ラカン
・『獣の妻乞い』/沙野風結子
・『他人同士』(1)〜(3)/秀香穂里
・『変態天使の純情』『変態天使に祝福を』/須和雪里
・『楽園建造計画』(1)〜(4)/高遠琉加
・『年下の彼氏』/菱沢九月
・『茨木さんと京橋君』(1)〜(2)/椹野道流
・『センターコート』(1)〜(3)/松岡なつき
・『ただ、優しくしたいだけ』/水原とほる
・『至福の庭 〜ラヴ・アゲイン〜』/六青みつみ
・『SASRA』(1)〜(4)/Unit Vanilla

Best30でも順位づけ以外は困らない、良いBLに出会えた年でした。

このブログがあることで、オフで楽しめたり、
新しい作家さんを知ることができたりと、
自分の世界が非常に広がった年となりました。

それもこれも、いつも見てくださる皆様のおかげです。
今年1年も、本当に大変お世話になりました。
来年もこんな風に皆様に感謝して終われるように、
楽しんで続けていきたいと思います。
それでは良いお年を!

☆おまけ
図らずも3Pの年となったので、3Pベストもついでに。
1位 『僕は、きみたちに愛される』/高橋英里花
2位 『3シェイク』/秀香穂里
3位 『この世の楽園』/綺月陣
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 22:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - |