-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『素敵な愛人』/高崎ともや(桜川園子) | main | 痛いけど好き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2009.02.07
先日、腰を痛めている祖母の家に家事手伝いに行ったのですが、
すごく部屋が汚くてビックリしました。

腰が痛いという理由はわかる…スゲーよくわかる。
けど、2006年が賞味期限の食べ物や、2005年使用期限の薬が
埃かぶってるのはここ何ヶ月かの腰痛とは関係ない気が……。

帰ってきたら本がいっぱいでも綺麗だな、自分の部屋!と
自画自賛したくなっちゃった、そんな週末1日目。

さて、今年になってからもバンバン本を買っているわけですが、
非BLコミックで1巻目の作品が多かったので、
それらをまとめて短めに感想です。


1・『ちょっと江戸まで』(1)/津田雅美
白泉社 (2009/1/5)
【Amazon】

パラレル江戸ものです。
といっても『大奥』とはまた違ったパラレルで、
江戸時代ですけれどど2008年を舞台にしたという、
かなーりゆるめな江戸ものです。

主人公格の少年と見紛う少女「そうび」と、
その腹違いの兄にして江戸町奉行とその家来、
少女と見紛う水戸家(黄門様と同じ家系)の若様などが
現代風な江戸時代を舞台にほんわかーと闊歩します。

江戸時代の階級システムなどについても書いてあり、
タイトルどおり、ちょっと江戸時代気分になれます。
『彼カノ』のラストのほうのようにシリアスでもなく、
ゆるゆるとした雰囲気がとっても心地いいです〜。
この先が深刻になりすぎないことを祈ります。


2・『デカガール』(1)/芳崎せいむ
講談社 (2009/1/30)
【Amazon】

主人公・まる香は嗅覚が鋭く、それをヒントに
捜査を進めていくという、警察ものです。


『金魚屋古書店』、『うごかし屋』、そして
この作品…3本同時並行ってすごいですなあ。
原作つきのためか、この作品はほかの2作と比較すると
小説もマンガも引用も登場しませんので、いつものとは
趣が異なります。が、人情にうまく訴えてくるところは
変わらないので、うまく原作と融和している雰囲気です。
ミステリは苦手ですけど、こういうのもたまにはいいですね。

ただ、「動物の気持ちですら匂いでわかる」ことや、
「香水をつけたのは3日前だとわかる」というのは、
粉をなめて青酸カリとわかるコナン君並のチート性能のような…。


3・『失恋ショコラティエ』(1)/水城せとな
小学館 (2009/1/9)
【Amazon】

く、黒い……!
ケーキ屋の息子が恋する人のために、
美味しいチョコレートを作りたいと願い、
恋に破れた後もフランスで修行し、ショコラティエとして日本に帰ってくる…。

それだけの説明だと前途洋洋とした明るい雰囲気なんですが、
このケーキ屋の息子こと爽太が未だに過去の恋をひきずっていて、
後ろ向きな情熱をほとばしらせているのですよ!
今ヶ瀬にも通じる情念の濃いキャラです。
ほかにもマネージャー的存在の薫子さんや、王子様なのに
2次元オタクなオリヴィエなど濃い面子ばかりで、
この面子で描かれるこの先がどうなるのか、すごく楽しみです。
あと美味しいチョコ食べたくなります。(ここ大事!)


4・『チャンネルはそのまま!』(1)/佐々木倫子
小学館 (2009/01)
【Amazon】

うぶふわっ、笑わずにはいられない!
佐々木さんの久しぶりの新作ですが、
あいも変わらず面白すぎて面白すぎです。


『おたんこナース』や『月舘の殺人』などはやっぱり
題材が題材だけに、笑えるシーンがあったとしても、
人の生き死にに関係してしまうところがあるので
読み返しにくかったのですが、この作品はもう、
最初っから豪雨のリポートの中で主人公とサルが格闘する、
という気の抜ける話で、読み返しやすさ抜群です。

主人公の雪丸花子、「バカ枠」と言われるほどのバカで、
とんでもないことばっかりしでかすのですけれど、
それだけに目が離せないのです…テレビ業界としては、
逸材なのかもしれません。(周りは迷惑だけれど)

「バカ」と、バカと周りとを折衝する「プチプチ」との
コンビが次はどんな結果を出すのか、続きが楽しみです!

…というわけで、1巻フェアでした。
『チャンネルはそのまま!』は万人にオススメしたいです〜。

おまけ(短編集なので)

5・『曲がり角のボクら』/中村明日美子
白泉社 (2009/2/5)
【Amazon】

今日読みました。
白い中村明日美子さんは大好きだ。
(黒い中村さんはちょっと苦手…)

『同級生』でも感じた、ピュアッピュアな
ときめきを感じる短編集でした〜。
男の子も女の子もかわいい!

百合は好まないはずなのに、百合風味の話も甘酸っぱくて、
くっついちゃえばいいと思うよ!と叫びそうになりました。
BLでも非BLでも面白い作品を書いてくれるってすごいことですね!
| [その他]BL以外のコミック | 20:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:13 | - | - |