-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 気持ち的に隠し切れない | main | 2009年2月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『花嫁はマリッジブルー』/凪良ゆう(唯月一)
今日一日、ものすごく駄目人間をしてしまいました。

朝9時に起きて朝食を食べた後、『少女ファイト』全巻を再読、
そのあとネットを巡回したところでお昼を食べて、
横になってBLを読みながら夢うつつ→昼寝をしたようで
いつの間にか夕方、そのまま8時までBLを読みふけって
夜ご飯を食べて一息ついたら、もうこんな時間です。
まあ、毎日じゃなければ、いい休みの過ごし方かもですけどね。
エコだよね!(流行の言い訳)

さて、今日は『恋愛犯』が結構面白かったので、
読んでみた花嫁ものですが…こちらのほうがより好きでした。
以下、感想です。




『花嫁はマリッジブルー』/凪良ゆう
白泉社 (2007/11)
【Amazon】


★あらすじ
大学生の麻生拓海には双子と間違えられるほど似た姉、美花がいた。
顔とスタイルのよさだけが取り柄の美花は、旧華族で
名門ホテルグループの御曹司、朝倉と玉の輿婚することに。
麻生家は皆大喜びだが、拓海だけは朝倉が姉に愛情を
抱いていないのを知って激しく憤る。
だがその冷酷さが複雑な家庭環境のせいだとわかり、
姉の婚約者にもかかわらず拓海は朝倉に惹かれてしまい……

*   *   *   *   *   *

BL業界においては「花嫁=拓海」は鉄板でしょうけれども、
この作品では「花嫁=姉の美花」です。それだけでおお!と
新鮮に感じた私はそうとうBLの世界に毒されておるな……。
でも、制約というかお約束の多い中で、それを踏まえつつ、
半分ずらしたような作品ってチャレンジャーで好きです。

無理やり変わり身をさせられるなどの一般的な花嫁ものと
スタートが異なるゆえに(最後に変わり身結婚式はあるけれど)、
反発しあうのにも無理がないですし、逆に惹かれていく中でも、
花嫁だからこそありがちな「偽装ゆえにどうしよう…」と
いった類の葛藤が拓海にないのもうまいなあと思いました。


かように、冷たい花婿と弟からどうやって発展していくか、
という展開のもっていきかたもうまいのですけれど、
キャラの個性を生かした動かし方もうまかったです。

冷徹ロボット人間な朝倉に、庶民オブ庶民な拓海、
お金にシビアできつい性格の美花、そして、
あらすじには登場しない美花の元彼でヘタレなくせに
美花を心の底から愛し抜くエディ(本名鈴木三郎)、
その他(拓海以外は)濃い面子が登場してせわしなく動く中で、
朝倉の弱さ、拓海の素直さ、美花の優しさ、エディの強さを
しっかりと見せてくれるのがすごいなと思いました。

でもってコメディとしても面白かったのだから、
文句ありませんでした。いい読書ができました〜。
花嫁、ときには侮れない子!


で、今日続編の『花嫁はマリッジ今夜もブルー』も読んだのですが、
(タイトルを間違えてしまいました‥ご指摘ありがとうございました!)
これも面白かった!偽装結婚の危機というメインカップルの
話を書きつつ、朝倉の母と父の恋を並列で書いたり、
美花とエディの爆笑新婚旅行記をSSで書いたりと、
脇キャラまでもちゃんと描いてあるのが素敵です。

もちろんBLなので、メインがしっかり楽しめる内容であることが
前提ですけれど、こうやって脇として男女のカップルが
描かれるのには、全然抵抗がありません。というか楽しい。
月村さんの作品もそうでしたし、むしろあっていいと思います。

花嫁苦手な自分も楽しめたので、花嫁という理由で
避けていたのであればお手にとってみてもいいかもです。
凪良さん、来月も新刊が出るようでこれからも楽しみです!
| [BL・小説]凪良ゆう | 22:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:16 | - | - |