-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 気づいたら麗人 | main | BLマンガ読了メモ@2009.02.15 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
なかなか3P発掘が進みません。

3P本だと思っていたのに、実は違っていた本が
結構な確率で存在しています。
3Pと三角関係の違いって難しいものなあ…。

あと、(3人以上に)襲われるなども3Pには入らないと
(このブログでは)定義しているのでさらに難しい。
まあ、じっくり進めて行こうと思います。

それでは今日は、攻めが双子or似ている3P本の感想を3本です。


『バスルームでキスをして』/鬼塚ツヤコ(樹要)


プランタン出版 (2004/03)
【Amazon】



もう一言で言いたい。気づけ!
双子ネタでそれを言っちゃおしまいかもしれませんけれど、
いくら顔が似てるからといって1ヶ月も同居しておいて、
双子の区別がつかないってかなり酷くないですか?
読んでいる側にとってバレバレなのに受けが気づかないのは
あまりにも鈍すぎてイライラしてしまいました。

それに受けの育成環境の掘り下げも無く、双子が受けに
執着する理由も深みが感じられず、もったいなく感じました。

さて、3Pはあっさり目ですがあります。
しかしエンドは片方を選ぶことになり、ちょっと
物足りないかも…と思いつつ、選べなかった片方をも
同居させるという受けの無神経さにビックリしました。
暗に3Pを望んでいるとしか思えない!
3P本の主人公としては正しい行動なのかな……?(笑)


『背徳の聖者たち』/山藍紫姫子(ライトグラフ)


フロンティアワークス (2006/10)
【Amazon】



さすがに山藍さんだけあって濃いです。
サブカップルのシーン、メインカップルでの3P(といっても
攻めの1人はもう1人の攻めのクローンらしい。その技術に
ついては何も書かれていないけれど…)が2度ほどあり、
メインの受けとサブカップルとの柔らかめな3Pがあり、
最後にようやくメインカップル2人のシーンがあります。

メインカップルは3人でのシーンのほうが多いだとか、
2本挿しだとか、どんだけ3P愛用者向けでしょうか。
そういう意味ではこの特集に相応しい作品です。

ただ、エロ優先というか…攻めの執着心はわかりますが
受けが攻めを許せるのか、好きになったのかが
よくわかりませんでした。嫌よ嫌よも……なのかしら。
また、組織の全景や詳細ははあまり語られてませんが、
これからなのでしょうかね?引き続き読もうと思います。



『玉帝の箱庭 〜鳳麗国の双子皇子〜』

『玉帝の箱庭 〜紅蓮の朱雀〜』/橘かおる(甲田イリヤ)


白泉社 (2008/3、11)
【Amazon】  【Amazon】

中華風ファンタジーの世界にいきなり呼び出されてしまった
若手エリートリーマンの受けが、どちらかを王に選ぶために
呼ばれたのですが、選べば片方が王になる代わりに、
片方は死ななくてはいけないという決まりで、
どちらも選べないまま葛藤する……というお話です。

まあ、3Pなんだから死なないんですけれども、
現代日本では無理そうな理由が作れるから、
ファンタジーと3Pって相性がいいのかもですね。
兄は思慮深く弟はやんちゃっぽく、違ったタイプに
仲良く攻められる……ありがちかもしれませんが、
安定していたのでその辺は楽しめました。

ただ、ファンタジー部分でどうしても十○国記などを
思い出させる構図(仙人が天帝から使わされて王を補佐する)が
あるので、比べてしまうと見劣りせざるを得ません…。
あとがきでも世界観はアバウトって書いてありましたしね。
しかし双子の次の世代はどうするんでしょうね、うん。


以上、双子or似たもの攻め3P本でした〜。
| [その他]3P特集 | 21:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |