-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『堕ちゆく者の記録』/秀香穂里(高階佑) | main | 去年読んだ本、今年読んだ本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『子連れオオカミ』/井上佐藤
Amazonで買い物をしている人には、Amazonから
「おすすめ商品のご紹介」と言うメールが
月に何回か届くと思うのですが、昨日私のアドレスに
届いたメールのラインナップ8冊は全て入手していました。

甘い!甘いわよAmazon!
もっと勉強してから出直してらっしゃい!と強がっても、
寂しく冷たい風が胸を吹き抜けるのはなぜでしょうか。
関東地方における冬の雨のせいと思いたい。

さて、今日は心温まる…というかニヤニヤしっぱなしの
こちらの作品の感想です。




『子連れオオカミ』/井上佐藤
竹書房 (2009/1/27)
【Amazon】


☆あらすじ(表題作)
同じ日に偶然アパートの上と下に越してきたバツ一で
子持ちのふたりの男。同じ境遇ゆえか、すぐに意気投合し、
互いの家を行き来する間柄となったのだが、ある晩、
酔った勢いで起こった事件(?)からふたりの仲は険悪に…!?

*   *   *   *   *   *

表紙見てるだけで心が和んで幸せになるので、
大きい画像にしてみました……いいわあ。

実はこの表題作、雑誌掲載時のものを某Oさんに頂いて、
萌えすぎて萌えすぎて萌えの海を身もだえして泳ぎながら
読んでいた(布団の中でばったんばったんしていた)のですが、
もう1回読んでも面白い!というかもう3回読み返した!

まあ、何がいいって子供たちです。
表紙でおわかりのとおり、キューンと来る可愛さがありながら、
ときにブサイクな顔やとっぴな言動で笑わせてくれます。
そして一番の泣かせどころも持っていく……!
(「とんとん あっくんよー」は何回読んでも泣きそうになります)

子供の可愛さは反則的、その分扱いも難しいと思うのですが、
バツイチでやもめという設定にうまく食い込ませてあります。

「自分の恋愛感情」と「子供にとっての環境」の間で
葛藤させるのも、受けが別れようとするのも、
自暴自棄になった攻めが立ち直るのも、全て子供がいるからこそ。
両方とも一児の父親で、素晴らしい父親だから味わえる、
この妙味がたまりません。

で……、また幸いなことに雑誌掲載時のものがあるので、
『どうしようもないけれどリターンズ』のときのように
見比べてみたのですけれど、これまたスゲー変わっとる!
変えてる点がトーンなどではなく、顔で、表題作1話めを
2話めの顔に合わせてあるのかな…(2話めは2話めで
変えてあるんですけれども)。プロって凄いですねえ。

書き下ろしの話も共働きの子持ち男たちが頑張って
子供を育てている日常シーンにニヤニヤしてしまいました。
本当に好きです、この表題作。ごちそうさまでした。


ああ、もういつもと変わらないくらい書いてしまった。
後は簡単に。会社社長×キャバクラのマネージャの話は
社長の妹が腐なのを除けば温度低めで不思議なテンション、
けれど執着心はどっぷりでエロスという、井上さんらしい話。
そしてこれはリバです!ひゃっほう!
腐はちょっと…ですが、読んでる作品のタイトルが
「子連れヒツジ」なのには笑いました。

それから、『エンドルフィンマシーン』で登場した、
オネエカップルのスピンオフも収録されています。
この話はオネエ言葉がしっくり来すぎてこわい(つまり、
オネエの私から見ても完璧に近いと思う)ですが、
パートナーを探しに行く行動が勘違いでも、決め台詞が
「だからもしひどい事したら――つねってやる!!」でも、
充分BLとしてかっこいいですよね!え、ダメ?
オネエ攻とオネエ受は厳しいですか……ね……。

というわけで、表題作だけでもオススメです。
お子さんがおられる方にはさらに楽しめるのでは、と思います。
帯の下の激しいネタバレ含めて、ぜひオススメです。

P.S.
余談ですが、この子供たちがメインのスピンオフが
麗人1月号に載っていて、これもまたいいのです!
興味をもたれましたらぜひどうぞ。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |