-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『タイトロープ』/夏目イサク | main | 『初恋の70%は、』/山中ヒコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『王子隷属 〜仙狐異聞〜』(上・下)/矢城米花(陸裕千景子)
今週でようやく矢城さんの作品をコンプしました。
戦績は6戦3勝3敗で、内訳を見ると、

『妖樹の供物』 ×
『センセなんか、好きやない!』 ○
『砂漠の王子に囚われて』 ○
『堕ちて魔物と闇の中』 ×
『新任教師』 ×

と、△(どちらでもない、微妙なもの)は1作もありません。
これだけ当たり外れがくっきり分かれているのも珍しい…。
そして、『王子隷属 〜仙狐異聞〜』は○でした。
以下、感想です。



 
『王子隷属』(上・下)/矢城米花
二見書房 (2007/08, 12)
【Amazon】上 

▼あらすじ
綺国の第一王子だが妾腹の身分である蔡紹維(さい・しょうい)は、
敵国との戦いに乗じて叔父が反乱を起こしたため、
王太子で弟・勇圭(ゆうけい)とともに逃れていた。
しかし、湧魔谷に迷い込み、二人は魔物に襲われてしまう。
そこで、紹維は亡き母に与えられたお守りに頼ろうと白玉を割ると、
中から仙狐の朱炎流(しゅ・えんりゅう)が現れ、命を救われるが、
精気を得るためと無理やりに犯される。毒に倒れた勇圭を
助ける代わりに、紹維は炎流の性奴隷になる取引をすることになる……

*   *   *   *   *   *

中華ファンタジーBL小説を読んだのは初めてかもしれませんが、
楽しんで読めました。

ファンタジーの始まりである反乱を起こした叔父の動機は、
本当は黒幕に操られていただけで、黒幕も謀反というより
単に紹維に逆恨みしていた
」というミクロな視点に
話が落ちてゆくのですが、それがうまいなあと思いました。

ファンタジー部分で内乱の様子や、紹維の立場を描きつつ、
次第に個人の怨恨に移行していくことによって、
紹維に関わるさまざまな伏線を拾いつつ、
BL的な見せ場もしっかりと描かれ、ファンタジーと
BLとのバランスが良くなっていたと思います。

かといってファンタジーが適当になるわけでもなく、
ちゃんと国を治めるところまで描かれ、両立しています。
それに、ファンタジーだと、矢城さんらしい凌辱があっても、
成り行き上いたしかたないと思え、抵抗が少ないのもよかったです。
(『新任教師』は凌辱の理由のなさに耐えられなかった……)
矢城ファンタジーは自分ととても相性がいいのかもしれません。


そしてこの作品が○だったもうひとつの理由として、
攻めの炎流がツボだったことも挙げられます。
もう何百年も生きてるくせにガキっぽくって強引でバカで、
でも裏表のなさと男気がどうにも憎めなくて、
もちろん色魔でいつでもアホなことばっかり考えてて、
受けに尻に敷かれてて、狐のときはもふもふできる。
なんという萌えのかたまり…!!(オヤジとヒゲがあれば完璧)

受けも守られるだけでなく、相手の言質をとって話を
良い方向へ導くなど、なかなか強かで王族らしく、
穏やかに見えて意外と強情。そんな彼にしらずしらずのうちに
炎流がメロメロになり、素直に感情をあらわせないながらも、
ヘタレ化してしまう展開はベタだけど良かったです。

ファンタジー風、もしくはおバカな攻めが好きだったら
オススメしたいですが、凌辱シーンが苦手な場合は
避けるか飛ばすのが良策です。

P.S.
矢城さんのサイトで下巻のあとのSSなどが読めます。
生来のおバカぶりにくわえ、ヘタレ気味になりつつある
炎流が可愛くてしかたありません!
かずえさん、急かせてくれて(笑)、ありがとうございました。
| [BL・小説]矢城米花 | 19:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:41 | - | - |