-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『しあわせにできる』シリーズ/谷崎泉(陸裕千景子) | main | 『タイトロープ』/夏目イサク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
たった2日出勤しただけなのにぐったりです。
芝村的に言うと、私もまだまだだな……。
幻想水滸伝ティアクライスも牛歩の進みなのに、
ひさしぶりにガンパレもやりたくなってきて、
でも結局はBLを読んでしまう今日この頃です。

さて今年も続けますよ、3P感想!ということで以下どうぞ。


1・『先生だって我慢できない』/松岡裕太


茜新社 (2004/12/3)
【Amazon】



「受2人の3P好き」による「受2人の3P好き」のための、
「受2人の3P」です。(ちょっとくどいな)
もうそれを書くために書かれた話と断言していいと思います。
サッカー部の生徒2人が、部室で顧問を襲うだなんて、
BLではなかなか見られないシチュエーションでした。
攻めの先生が真剣に動揺しているのがなかなか面白い。

しかし教師と生徒という垣根を壊そうとしたのはいいですが、
立派なレイプまがいをされたのに、その意図通りに
片方とくっついてしまう先生の考えがよくわからない……。

ちなみに受けのあぶれた1人は2話めで他の男とくっつき、
3話めではお互いに見せっこをすることになります。
ほんとシチュエーションには満ち満ちた話でした。
ただ、文章はライトな印象のため、あまりエロスを
感じず、シチュエーションだけなので、まあ、
1時間で楽しめるシチュエーション本でした。


2・『KAIRI』/高崎ともや


雄飛 (2002/05)
【Amazon】




裏の筋のヤバイ客を泊めるホテルのオーナーで、
夜の商売もいたしまっせ、という受けと、
どこかの研究所から逃げ出したモルモットが攻め。

この設定がどう生かされるのか?とわくわくしていたら、
そんな生活してるけど攻めが特別好きになっちゃった、と、
研究所で作ってた媚薬を使うぜ!ぐらいしかなくて、
当て馬らしき男もあっという間にやられてしまい、
残念無念、ちょっと肩透かしでした。

ちなみに3Pは当て馬とではなく、受けが受けの補佐役と
先代のオーナーとの間に挟まるサンドイッチ型でした。
受けが「過去」にとあるカップルの間に挟まって3Pしていた、
という話は珍しいですね〜。正直今の受けと攻めより、
先代のカップルと補佐役のほうが気になりました。


3・『ラブ・バチェラー』/小川いら


オークラ出版 (2005/01)
【Amazon】



1話めまでは、ちょっとコンプレックスを抱えた受けと、
それを肯定する攻めのカップルが成立する話だったのに、
2話めから急にその様子が変容してきます。

1話めで攻めと受けを結びつけるキーマンとなっていた、
受けの従兄弟がなんと受けに横恋慕するようになります。

しかし、キーマンと言っても友好的な男ではなく、
いじめっこでホモフォビア的な態度だったのに、
なぜ横恋慕するようになるのか?というと、
それは、従兄弟が3ヶ月で離婚し、なんだかんだがあって、
従兄弟同士で一時的に同居してしまったためなのです。
そして同居してみたら意外と波長が合う相手だったという…。

肉欲でなく、そういった生活から距離が近くなり、
感情が移ろいでしまうというのは、無理がなくて好きです。
特定の相手と居る時間が多ければ、
気持ちが変化するのはあることだと思うので……。
(両方がってことはめったにないでしょうけど)

嫉妬男となった正攻め、ちょっとひねくれた側攻め、
どちらも好きになった受け、仲良く(?)3Pエンドです。
ちょっと予想できなかった2話めのほうが
奇抜で面白く読めた、変わった作品でした。
| [その他]3P特集 | 22:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |