-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | 『本番五秒前』/いおかいつき(街子マドカ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLマンガ読了メモ@2009.02.15
風邪はほぼ完全に治りました。
風邪が治ると突然ポテチとかしょっぱいものを
貪りたくなるので、治った瞬間がわかりやすいのです。
今日はピザポテト。旨いけど食べ終わると気持ち悪い……。

さて、ここのところ面白いBLコミックを一気に
読んだので、ちょこまかと感想です。

1.『アイツの大本命』(2)/田中鈴木


リブレ出版 (2009/2/10)
【Amazon】

吉田があいかわらず可愛すぎる。
似合わなさ過ぎるチアガール、蚊に刺されて目が腫れる、
この受けあるまじきぶちゃいくさ。だがそれがいい!

そして今回はぶちゃいく(には見えないけれど)仲間の
とらちんが加わります。ぶちゃいくというよりも
怖い顔なんですが、どうみたってとらちんも可愛い。
吉田もとらちんも中身の可愛さとのギャップが良いんですよね。
この可愛さは俺だけのものだ!と主張している
佐藤と山中の気持ちがよくわかります。
たった3話しか表題作はなかったですが、満足でした。
続きがまだあるみたいなのでこれからも楽しみです!


2.『ほんと野獣』(2)/山本小鉄子


海王社 (2009/2/10)
【Amazon】



こっちも1巻よりさらに輝(受け)が可愛く思えました。
特に合鍵を上田(攻め)から貰ったときのリアクションが、
上田と同じように予想以上に可愛かった……。
単純に可愛いとしか言いようがない可愛さです。

エロとして読んだらちょっと物足りないのですけれど、
起き抜けにチューだとか、輝がシャワーからあがってきて
まだ濡れた身体で上田に覆いかぶさったりするシーンとか、
(私の)ツボを押さえたほんわかエロカワも素敵よね!


3.『満開ダーリン』/山本小鉄子


大洋図書 (2009/2/2)
【Amazon】



こちらは花屋の店長藤森×店員の大志です。
すでにカップルが成立しているところからスタートですが、
初Hもまだということで初々しい感じでした。
特に大志はまだ18なのでとにかく何にでも動揺して
しまうところが可愛く、それをわかっていて
虐めまくるセクハラオヤジ店長に萌えました。
こっちもエロと可愛さが両立していますね!

なお、このカップルは「恋と罠」に収録されていた作品が
ベースと聴き、買ってみたところ、ほぼ同じテンションで
付き合い始めるまでを描いてありました。
読まなくても大丈夫ですが、読んだほうが楽しいかもです。
山本さんの絵って安定してると思っていたけれど、
昔に比べるとやっぱりちょこちょこ変わってるんだなあ…。


4.『陸軍恋愛士官学校』/水上シン


マガジン・マガジン (2008/4/30)
【Amazon】



なんとなく絵柄が苦手で、雑誌で見かけたときにも
鬼畜or無理やりっぽい感じがしていたので
読み飛ばしてしまっていたのですが、面白かった!
青年将校の臨時教官×将校養成学校の新入生ということで、
設定やアイテムも面白かったですし、無理やりだった関係も
次第に甘々になっていくのが良かったです。

受けが15歳にしてはだいぶ幼い感じでショタっぽくも
ありますが、戦時中だから貧相な身体なのかな?
苦手な人にはきついかもですが、衆道ぽさがあって好きでした。
他の作品も読んでみようかな。


5.『スイートビターキャンディ』/麻生ミツ晃


大洋図書 (2008/11/29)
【Amazon】



色々なところで好評の噂を聴いていたので逆に手を
こまねいていたのですが、読んで正解でした。

表題作の、「『思い出にしたい』なんて『あんたは過去の人』って
言ってるようなもんじゃねーか」と言った攻めがかっこいい。
確かに、自分はその気はなくても、健気に見えて
自己完結してしまっている言葉ですもんね。
すっきりするために言われるほうはたまったもんじゃ
ないですよね、自分も気になっていた相手からだったら。
受けの卑屈な点を否定しつつ、受け全体を好きなことは
飾らない、そんな男の描き方がとても好印象でした。

表題作以外もじんわり来る話が多く、面白かったです〜。

ちなみに新人さんですけどどこかで見たことある名前だなと
思ったら、読書メーターで<朝丘戻。さんの『ドラマ』の
挿絵の方>とあり、納得でした。懐かしいなあ……。

さて…楽しかった思い出を糧に明日から頑張るとしますか!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:28 | - | - |