-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 痛いけど好き | main | 気づいたら麗人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『走れキューピッド』/高橋英里花(えのもと椿)
おとといにすごーくすごーくムカつく本を読んでしまい、
時間を無駄にしたという気持ちでいっぱいになりました。

一刻も早く終わって欲しいと願ったためでしょうか、
過去最速30分で読めたのですが、それでもすごく悔しい!
くっ、この恨み、ワーストまで覚えていなさいよ!

その口直しに信頼性の高そうなこちらを読んでみましたが、
よかった、私の信頼は裏切られませんでした。面白くて
時間が早く過ぎるという逆の現象が起こると幸せですね。

それでは以下感想です。




『走れキューピッド』/高橋英里花
ビブロス (2000/07)
【Amazon】



☆あらすじ
刑事の塚崎は、息子の健一の親友・悠の父と出会い、驚愕した。
なんと悠の父はAV界のアイドル男優と言われる、翔也だった!
職業柄生真面目な塚崎は、先日裏ビデオの検挙をしたばかりで、
同じ父としての立場からもAV男優という職を非難してしまうが、
翔也は画面の中と異なり激しい気性で塚崎を家から追い出す。
追い出すときに投げつけられた新作ビデオを見た塚崎は、
非難していたはずなのに真剣に演ずる翔也に惹かれてしまう……。

*   *   *   *   *   *

AVのどこが悪いっ、大衆の欲望に奉仕し、
スタッフの生活を支え、少しだがGNPにも貢献してる!
俺のAVは立派な芸術だし、生産活動だっ、馬鹿野郎!(P.103)
と言い切るAV男優が受けです。
AV男優受け……、AV男優攻めだってそう多くないこの
BL業界で2000年(GNPってところがまさに……)に、
こんな斬新な本があったとは露知らずでした。

翔也はAV男優という職に誇りを持ってはいるものの、
さすがにおおっぴらに言える仕事だとは思っていないし、
悠が引け目を感じてしまうようであれば悠を第一に考えたい。
けれど、塚崎に頭ごなしに「やめろ」と言われて、
はいそうですかと言われるほどプライドも安くない。

AV男優という性産業の特殊性から来るむずかしさ、
その特殊性からくる周り(とくに華族)からの視線、
職業に関係なく存在する職業人としての誇り……、
斬新だからこそ非常に難しいと思われる題材です。

けれど、そんなところから、翔也がAV男優として父として、
塚崎はAV男優の恋人として、衝突を繰り返しながらも
どのような結論を導くかまでしっかりと描いてあります。

登場人物のみんなの根底に「誰かを思うが故にこうしたい」という
気持ちがあるためか、例え独りよがりな意見になっても
気持ちは理解できる意見なので嫌な感じもしませんでした。
この手腕、惜しい人が亡くなったものです……。


あと、高橋さんの受けは、3P本のときもそう思いましたが、
確固とした「男」を持ちながら「女」であることを厭わず、
受け入れて糧にしてしまう強さがありますね。
これもすごく好きなタイプなのでホントに惜しいです。


以上のようなメイン以外にも、サブの健一×悠の
淡いけれど確実に進みつつある恋心と初キスや、
翔也と親しいAV女優×塚崎の同僚(女男カップルです、
×の位置は間違いじゃありません)の主従関係もあります。
特にAV女優×塚崎の同僚は女男なのに面白かった…!
また、メインCPでもミニスカポリスやお医者さんごっこありで、
コメディ部分も楽しんで読むことが出来ました。


というわけで、絶版ですけれどぜひオススメしたい1冊です。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |