-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『天使の飼育』/小塚佳哉(蓮川愛) | main | 気持ち的に隠し切れない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『彼と愛のトレーニング』/小林蒼(佐々成美)
1月といえばお正月、お正月といえば三が日、
三が日と言えば駅伝、駅伝と言えば萌え……というわけで、
駅伝を見ていたら陸上系の本が読みたくなりました。

しかし気分的にはニアやスポーツ小説ではなく、
陸上BLを探していたら、さすが、ちゃんとありました。
しかも高校や大学じゃなく実業団!探せばあるものですなあ。

この作品以外にも陸上ものはありましたが、実業団という、
あまり見たことのない世界に惹かれて買ってみました。
……ある意味、面白かったです。以下感想です。




『彼と愛のトレーニング』/小林蒼
茜新社 (2001/09)
【Amazon】



☆あらすじ
マラソン選手の名岡に憧れ、由輝(ゆうき)は高校卒業後に
名岡の在籍する実業団へ入りしたが、由輝が入った二軍は
一軍と仲が悪く、名岡を遠くから見ていることしかできない。
そんなとき偶然ジャグジーで名岡たちと鉢合わせた際、
由輝はあせって変なことを口走ってしまう。
だが名岡は怒るどころか、逆にいじめられる由輝を助けてくれた。
その後ロッカールームで名岡に誘われるままHしてしまうが……

*   *   *   *   *   *

いやあ…ここに書いてある実業団の二軍の話が本当なら、
相当きついですね。何しろ、一軍のように陸上を仕事として
優先することもできず、9〜17時までは普通に事務。
そのあと、夜遅くまで練習で寮に帰るのは22〜23時、
寝ないと体がもたないのですぐ寝てしまう平日。
土日ももちろん練習や大会もあり、個人の時間や
休みなどはかなり制限される日々……などなど、
さまざまなエピソードが書かれており、
そういった豆知識的な楽しさはかなりありました。

しかし、受けの由輝がスポ根精神を持っていない
(実業団に入った経緯から推して知るべし)がゆえに、
バリバリ陸上ものかと言われると微妙なところです。
なんちゃってまでは行かないけれどあまりガツガツは
してないリーマンものと同じくらいかな、と。


むしろそれを利用したシチュエーションのほうが多かったです。
あらすじにもあるジャグジーあとでのロッカールーム、
寮での非常階段、ホテルでのHなど、練習シーンよか
そっちのほうが多いんじゃ?と思うような話でした。

うーん…?と思わなくもなかったのですが、由輝がちょっと
変わった性格だとわかると単なるエロに思えなくもあるのです。

実は由輝、昔っから男ばかりの寮生活の中にいたため、
手っ取り早く肉欲を満たそうとする人間に慣れっこで、
憧れと肉欲は別、といやに達観した考え方を持っています。

そのため、憧れの先輩が由輝といきなりしようとしても、
それが愛情表現だとは思わず、先輩後輩の命令に
近いものとして受け取ってしまうのです。
誤解は物語につきものですが、こうあっけらかんと、
悲観もせず平然と誤解する受けって珍しいのでは……。

普通だったら「それは違う!お前を愛しているんだ!」と
攻めが声高に否定してハッピーエンド……なのですが、
名岡は無類の無口、何を考えているのか分からないタイプで、
由輝に何かが違う、ということを伝えられないのです。

まあ、強いて言えば、どっちもどっちで、だからこそ
体を含めて「彼と愛のトレーニング」をする必要がある。
そんな風にもとれて、ある意味、面白く読めました。


それに、正直、最後にトレーニングの効果が出た後の
ワセリンを使ったHは非常に美味しゅうございました。

この本読むまで知らなかったんですが、もともと陸上走者は
ワセリンなどの皮膚保護剤を擦れる場所に塗るんですって!
だから膝や内腿、乳首や尻の割れ目にも塗るんですって!
エロ目的でない道具をエロにも使える、
そんなシチュエーションがかえって卑猥に感じました。

ちょっとエピソードが多すぎてバラけた感もありましたが、
毛色の変わった陸上ものを読みたいときが訪れたらどうぞ。

P.S.
あとがきにあったトライアスロン大会で見た高校生の
男子2人組のエピソード、小説にしてほしいー!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |