-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | 『王子隷属 〜仙狐異聞〜』(上・下)/矢城米花(陸裕千景子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『タイトロープ』/夏目イサク
まだあと1日出勤があると思うと進みが遅い気がするのに、
今月も10日も目前と考えるとすごく時間が経った気がします。
同じ日数しか経ってないのに不思議な感覚ですねえ。

そういえばこの夏目イサクさんのコミックスも約1年ぶりで、
遅いようでいて早いような、不思議な感覚です。
しかし、作品は不思議でもなんでもなく、面白かった!
これは間違いようのない感覚でした。

それでは以下、感想です。




『タイトロープ』/夏目イサク
新書館 (2008/12/27)
【Amazon】



☆あらすじ
直樹と龍之介は幼なじみ。龍之介が極道一家の跡取りだったり
直樹に惚れていたりしつつもそれが当たり前の毎日を過ごしていた。
だが高校卒業間際、龍之介が突然組を継がないと言い出し、
周囲は大騒ぎ。その理由というのが……?
(「どうしようもないけれどリターンズ」(番外編)も収録あり)

*   *   *   *   *   *

「どうしようもないけれど」の2人に比べると、
高校生同士、しかもなんちゃって極道ぽい匂いだなあ、
萌えないかもなーと思っていた自分がどうしようもない。
萌えたさ!萌えたさ!大切なことなので2度言いました。

やっぱり夏目イサクさんの話は好きです。
それは、他の作品でもこの作品でも同様なのですが、
そのカップルで男同士だからこそ存在する力関係や
絆が描かれているからだと思います。

この作品で言えば、幼なじみ&極道と一般人、という関係です。
それはどこかで見たような題材かもしれませんが、
母親同士が親友だったり直樹の叔父が若頭だったりと、
家族ぐるみの濃密な付き合いの中から特別な絆が
育つ過程がとても想像しやすいのです。
けれど、家族ぐるみとはいえ、極道と一般人であり、
お互い特別であっても恋人路線一直線にはなれずに、
それこそ綱渡りのような力関係が発生するのです。
その微妙な関係にとても説得力が出るのだと思います。
でもってその関係性に萌えちゃうわけです!


また、なんちゃって極道……かもしれませんが、
激しいアクション等はなくても、特別な人を
傷つけたくないという思いは強く描かれており、
まったく不足に感じませんでした。
男同士の萌えな関係であっても、それだけに傾倒せず、
こういったヘテロでもホモでも不変であろう感情を
しっかり描かれているとすごく心地よいです。

描き下ろしの妄想編もめちゃ笑ったし、大満足でした。


さて、「どうしようもないけれどリターンズ」ですが……、
この話は雑誌で読んでいて既読だったのです。
でも再読でも良い。島野たちが好きなら、この話の
ためだけにでも読め!と脳内で声高に叫んでおります。

で、掲載時に収録されなかったら悔いが残るなと思い、
実は簡単にスキャンをとっておいたのですが、
見比べてみたら、だいぶ細部が違いました。
ざっと1回通し読みして気づいただけでも、

---背景---
・床/天井/ドア/ドア枠にトーンが追加
・窓の外に空のトーンが追加
・白い場所→点々のトーンに変更
・書類などの影にもトーン追加
・セリフだけのコマの背景が白→ベタに変更
・吹き出しだけの場所にモブが追加
・島野父の持ってきた酒にトーン追加
---人---
・島野の吹き出しにちっちゃい顔が追加
・顔/服/アゴの下(首の上のほう)に影のトーンが追加
・島野父のポロシャツにワンポイント追加
・ミニ島野の絵が追加

というように、ほぼ全ページに修正が入ってるのです!
どういう風に作画されているのか知りませんし、
タイトロープはコミックスでしか読んでないので知りませんが、
同じように修正してるのだとしたら、プロってすげーなー……
もう僕は敬意を表するッ!としか言いようがないです。

2月には『どうしようもないけれど』のCDも出るし、
新連載も始まって、今年もイサクさんの活躍が楽しみですね!
| [BL・コミック]夏目イサク | 21:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - |