-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLマンガ読了メモ@2009.02.15 | main | 『ちょっとアブナイ恋物語』/雅桃子(安南友香子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『本番五秒前』/いおかいつき(街子マドカ)
今日は神保町でのお買い物をしてきました。時間的に
ムリ!と思っていましたが、定時ダッシュなら
書泉ブックマートの閉店に間に合うことがわかりました。
人間やればできるもんですね!

書泉ブックマート、初めて行きましたけれど、いいですね〜。
昭和どストライク真ん中っぽい雰囲気が。
程よい広さで全部手の届く範囲にあって、
なおかつ多少の早売りもあるという素晴らしさ。

電車賃分ぐらいは大目に見られる魅力がありますね。
喫茶店も多いし、時間があるときはときたま通おうっと。

さて、今日はひさしぶりのいおか作品の感想です。




『本番五秒前』/いおかいつき
笠倉出版社 (2009/02)
【Amazon】


☆あらすじ
敏腕ディレクター・征充(まさみつ)はある夜、したたかに
酔ったところを居酒屋のバイト・遼太郎に介抱される。
仕事目当てですり寄る業界人とは違い、「TVに興味はない」と
爽やかに笑う青年にささくれた心を癒された征充は、
その日から隠れ家的な店に通うようになった。
顔を合わせ他愛のない言葉を交わす。そんなささやかな空間を
楽しんでいた時、知り合いの俳優から誘われて行った舞台で
思いがけない姿を見つけてしまって……

*   *   *   *   *   *

こんなタイトルの本、なかったっけ?と探してみたら、
やっぱりありました。『本番開始5秒前』(菱沢九月著)が。
TVの裏方もの、という点でも似ていますね。

それは余談として、この作品の良かったところは、
恋愛パートよりも、冷酒がうまくてぶりのあら煮が美味しくて
店主が気さくなのに隠れ家のような居酒屋がよかったです。
というのは冗談(本気も混じってる。うらやましい!)で、
ディレクターである受けの征充の成長でした。

若手芸人を集めてワーッとやって、はい視聴率とりました、
なんて番組が多すぎる(あれは究極につまらない…)ことが
わかっていながらも、守りに入ってしまっているとき、
攻め・遼太郎の(結果的な)挑発に促され、いっときの
バラエティでも、創造性のあるもの、楽しんでもらおうと
工夫をこらした番組にしよう、という努力をするのです。

もちろん実際にはそんなにうまくいくかはわかりませんが、
コントを役者がやる番組の企画(やっぱり猫が好きか?(笑))は、
少なくとも賑やかし番組よりは面白そうですし、
なにより面白いものにしようとする気合が伝わってきます。
こういった地味だけれど話は等身大に感じられて好きです。


また、遼太郎も、ある理由から嫌いだったTVドラマに挑戦します。
「TVは嘘くさい」と否定した世界でもよいものを
つくろうとする受けに触発され、相互に成長するのです。
生の演劇だから感じるものや感動もありますけれど、
録画だからこそできることもありますもんね。

こちらの成長も派手ではないですけれども、
相互に成長する話として、いおか作品の中では安牌だと思います。
あとがきでご本人がふれていますが、TV業界への修飾も
考えていたらしく、だからこそ面白いのかもしれませんね。
(そういえば『子供に内緒で』もテレビ業界でしたね)


ただ、遼太郎の出演がイケメン大集合ドラマなのはなぜ?
あれもイケメン出しておけばいいだろう、といった感じが
するので、あまり見る気にならないのですが……。
バラエティ番組という構造の中で番組を作る征充と、
若手俳優ゆえに仕事を選べない中で演じる遼太郎、
という対比なのかな。

まあ、それはいいとして、いおかさんのじんわり系を
お探しのときには向いていると思います〜。
| [BL・小説]いおかいつき | 22:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |