-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『肉体派 vol.12 複数プレイ』/アンソロジー | main | 『硝子の花束』/杉原理生(佐倉ハイジ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『貴公子の求婚』/和泉桂(佐々成美)
今日は試験が終わり、スッキリ気分です。
J庭へ向けて俄然やる気が出てきました!

さて、以前に和泉さんを開拓したい作家さんに
挙げておきながら、実はまだこれが2冊目です。
これすらも、池袋に先日行ったとき、買おうか迷って、
同行者に薦めてもらい、ようやく購入を決意した本です。

そしたら当たりでした!当たるも八卦当たらぬも八卦の
ひとの感想ですが、後押しにはなりますよね。
ここもそんな役割が果たせていれば嬉しいなあ。
楽しみが伝播するとなお嬉しいですしね!

もー3年もやっといてそんなことを言うのも試験が終わった
開放感からということで…。それではいつもどおり感想です。




『貴公子の求婚』/和泉桂
大洋図書 (2008/12/22)
【Amazon】



☆あらすじ
生まれてこの方一度も恋をしたこともなく、女人よりも
書物を偏愛している貧乏公家の小野朝家(ともいえ)は、
ある重大な決断を迫られていた。苦しい小野家の財政を
立て直すため、結婚しなくてはならないというものだ。
愛する書物を守るため、憂鬱ながらも嵯峨野に暮らすという
姫君のもとへ向かった朝家だが、なんと忍んだ家を
間違えてしまい、蘇芳という男に反対に押し倒されて……

*   *   *   *   *   *

ここ最近、『アイツの大本命』『見えない星』など、
不細工・地味受けがはやっているようです(例外として、
木原さんはいつでも地味なキャラです)が、
なんと平安時代にも地味受けが出現しました。

優雅さを愛し優美に暮らし、光源氏に象徴されるような
スケコマシ女性を娶って家を繁栄させることが至上だった、
平安時代の貴族。なのに、身なりに気を使わない、
歌も香道も恋文も苦手、口を開けば本のことばかり……
現代のオタクより悲惨な小野朝家の登場です。

しかし、だからこそ朝家のギャップ萌えがさらに良い!
初々しさを保たせたまま、閉じ込めておきたいと思う反面、
自分が助けになり、開花させてやりたいとも思う蘇芳の
マイフェアレディな気分がよくわかります。

そしてまた、地味でダメっ子ながら恋に悩み、蘇芳のために
出世しようと努力する朝家の純粋さが輝きますね。
2人の会話もコミカルでほほえましく読みやすいので、
漢字の多い2段組の新書270ページをノンストップで
読めてしまいました。挿入される和歌を調べたりする
楽しみもあり、ほんとうに楽しい読書が出来ました。


また、和泉さんの文章に詳しくないですが、流麗な文章と、
平安の雰囲気がよくマッチしていると思います。
これが書けるBL作家って片手もいなさそう、きっと。

それにご本人は「自己流の平安風世界」と言っていますが、
詳しくない私としては、貴族の中央集権のドロドロ感、
歌合や薫物合の雰囲気、嵯峨が別荘地である当時の距離感など、
まったく違和感がないように感じられます。

(殿上人に意外と仕事があるのにびっくりしましたけれど。
殿上人って光源氏みたいに遊んでるのがステータスだと
思っていました……つい Q.E.D. の説が強烈なので
そっちを中心に据えて考えてしまいがちです。)

佐々さんの挿絵も素晴らしく、けちのつけようのない作品でした。
ぜひ読む機会がありましたらどうぞ!

P.S.
「書痴」って響きがすごく気に入ってしまいました。
「BL書痴」……合わせるとなんか強烈な字面ですね。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |