-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『棒投げ橋で待ってて』/小林典雅(柚名ハルヒ) | main | 平日にやれないこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『僕の知るあなたの話』/鈴木ツタ
こんばんは、ここ数日非常に寒い関東地方ですね。
そんな寒い夜には本だ!と、本を読んでいたら、
いつのまにかミルキーの味の人が訝しがって
部屋を覗きにきていました。ぎゃあ!

……無意識に「ニョホホムヒョヒョ」と奇声を発していたようで、
お母様、確かに訝しむべき人間でしたね、私。反省。
でもしょうがないの!オヤジ、オヤジ受けなんだから!
これは業(カルマ)なの、前世のせいなの!(反省してねえ)

それでは以下、無駄にハイテンションになったら
ごめんなすって、な感想です。




『僕の知るあなたの話』/鈴木ツタ
竹書房 (2009/1/7)
【Amazon】


★あらすじ(表題作)
母親から虐待を受けている高校生・松本波亜人(まつもとはあと)は、
いつも優しく接してくれた母親の元恋人・渋沢のことが大好き。
ヤクザである渋沢にその想いを告白した日から、
二人の関係は変わり始める。
そして数年後、波亜人はホストとなって渋沢と同じ街で働き始め……

*   *   *   *   *   *

表題作1話めは、ヤクザだけど優しい渋沢とアホの子波亜人の、
ちょっとした切なさを含むツタさんらしいコメディで
ほんわかとしたいい話だな〜、とだけ思ったのですが。

2話めからなにこれ!数年(としか書いてないのですけれど、
波亜人の様子から見ておそらく5〜10年ぐらい……?)経ったら、
渋沢がいきなり薄汚れて無精ひげを生やして、
目の下に素敵な皺をお入れになってるんですけれど!

その容姿に一致するかのように、汚い世界を見すぎて
心まで薄汚れてしまったと考えている渋沢は、
夜の仕事をしていてもアホの強さゆえか汚れない波亜人を
愛おしく思い、けれど、波亜人にとって重要なことを、
波亜人を手放したくないがゆえに告げられません。
真実を告げることも出来ず、突き放すことも出来ず、
彼を繋ぎとめようと渋沢がとった行動は、
身体でつなぎとめるということでした。

これが攻めだったらそりゃ常套手段なんですよね、
身体でごまかすってのは。けれど渋沢の場合は
相手を立てて自分は受けます。なんて素敵なオヤジ受け!
自分で「(年下を襲う)年増のババアになった気分…」(p.56)などと
自嘲でつぶやきますが、違うのよ、肉欲にかられて
襲ってるのではなく、自分のエゴも込みだけど、
それ以上に波亜人を守りたいが為のビッチ行動だからこそ、
このHシーンがエロいだけに終わらなくて良いのよ!!
あら、興奮してアタシがババア口調になっちゃったわ。失礼。

渋沢が最後に観念して独り言のように心情を喋るのも、
とてもいいシーンです。全体に漂う少し暗めな雰囲気の中でも、
コメディが含まれ、かつラブラブで終わり、いい読後感でした。
オヤジ萌えゲージ満タンです。ご馳走様でした。

渋沢の弟分のスキンヘッドや、上司に当たる本部長、
悪徳金貸しの西島、その養子縁組(予定)相手のホストなど、
まだまだ美味しいキャラもいるのでスピンオフになるといいなあ…。
愛読者アンケートに書いておこう。


あとの作品は…さらっと。
『ソテードオニオン』…高校生×高校生。フケ面とはいえ、
やっぱり高校生なのでオヤジ度としては低いけれど、
非常に高校生らしいおバカをするバカップルの話。

『声が届くのなら』…幕末藩士の霊×高校生。
幕末藩士にちょろっとヒゲがあるけれど若々しいので
オヤジ度はまた低し。幽霊のくせに、意志の力で
あれに触れたりこれに触れたりできたというコメディ。
SFだったら許せないけれどコメディなら問題なし。

『かみさまの目をぬすんで』…若手有能リーマン×三十路手前の
冴えないリーマン。見た目はオヤジっぽくないけれど、
受けのさび付いた感じがむしろシルバーっぽくもある。
進展度は受けのせいでもっとも遅くエロもないけれど、
「告白されてゆっくりと人を好きになる」心情の流れを
細やかに描いていて、これも素敵な作品です。

……なんかオヤジの観点でしか書いてないですね。
まあ、ここはオヤジスキーブログなので気にしないで下さい。
というわけでオヤジスキー好きの方はぜひどうぞ。

P.S.
あとがきと表紙カバー下もあいかわらず面白い。
梅書房、ドッキリを3冊とはやってくれるぜ!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 00:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - |