-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『初恋の70%は、』/山中ヒコ | main | 『僕の知るあなたの話』/鈴木ツタ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅(柚名ハルヒ)
今日の睡眠不足はこの作品のせいです。

「2話めが75ページからだから、1時まで(こんなことを
考えているのが大体夜中の12時過ぎ)に1話めだけ読んで、
続きは明日の行きの電車に読もう……」だなんて
パーフェクトで典雅なプランが丸つぶれです。
すみません、単に典雅って言いたかっただけです。

悔しい…けれどそれを上回る満足感でいっぱいです。
やっぱり小林典雅さんは面白かったです!
それでは以下、感想です。




『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅
二見書房 (2004/11/27)
【Amazon】


■ あらすじ
小児科病棟勤務の堅物看護士・雨市(ういち)のもとへ、ある日、
押しかけ女房・桜里(おうり)がやってきた!桜里は幼い頃に
一度だけ会ったことのある財閥御曹司で、生きがいを探すため、
常識を教えて欲しいと頼み込んでくる。
生活能力皆無の桜里に庶民の暮らしぶりを教えるうちに、
桜里を可愛く思うようになるが、彼らのたどたどしい恋の行く手には、
オヤジギャグ好きなハンサム小児科・佐川や、
桜里を溺愛する両親&二人の兄が立ちはだかり……

*   *   *   *   *   *

「比喩は作家の個性」、誰の言だったか忘れましたが、
そんな言葉を小耳に挟んだ記憶があります。
まさにそれを実感するような文章でした。
ひとによってはあまりにくどい、BLの本筋に対して
文章が冗長すぎる、と感じるかもしれません。
たとえば、桜里を溺愛する兄が、激怒している桜里父から
逃げるよう、雨市へ訓告するセリフは、こうです。
「(逃げても)誰も臆病者とは思いませんよ。
たとえ粘ってみたところで、米粒に描かれたお地蔵さんの
額のホクロほども見込みはありません。」(p.105)
また、激昂して桜里にまで銃を構えている父を見て、兄曰く。
「(略)…けしからぬビデオを見せた佐川という医者と、
『ボボボーボ・ボーボボも知らねーの!? 桜里先生、ダッセー』と
病棟で意味不明の言葉で桜里を罵った阿部拓海五歳も銃殺して
構いませんが、桜里を狙うなど早くも痴呆が出たのですか!?」(p.118)
などなど、なんでそんな!?といった比喩や小ネタを
そこらに埋めて、バカ丁寧な丁寧語を加え、
笑えない皮肉やブラックなユーモアを交えても、
なぜかおかしみがこみ上げてくる、この文章。
それが癖になってしまうとたまらないのです。

そのうえページ半分が白紙だって本になっちゃう作品も
この世にはあるのに、そんなに頑張らなくても!と、
こっちが思わず押しとどめたくなるほどの文章量に、
ただただ最初から最後まで笑わされるばかりでした。

これだけでも十分でしたが、2話めの、著者曰く、
「水と油、ビクトリア朝対ロココ朝、正統派広辞苑と
新明解国語辞典」くらい対極な、さきほど引用した暴言を
吐きまくった兄と佐川がくっつく話がとても面白かった。
極端な個性をもった2人に飛び交う会話がコメディとして
抜群なのに加え、好意どころか不愉快な気持ちさえ持っていた
はずの2人がくっつくまでの間に、実に細やかな描写があります。
本人曰く「エロいHが書けない」とのことですけれど、
これでどエロエロでもなんかバランスがおかしい気もするし、
本当に、十二分に楽しませていただきました。


同じコメディでも、(いい意味で)力の抜ける漫才じゃなく、
ひとことも聞き漏らさないで笑いたいと思える漫談かな。
「美男の達人」のほうがよりこなれている感じはしますが、
小林典雅さんを試すのにはこれで不足ないと思います。
未読の方、特に笑いたい方、ぜひオススメです!
| [BL・小説]小林典雅 | 23:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |