-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 去年読んだ本、今年読んだ本 | main | 『恋愛記憶証明』/名倉和希(水名瀬雅良) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『拉致ってラブ!』/佐伯まお(CJ Michalski)
「すっごくアホアホな話が読みたいわ……」

なんだか今週は暗め・重めの作品を読むことが多く、
その反動として、↑のような気持ちがこみ上げてきました。

そういうときに便利で危険なのがイーブクオフ。
「佐伯まお」や「長江堤」など面白くて笑える作品の
多い作家を検索していたらいつしか大量に衝動買い……。
1冊か2冊で充分なのに興に乗って買ってしまうんですよね。
これだから積読が減らないんだー!(でも懲りない)

まあ、それはそれとして…タイトルからしてアホアホ臭が
漂うこちらの作品、楽しみました。以下、感想です。




『拉致ってラブ!』/佐伯まお
プランタン出版 (2004/11/12)
【Amazon】



☆あらすじ
可愛い顔して凶暴な仁(じん)は、鬼畜なインテリ大学生の
瑛(あきら)にいきなり拉致され、鉄の檻へ閉じこめられてしまった!
全裸のまま手錠や首輪をはめられ、淫らな交わりを――って、
これじゃまるで性の奴隷!?その上、言葉とは裏腹な優しさを
かいま見せる瑛に、仁はしだいに心惹かれてしまい……

*   *   *   *   *   *

秀さんとのとは同じ監禁でもぜんっぜん重みが違うなあ……。

だいたい、そもそもの始まりが仁が16歳にして焼酎を飲んで
車道に寝っ転がってるのを瑛が拾ったというアホな始まりだし、
瑛が監禁した理由も、自分と交流のない、いわゆるヤンキー
(今風に言うとDQNか)の人間を観察するためでしたし、
道具もファーつき手錠や猫耳のカチューシャだもんね!
与えるものもバナナと棒状のアイスだもんね!

犯罪の匂いはある(未成年の飲酒、窃盗)ものの、
全てが以上のようにしてライトな監禁もののため、
精神的な危うさがなく本当に軽くアホアホを楽しめました。


ただ、この作品、本物のヤンキー系の方々への考え方や、
描写がハンパなく凝ってるんですよね。

父パチプロ、母スロットプロ、兄無職、姉出戻り子連れ、
幼い弟妹3人、不気味な老婆と、ものすごい家庭環境で
育ってきた仁の家庭が臨場感たっぷりに書いていたり、
また、いわゆるインテリ階級の瑛の断定的な言葉ときたら、

・「アウトローはオスメス問わず、一般人と比べて貞操観念が
緩く、よく有機溶媒を吸引しては乱交にふけるという話だ」(P.43)
・「成獣になる前の段階で無計画に次の世代をヒリ出す。
モラルの欠如した生活の中に幼獣を置き、
放置・虐待など質の悪い育て方しかできない。」(P.44)
などなど非常に言いすぎ、けれど一部に関しては
同意できるような言葉をバンバン書いています。
(まあ、もちろん、そんな考え方をしている瑛は
仁を好きになって、仁の家で夕食を共にすることで、
極端すぎる意識を改めるんですけれどね。)

こんな変わったところのディテールをこだわらなくても
いいのに、とも思いますが、これこそ佐伯さん節です。
監禁設定より気合の入ったこちらの描写に真価を感じます。
絶対にあらすじに書くべきでしょうよう、この部分は!


というわけで、インテリ変態攻×DQNヤンキー受という
笑える変わった作品を読みたいときがありましたらどうぞ!

P.S.
ほんとに余談。
佐伯さんの本とはシャレードパールの作品を除いて
波長が合うけれど、酒の趣味は合わないみたい。
「上善如水」はあまりにすっきりしすぎだと思う。
(BLのプロフィールに「上善如水」って書いて分かる人、
あんまりいないと思いますよ、佐伯さん!)
日本酒もBLもどこかクセがあるのが好きみたいです(笑)
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |