-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ちょっとアブナイ恋物語』/雅桃子(安南友香子) | main | 『貴公子の求婚』/和泉桂(佐々成美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『肉体派 vol.12 複数プレイ』/アンソロジー
追記: 記号が間違っていたとの指摘、修正しました。
うろ覚えでやっちゃダメですね…。ありがとうございました!

タイトルどおりテーマが複数プレイということで、
3Pもの特化中の今日この頃、これは買わねば
男がすたると思い、買ってみました。
前号もオヤジ特集だったし波長が合ってるのかしら。

鬼嶋さんがカラーポスターだけなのが残念でしたけど、
自分にとってどこまでが3P(以上)で、どこ以上が
乱交ものに分類されるかの判断基準が、
この本によって多少定まったような気がします。

というわけで、以下にて個人的に3Pに分類されるかどうかを
判断した結果と感想です。




『肉体派 vol.12 複数プレイ』/アンソロジー
オークラ出版 (2009/2/18)
【Amazon】



(星はお気に入り度です。)

『嗚呼、青春の岩鬼荘!』/松武 ☆☆
寮監と、合コンに出かける先輩たちに命じられて寮監を
部屋に足止めしておくように言われた後輩3人が苦肉の策で
セックスに持ち込むという、ゲイコミらしい展開です。
テーマにもあってるしいつもの松武さんでした。

このうち恋愛感情的なものを持つ(途中から)のは方言キャラの
雉山だけなので肉欲優先という感じで乱交ものに見えます。
ああそうか、なんらかの恋愛感情がそれぞれのキャラに
描かれていないと自分の中では乱交になっちゃうのかも。
それにしてもあいかわらずアレがでかいなあ、この人のは……。


『エンジョイスティック』/なつおもなか ☆
ケーセンの店員がトイレに行ったら不良とおぼしき2人組が
Hしているのを見てしまって、絡まれてやられてしまう話。
エロいし絵も綺麗だと思うけどBLとしてはそれだけ。

この作品は明らかに複数プレイではあるけれど、
3Pものとしては認めたくないみたい…自分としては。
つまり、「3人以上のセックスシーンがある」がA
「恋愛感情をもっているからセックスする」がBとして、
自分のなかでは「3Pもの」=「A ∩ B」と考えたいみたいです。


『オレ達の社員凌行』/三好ひろみ ☆☆☆
社員旅行で部下3人と主任が飲んでいるうちに
有料チャンネルを見て、みんなでオナニーして…という話。

絵柄が好きだから、というのもあるけれど一番好きでした。
部下3人が主任に対してラブな雰囲気を出しているからかな?
主任もプレイの後でも嫌がってない雰囲気が出てましたし、
やられた仕返しをしていて無理やりものにありがちな後味の
悪さもあまり感じられないですし、ラブは偉大だと思う。

セックスシーン以外のときに相手を悪く思っていない、
という表現がちゃんとあることも重要なのかも。
(セックスシーン中だと肉欲に引きずられてるように見えるから)
よって、これは「A ∩ B」に含まれる作品でした。
(もちろん自分内での定義ですけどね!)


『ビスポーク ver5.0 transit』/松崎司 ☆
表紙の坊主とロン毛とアフロじゃないのかよ!と
つっこんでしまった、ビスポークシリーズの続きでした。
大久保さんがロシアにでかけたら情報屋にはめられて、
訊問室でロシアの軍人さんと情報屋にはめられる話。

これはもろに「A」ですねえ。大久保さんの
尻の刺青は確かにエロいけど、恋愛感情はまったくなし。
どうせなら、最後にオチで出てきた仕立て屋と
斉藤との3Pとのほうが嬉しかったです。


『穴があったら入りたい』/水樹凱 ☆
登山中、アンザイレン(二人以上が相互確保のために
ザイルで体を結びあう)をつけたままの井戸に落ちた三人が
絡まってしまい、絶体絶命になったところで告白して…という話。
先に定義で言うと「A ∩ B」なんですが…色々とつっこみたいです。

・そもそもセックスできるぐらい動けて服も半脱ぎできるぐらいなら
 絡まりを解いて身動きをとれるようにできるのでは?
・というか空中に浮いて絡まっている状態でセックスできるのか?
・どうして最後にはぎちぎちになって身動きがとれなくなっているのか?

どう考えても助かるところをセックスしたせいで
身動きが取れなくなったとしか思えません、はい。
つっこんだら負けだけどつっこみたいですね、って感想を
持たれることを想定した捨て身なギャグ!?(…ではないだろうなあ)


『雨降りお月さん』/田亀源五郎 ☆☆
山に籠もって山に棲む妖魔を鎮めていると思われているお坊さんが、
実は鬼に抱かれることと引き換えに村を守っているというお話。

どこが複数なのかというと、鬼とお坊さんと鬼の手下なのですが、
手下の猿と犬がリアルよりすぎて……ちょっと……。
苦手な触手もあってさらにちょっと苦手でしたが、
最後のコマがシチュエーション・ポーズ・表情がシュールすぎて、
笑っちゃ悪いのかもですがこのひとコマのために
☆を一つ増やすぐらいに笑ってしまいました。
将来的に「A ∩ B」になるかは微妙なところです。


『森野くんの正しい面接法』/ひばきち ☆
スピードスケータ選手の森野が先輩とスポンサーの
重役達に色々とされてしまう話。

これは「A」かな…先輩→森野への恋愛感情が
あるらしいですが、スポンサーに森野を差し出す時点で、
「好き」という言葉が信頼するに値しないように感じました。
絵は好きなんですけどねー…。
ところで、ふくらはぎと腿の間に挟むのはスマタなんですかね?
スマタは専門外なので教えてスマタの人!(笑)


『ディレファント・ストロークス』/松本いなき 評価不能
『肉体派 vol.11 オヤジ受け特集』の『遠い日の花火』の過去編でした。
うーん、ちょっとまだ流れがよくわからないですけれど、
前回よりはわかったかも。あとがきではこのシリーズは
単行本になる予定らしいので、それならわかるかしら。

『遠い日の花火』ではラブラブの「A ∩ B」だったと思いますが、
ここではまだカップル+1という感じです。
カップルがラブラブならプレイとしては3Pに分類していいのかしら?
というか今まで無条件にそうしてきている気がするけど、
「+1」の感情やシチュエーションによりけりという気もします。

3Pの定義って難しい。でも、「ラブがあるかどうか」で
3Pものと感じるか乱交ものと感じるか、というのは、
ゲイコミとBLの分類とちょっと似ているかもと思ったり。

そんなことを考えながら読むと面白かった1冊でした。
| [その他]3P特集 | 22:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |