-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年下半期 BL小説ワースト5 | main | 3P小説3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『しあわせにできる』シリーズ/谷崎泉(陸裕千景子)
明日から仕事始めとなりますね。あっという間でした。

同じように明日から仕事で、昨日〜今日にかけて
旅行なり実家なりから帰ってネットをしている人は
多いんだな、とカウンタを見て思いました。

皆さんしあわせなお正月でしたでしょうか?
私は外へも行かずにすごしましたが、この作品を
一気読みするという良い読書が出来て幸せでした。

それでは今年1発目の感想です。




『しあわせにできる』[(1)〜(12)、スペシャル編]/谷崎泉
二見書房 (2003/4-2007/4、2008/12)
【Amazon】 (画像・リンクは1巻)


☆あらすじ
大手商社建材部勤務の本田雪彦は、所属の3課を代表する有能社員。
華やかな美貌に色めき立つ女性社員もものともせず、
多忙な仕事に走り回る日々。そんな本田が、NY支社から鳴り物入りで
本社に配属されてきた久遠寺のフォロー役を命じられる。
久遠寺は噂以上の男だったが、とある物件のトラブルで
板挟みになった本田は結果的に彼を裏切る選択をしてしまう。
信頼が芽生え始めた矢先の出来事に、久遠寺がとった行動とは……

*   *   *   *   *   *

谷崎さんの長いシリーズをちゃんと読み終えたのは初めてです。
実は、6巻までは1冊ずつ時間を空けながらも読んでいたのですが、
そのときってそんなに面白いとは思わなかったんです。
しかし、一気読みしたら楽しく読めました。

その理由は、読んでいるうちにわかりました。
1冊ずつだと前の出来事を忘れてしまうからでした。
(私がド低脳なのはわかってるので突っ込まないように。)

しかしなぜ忘れてしまうのか、という理由を考えてみるに、
次巻が出るまでに時間が空くと言うのもありますが、
その1冊1冊に番外編が収録されているからなのです。
時系列が異なったり脇役が主役になっていたりと、
ド低脳にはちょっとハードルが高いのでした。

もうひとつに、非常に登場人物が多いと言うこと。
軽く見積もっても彼らが所属する会社のひとで10人以上、
本田と久遠寺のプライベートに関するひとで20人は居ます。

しかし、それだけの番外編を描き、人物を登場させながら、
ほとんどの伏線を拾い、きちんと終わらせてあるのです。
これは「しあわせにできる」ワールドが
しっかりと作られていることの証明になります。

そして12巻のあとも、スペシャル編の後でも、
この先の彼らをまだ想像を楽しむことができるほど、
キャラが心の中に残っているのです。
この確固とした世界が私にとってのシリーズの醍醐味であり、
それを味わえるこの作品は素晴らしいと思います。


ワーキングもワーキングしすぎなくらいにしっかり書いてあり、
仕事が忙しくて私生活面での予定がグダグダに遅れていくのに
「ああ、あるよね…」とため息をついてしまうほどの充実ぶりでした。
(私の場合は仕事も私生活もそんなに忙しくないのですが)


マイナス点としては、ワールドに入れるまでに
巻数がかかり、序盤はちょっと退屈かもしれないこと。
それから、Hシーンがワンパターンかな、と。
毎回キス→久遠寺がフ○ラ→インサートのような。
本田さん、自分から何かしてあげてください……(笑)

まあ、エロが濃すぎてもシリーズとして読み返しには
向かないと思うので、マイナス点は1つめぐらい、
1つめも一気読みなら無問題だと思います。
というわけで、一気読みでオススメです!

P.S.


装丁の違いをスペシャル版だから!と自己暗示できるかしら。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |