-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋愛記憶証明』/名倉和希(水名瀬雅良) | main | 非BLマンガ読了メモ@2009.02.07 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『素敵な愛人』/高崎ともや(桜川園子)
お昼ごはんは基本はパンなどを食べているのですが、
今日はちょっと贅沢して外で定食を食べてきました。

ゴマだれ冷奴、豚バラのしゃぶしゃぶサラダ、漬物、
秋刀魚の一夜干し、ご飯に味噌汁とバランスよく、
すごく美味しくて満足だったのですけれど、
お代を払うときに「880円です」と言われた瞬間に
「あ、BLのノベルス」と思ってしまい、贅沢なのか
そうでないのか、分からなくなってしまいました。
普段の読書が贅沢なのかな……?

今日はそんな贅沢な新書の作品ですが…すごく
突っ込みどころ満載のキワキワでアホアホでした。
以下、感想です。




『素敵な愛人』/高崎ともや
オークラ出版 (2005/09)
【Amazon】


☆あらすじ
船島美登(よしのり)は三十路で失業中で多額の借金持ち。
そんな彼に、年下のエリートサラリーマン芝尾一成(いっせい)から
月50万円で自分の家政婦をしないかという、魅力的な誘いがあった。
契約内容は芝尾のマンションに住み込み、部屋の維持管理と
家事全般を含めた彼の世話。その中にはもちろん、
夜のオツトメも含まれていて……。

*   *   *   *   *   *

表紙にアンダーヘアが見えてるよ!
裏表紙が肌色かつ変な液体が見えてるよ!
もちろん含まれるってあんた、世の中の家政婦怒るよ!
素晴らしいですね、中を読む前にもう3つもつっこめます。

で、その諸々が含まれた50万の仕事をひょいひょいと
受けてしまうのが三十路にもなった船島です。
短慮って訳じゃないんですが、夜のおつとめ含むと聞いても
借金のためならしょうがねえ、と間違った覚悟をしちゃうのです。
え…三十路のプライドとかそういうのを期待してたんですけど……。
なんだかこの無駄な決断力に、会社を倒産させた過去への
説得力を感じました。(そんなところにあってもしょうがないけど)

というわけでするするとたいした葛藤もなく移行し、
この船島はもうノリノリで、最初っから感じまくり、
中出しが一番気に入ったり、手足を縛られて感じたりと
ずっと三十路ヒゲエロオヤジ受けのターン!です。
ヒゲオヤジ受けも珍しいですが、その上にこんなに
イケイケ(死語)に楽しんでいるのって、オヤジ好みの
私でもあまりお目にかかったことがありません……。

以前、「オヤジ、その4パターン」という記事を書いたとき、tatさんに

>高崎ともやさんの『素敵な愛人』の船島さんは、
>自分では 1 だと思ってるが実は 4 かな

というコメントを頂きましたが、まさにその通りでした。
うーん、オヤジの世界も広いですね!
(いまだにこの記事に挙げてもらっている作品の大半が
読めていないです…オヤジはライフワークになりそう。)


さて、もうひとつのライフワークに勝手になりつつある、
3Pですが、なんとこの作品は3Pも含んでいます。
3Pエンドではなく、プレイとしての3Pですが、
これまたたいした葛藤もないどころかノリノリです。
3人の言い分はこの通り。

芝尾(攻め):人前でもっと乱れる船島を見たい
船島: 嫉妬に駆られた芝尾に苛まれたい
藤吾(船島のイトコの息子): 船島への思いを吹っ切りたい(から見たい)




久しぶりのライトです

特に藤吾!それでいいのか!?と説教したいところですが、
3Pで満足した後に吹っ切れて次を見つけてるあたり、
明らかに船島の血縁者であることを感じさせます……。
うーん、笑うしかないなあ。アハハ。(棒読み)

ただ、エロページが多いかわりにラブとストーリーは薄め、
エロにもねちっこさはないので軽く、読みやすくはあります。
3Pやらノリノリ受けオヤジを求めるピンポイントな方だけ、
読んでもいいと思います。あとつっこみたい方もね!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - |