-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『眠る兎』/木原音瀬(西崎祥) | main | 『彼と愛のトレーニング』/小林蒼(佐々成美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『天使の飼育』/小塚佳哉(蓮川愛)
あいかわらずブログにスパムが良く来るんですが、
昔は「沢山の女性に出会えます!」が多かったのに、
最近は「女性に買われてお金貰った!」みたいな、
逆パターンが多い気がします。
単に前のパターンで誘導できる人が減ったのでしょうが、
立場的に、漁色家な攻から金の亡者みたいな受に
変貌しているようで、ちょっと面白い。

まあ、どっちにしたって存在しない話ですけれど、
そんなことを考えたのはこの作品を読んだせいだと思います。
というわけで以下感想です。




『天使の飼育』/小塚佳哉(蓮川愛)
プランタン出版 (2008/1/10)
【Amazon】



★あらすじ
「オレを愛して」
父親に見捨てられ、孤独に震えるユーリが願ったのは、それだけ。
愛される代償は、全裸で鎖に繋がれる淫らな監禁だった。
ユーリは優しくも容赦がない純に屈するよりなかった。
それでもいやらしい命令に応えられれば、頬を撫でて褒め、
微笑みをくれる。いつしかその瞬間を待つ自分がいた。
だが純が、昔自分と同じ淫らな調教を受けていたと知り……

*   *   *   *   *   *

あらすじを読む限り(これでもあぶない表現を省いてます)、
「何で買ったんだっけ…?」とふと我に返りたくなる感じですが、
そうでした、リバと聞いたから買ったんでした。

で、読みすすめていくうちに確かにリバが来た!
という瞬間はあったのですが、リバというよりも、
攻が成長するに従って攻と受の位置が変わり、
逆に固定されただけというか……。3Pの判断でも、
非常に頭を悩ませましたが、リバもどこまでがリバで
どこからがリバでないのか、わからなくなってきたよ!

でもその位置の転換があまり見ない類で面白かったです。
純(最終的に受。イラストの右)が調教(本人にとっては愛情表現)で
性的なことを教え込み、ユーリ(最終的に攻。イラスト左)が成長したら、
愛情表現として性的なことをフィードバックしてもらうという、
受けによる紫の上計画と言うか……。

(もちろん紫の上は調教をされたわけじゃないですが、
10歳くらいでかっさらわれて、ろくでもない男の元に
住まわされるとか充分調教レベルかと。余談でした。)

現実世界では確実にどちらかが発狂するかと思いますが、
一般的に見たら歪んだ形でしか愛情を表現できない純と、
愛情に飢えていたユーリが表現はどうであれ満たされるのに、
どちらも満たされないままよりはすごく幸せだよな、と
ちょっと思ってしまったり。や、もちろん犯罪ですけれど。

他にも歪んだ愛情表現をされたのに真っ当に育ったり、
それを嬉々として養子にする存在がいたりと、
突っ込みどころは多々ありつつも、妙な説得力があり、
リバよりもそこに楽しめて儲けものでした。


ただ、テーマがテーマ、また、プラチナ文庫だけに、
エロ描写がちょこまかと入ってくるのですけれど、
それがあんまりエロいと思えませんでした。
なんででしょうね……自分に合わなかっただけかもしれませんが、
短い間隔・ページで入ってくるよりも、ここぞと言うときに
ガツンとまとめて入ってくれたほうが個人的には好きです。

というわけで、既に Amazon では新刊在庫なしのようですが、
古本などで見かける機会がありましたらどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |