-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『王子隷属 〜仙狐異聞〜』(上・下)/矢城米花(陸裕千景子) | main | 『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅(柚名ハルヒ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『初恋の70%は、』/山中ヒコ
『初恋の70%は、』のあとに続く言葉を、誰でも考えて
しまいたくなる、いい誘い受けなタイトルです。

『初恋の70%は、』のあとには、現実的に考えれば、
「うまくいかない」(しかも70%どころじゃなく99.99%)だと
思いますが、それではBLにならないか…。
いや、ヤマシタトモコさんが描いたら、
こちらになりそうな気もしますけれどね。

この作品的に考えると、続く言葉はなんでしょうね。
というところから以下、感想です。



初恋の70%は、
『初恋の70%は、』/山中ヒコ
新書館 (2008/9/30)
【Amazon】

☆あらすじ
何でもそつなくこなすモテ男の春日部は、陸上部の杉山の
ひたむきに走る姿を目で追ううちに興味を覚え、
妄想の中で彼にいやらしいことをするようになってゆく。
そんな彼に話しかけることもできないでいたある日、
文化祭の実行委員で杉山と一緒になるが……

*   *   *   *   *   *

「こっ恥ずかしさ」だと思いました。
このあらすじの表題作だけに限らず、全ての話が、
甘酸っぱすぎて開けちゃいけない扉が勝手に開いて
非常にこっぱずかしい気分になりました。
でもその甘酸っぱさがキュンキュンくるんだ……!
恥ずかしいのに読み返さずにはいられませんでした。

表題作では、春日部が杉山と話すことで現実を見て、
せずにはいられない妄想を落ち着かせようとするのですが、
その会おうとするまでの逡巡がもう酷い!

そもそも朝一ってちょっとヤバくねェか
「何気合いいれてんだよお前今日その為に学校来たんじゃねェの」
とか杉山に思われたらどうすんだよ
やめやめ……朝はやばい朝は
とひとりツッコミをしつつ、そのあとも、
「休み時間は難しい」「ミーティングでいないことに凹む」と
順調にヘタれ、放課後に行ったら行ったで、いきなりの
直面にうろたえて別の人を呼び出してもらったり……
恋をしてしまうとドヘタレになってしまうんですよね。
ああ恥ずかしい!声もかけられないほどの気持ち、
わかるだけに追体験させられた!だがそれがいい!

もちろん、ドヘタレになるだけでなく、杉山に対して
真正面から攻めたりと、決めるときは決める春日部、
いいやつだ……つい応援してしまいました。
杉山のいかにも女子に嫌われそうなつっけんどんな
性格なのに、男同士で懐くといきなりふところが広くなるのが
「いるいる!こういう愛い奴!」で非常に可愛かったです。


2話め・「少年について」も「軽くてうざったくなければ
男でもいいと(攻めが)言ってた」という伝聞を元にして、
軽くうざったくないように近づこう!としているさまが
恥ずかしく、けれどそれが可愛く見えるお話でした。
相手に合わせる行為って姑息にも見えがちだけど、
ここまで純真(そして方向が勘違い)だと可愛い…!
勘違いの努力でしたが、恋が成就するならいいですよね。


3話め・「恋と恋の間」は、とある男へ片思いをしている先輩を
見ているうちに、その先輩が気になってしまう攻めのお話。
この先輩、とある男が降りて行ったあとに
同じ吊り革を握るとか、いまどき純真すぎる!
でもそういうことだけでも嬉しくなっちゃうんですよね、
ああ、恥ずかしい……って、私だけじゃないよね?
「誰かに恋して好かれようと努力している人」を
見守りたくなる気持ち、それをもう一段階ひねって
うまく描いていた作品でした。これが一番好きかも。

というわけで、いいキュンキュン(恥)高校生ものでした。
羞恥プレイとかキュンキュンしたいときにオススメです。
| [BL・コミック]山中ヒコ | 21:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |