-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 俳優(アクト)と家政夫(メイド)シリーズ/魔鬼砂夜花 | main | 「ハチミツ浸透圧」/崎谷はるひ(ねこ田米蔵) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLを嫌う男子の話
男子と言っても某掲示板で「アンチ腐女子」とか
書いている方たちの話ではありません。
ゲイでBLを嫌う方々の話です。

昨日コメントしてくださった蒋平さんのブログ記事への便乗記事です。

私も引きこもりがちとはいえ、多少なりとも
ゲイの友人がいます。彼氏もいました。
その大抵はBLは読まない、もしくは嫌いと言う人がほとんど。

なぜでしょう。



理由をいくつか考えてみました。

1・女子のためのものだから関係ない。手を出したことが無い。
これが1番読まない派には多そう…。
私も基本的にはBLは女性による女性のためのものだと思います。
われら腐男子&ゲイの1部はアウトサイダーですもの。
(ノンケ腐男子も気になりますがそれについてはここではパスします)
が、食わず嫌いはフェアじゃないよね。

2・どう見ても男じゃない。現実的にありえない。
そうですね。
でも虚構だから仕方ないと思います。
そんな事言ったらゲイビデオだってゲイコミックだって
ありえない事ばっかりでしょう?
リアリティを求めたら萌えませんから。
ゲイコミとBLの垣根は昨今確実に低いです。

3・ネタにされる(蒋平さんのブログより拝借)。
これは思いつかなかったです。
あまりいい人生送ってない人間の貧困さや悲しき。
確かにそれは嫌かも…。
ゲイと知ると興味本位で近づいてくる人は嫌ですね。
マイノリティである以上、ある程度は仕方ない気もしますが。

4・そんな女々しいもの読んでる人間と思われたくない。
BL嫌い派はこれが多いのかなぁ…。
これってホモのホモフォビアと
似たり寄ったりな考え方じゃありません?
オネエを嫌い男らしく見せているゲイって、虚しいよね。
女々しいだの乙女チックだの、ゲイでもノンケでも
女性的・男性的な面が混じっていると思うのですが。

5・BLを読んでいる奴は現実から逃避してるだけ。
うーん、ちょっとあるかもw
ただ、虚構に逃げることは悪いとは思いません。
現実と虚構の違いが分からなくなる人は
ほとんどいないと思いますけどね。
やっぱり、恋愛だのセックスだのは
人によりスタンスがかなり異なりますから…。

6・ゲイへの偏見を助長させる。
購読層の中心である女性のほうが偏見は無い気がします。
むしろゲイだと知ると態度を翻すのは男のほう。
ああ、やな思い出が。。。
腐女子の妄想の餌食になるのは
ゲイだってノンケへの妄想が尽きない以上お互い様では?
ノンケ男も女性への妄想が尽きないことだし
普通の女子だって妄想ぐらいするし
バランスとれていいぐらい。
人間は妄想するものであるからして人間です。

セックスに明け暮れるゲイだっていれば
貞操観念の強いゲイだっている。
社交的なゲイもいれば内向的なゲイもいる。
ゲイもそれぞれあっていいんじゃないですか?

一般的な形で見れば同性愛自体マイノリティなんだから
さらに内へ内へと考えを狭めるのは
せっかくゲイに生まれた以上もったいないです。
矛盾があったっていいじゃあないですか。
ノンケ男性でも女装したりブラつけたりする世の中ですよ。

結論:BLを嫌うのは自由、けど好きな人を疎外するのは
結局ホモフォビアの人たちと変わらない偏見持ちに自分を貶める。

小説として面白いものもたくさんあるし
私は墓場に入るまで読み続けます。
私死すともBLは死なず。なんちゃって。


意外と長い話になりました…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |