-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『拉致ってラブ!』/佐伯まお(CJ Michalski) | main | 『素敵な愛人』/高崎ともや(桜川園子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋愛記憶証明』/名倉和希(水名瀬雅良)
『ラブ・トライアングル』で素敵ヒゲオヤジ3Pを
書かれていた名倉さんの、同じリンクスから出た作品です。
そして、夜光さんの4Pもリンクスでしたから、

「表紙が5人、つまり5Pか!」

そういう路線に期待してしまった私は悪くないと思うの。
あらすじ読んでから買えって話ですよね、はい。
(読んでたとしても5Pに勝手に脳内補正しそうですけど。)

残念ながら3P以上のものではありませんでしたが、
そのぶん、別の面白さで満ちていました。
以下、感想です。




『恋愛記憶証明』/名倉和希
幻冬舎コミックス (2009/01)
【Amazon】


☆あらすじ
催眠療法によって記憶をなくした有紀彦の目の前には、数人の男。
有紀彦は、もう一度今の恋人を好きになるために、
自らわざと記憶をなくしたのだと教えられ、困惑する。
その上、箱入り息子である有紀彦の自宅で、1カ月もの間、
恋人候補の三人の男たちと生活を共にするという。
彼らから日々口説かれることになった有紀彦は、
果たして誰を恋人に選ぶのか――――

*   *   *   *   *   *

記憶喪失はお約束ですけれど、わざと、しかも自ら進んで
記憶を操作してもらう話は初めて読んだかもしれません。
しかもそれが、「恋する気持ち(の永続性)を信じられない」と
告げた恋人の言葉を否定し、自分の思いを証明するため!
有紀彦の心意気を強く感じられ、興味をそそられました。

しかし、ミステリ的に誰が恋人なのかを当てることに
焦点を置いたらBLのほうが薄くなってしまうのでは?と
危惧したのですが、そこはやっぱりBL文法ゆえか、
1人に向かうようになっていました。両立しないのは、
残念なようでほっとするようで、複雑な気持ちです。
1.5倍くらいのページをかけてじっくり書いてもらっても
ぜんぜんかまわなかったんだけれどな……。

ただ、最初っから3人の中の1人に決まっている感は全くなくて、
読んでいる側が途中で多分こいつか、とわかったとしても、
それは不愉快に感じないと思います。

ルールに対して回答がアンフェアゆえに受けを鈍いと
イラつかされることもなく、むしろそれがわかるからこそ、
有紀彦が本当の恋人へ持つ純粋さや強く思う気持ちを
応援したくなる形になっていて、上手いなあと思いました。
5Pになるより(しつこい)、万々歳と思えるハッピーエンドです!


ただ、本人たちは必死で熱くていいカップルだと思うんですが、
付き合わされた他の人たちにとっては傍迷惑な話だなあと。
もともと有紀彦に対して好意を持っていた(候補の3人は、
全員、過去に有紀彦に告白した経験があった)人たちを
フェイクとして使うのは残酷な気もしなくもないです。
よく了承したなあ、攻めより尽くしてくれるんじゃ……(笑)
(読んだ方へ: あの脱落者の電話の相手って誰なんでしょうね?
予想するだに相手が攻めで年下っぽいけれど
……)


内容が内容だけに、あまり詳しい内容を説明できませんが、
こういった隠し事のあるようなお話が好きならオススメです〜。

P.S.
個人的には中表紙にいる執事とくっついて欲しかった。
挿絵から類推するに唯一のオヤジだから……と言ってみたのは
プロフィールに「なんと言ってもオヤジ受け」と書いてあったから。
本当は有紀彦が攻めで、記憶をなくしたせいで攻受も変化してて、
実は坊ちゃん×執事!……ダ、ダメですかね。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:19 | - | - |