-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年2月新刊購入予定リスト | main | 『子連れオオカミ』/井上佐藤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里(高階佑)
睡眠が毎日4時間だ、というひとがいますけれど、
もうムリ、1日3時間睡眠しただけでもう脳がへとへとです。
平時の40%ぐらいしか脳細胞が活動してない気がします。

これが仕事のせいなら致し方ないとも思えるんですけれど、
本読んでて時間を忘れてしまうって、社会人として
体調管理がなってないなあと反省しつつ、それだけ
のめりこんで眠気を抑えて感想を書きたい気持ちに
なれる本にであえるのは幸せなのかもしれない……。

ということで、今日の感想は寝不足原因のこちらです。
感想というより単なる妄想に近いですけど、お暇でしたらどうぞ。




『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里
徳間書店 (2009/1/27)
【Amazon】



★あらすじ
ある日突然、アパレルメーカーに勤めるデザイナーの英司は、
勤務先の青年社長・石田に監禁されてしまった。
「今日から君をAと呼ぶ。これは三十日間の実験なんだ」と
石田は1冊のノートと鉛筆を渡し、日記を書けと命じてきた。
名前と自由を剥奪され、身体も精神も支配されることに……
官能と狂気に晒されて、人はどこまで理性を保てるのか。

*   *   *   *   *   *

秀さんのダークサイド来たーー!
『誓約のうつり香』の同人のときも同じ触感がしましたが、
よりそれに特化した濃密さに夢中でした。

食事もろもろの管理を徹底された監禁シチュエーションや
秀さんならではのドエロエロな描写も面白かったですが、
特に夢中になったのは、石田はなぜ英司に対して
このようなことをしたのか、その心情についてです。

英司の強さに惹かれ、自分が過去に体験したような
逆境を彼の強さではねのけてもらうことで、
生まれながらにして逆境(マイナスの環境)にいた自分が
檻の中で生き続けている、そんな自分の人生をも
打破し、肯定してもらいたかったのかもしれない。

また、英司を愛することで、同じく逆境におかれていた
自分も愛されることのできる存在である、ということも
証明したかったのかもしれない。

それともふたりで堕ちて、ある意味自由な世界に
行くことが本当の望みだったのかもしれない。

ただ単純に英司に執着し、愛したかったのかもしれない。

石田が自分で明言している部分もあり、私の妄想も
入り混じっていますが、どれも正解に近く、また、
どれも真実からは遠いような、多分本人にも完璧には
わからない、矛盾した心情だったのだと思います。

それでもただ一つ、英司に執着し監禁したことは真実で、
それが極限状態における防衛機制の同一視や転移なのか、
それとも不器用な愛情なのか判断できず、そのわからなさを
深読み(邪推ともいう)することに夢中になってしまったのです。
心理学畑出身のせいか、こういう感情や精神の描写が
入り混じったような作品は好き過ぎて困ります。

まあ、きっと一番強かったのは「愛情」だと思いたいのは、
BL読みとしてそれが一番嬉しいからなのかもしれません(笑)


それに比べればやっぱり主な視点である、
英司はわかりやすかったかなあ。

英司にとってのデザインは人間として生きることの中核であり、
アパレルにいて消耗品を産み出すことでそれが鈍化していくこと、
それこそ檻にとらわれた生き方をすること……として
読んだんですけれどどうでしょうかね。と、聞いたところで、
答えは読んだ人によって異なるでしょうから無意味ですね。
アパレル=BL商業ペース、と置き換えると非常に皮肉な気がします。

あちゃー、全然感想になってないですね。
まあ、整理できないくらいの考えを抱かされた、
233ページとは思えぬ内容の濃さだった、とでも
思っていただけたら幸いです。
万人にオススメはしないですけど、同じ秀さんの作品でも
赤い宝石文庫の作品よりは、断然こちらをオススメします。

P.S.
同人誌の『狂人推奨』がベースなんでしょうかね。
あの作品では不条理ものに若干近かったけれど、
こちらではちゃんとBLよりになってますね……。
| [BL・小説]秀香穂里 | 23:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |