-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平日にやれないこと | main | 『天使の飼育』/小塚佳哉(蓮川愛) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『眠る兎』/木原音瀬(西崎祥)
今年の抱負・「木原音瀬作品を月1で読む」を実行すべく、
痛くないと聞いたこの作品から取り掛かることにしました。

木原作品を読むのを躊躇するのには怖い気持ちもあるんですが、
それよりもったいないという気持ちがすごく強くて、でも、
読まないでいてもある日突然、目が見えない!なんてことに
なってしまったら本自体が読めないわけですし……、
どっちのほうがよりもったいないかと考えると、
読まないほうがもったいないですよねえ。
じっくりと味わって消化していきたいと思います。まる。

さて、今日の作品は、似たような後ろ向き思考から
脱出する、うさぎさんの話でした。以下感想です。




『眠る兎』/木原音瀬
ビブロス (2002/09)
【Amazon】
(マケプレが高すぎる……)

☆あらすじ
ゲイ雑誌で見た文通ページの相手にほんの冗談で書いた
手紙の返信が来たのをきっかけに、高校生の浩一は、
十も年上の男と付き合うことになってしまった。
その男が名乗る伊藤という名前も職業も偽りだと知っていたし、
他に好きな女の子もいたけれど、男があまりにも純粋で……

*   *   *   *   *   *

この冗談で書いて出した手紙、とても残酷に感じました。
たとえ書いた浩一が出すつもりは全くなかったとはいえ、
興味で手紙を出した女の子と一緒に、
その相手を見に行く時点で同罪ですよね。
当時のゲイの出会いのツールってそれくらいしかない
(伊藤文学さんの本ですごい手紙の数だったとありました)のに、
それを嘲笑のネタにされてもねえ……。
高校生のときにこれを目の前でやられていたら、
相当傷つくよなーとまずそんなことを思いました。

ということで、「文通ページ」という懐かしい響きに、
ノスタルジーに浸るよりも苦々しい思いで読んでいたのですが、
だんだんと浩一が伊藤(仮名)に惚れてしまうことによって、
いつのまにか主導権が逆転するのが非常に小気味良かったです。
振り回されていた側が、いつのまにか振り回す側に回る、
それだけなのにどうしてこんなに魅力があるんでしょうかね。

そして、とある理由で伊藤が浩一を遠ざけて遠ざけて、
まったく相手にしなくなるも、実はまだ気持ちが残っていて、
意地を張り合いながらも距離を縮めるのがとても良かったです。

ヤマアラシのジレンマじゃないですけれど、
自分も痛いけど、相手を傷つけてでも近づきたい浩一、
痛みから逃げたいけれど近づきたい気持ちもあって、
後ろ向きの思考から抜け出して相手を求めようとする伊藤。
その両方の想いの強さに感情を揺さぶられるのかもしれません。

今まで調子に乗ってた浩一が痛い目にあうことや、
気持ちを変えられないで四苦八苦しているのに、
ざまあみろという気持ちがあるからかもしれませんけれど(笑)


書き下ろしの「冬日」もとても良かったです。
やけぼっくいに火はつかず、過去を整理できた伊藤と、
養子縁組するまでになった2人の関係が見れて、
すごく幸せな気持ちになりました。
養子縁組するということをはっきりと書いてあるBLって、
結構に珍しいのではないですかね…?特に昔の作品だと。

これが木原さんのデビュー作らしいですけれど、
昔っから根っこにあるものは変わらないな、と改めて
思った作品でした。痛み少なめとしてオススメです。

P.S.
不満は…西崎さんの挿絵が5ページしかないことかな…寂しい。
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:09 | - | - |