-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『貴公子の求婚』/和泉桂(佐々成美) | main | 2009年3月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『硝子の花束』/杉原理生(佐倉ハイジ)
「その他の作家」がまただいぶ増えてきてしまいました。
毎日書いてるわけでもないのによく増えるものです。

お気に入りの作家さんを見つけたからってその人の本なら
なんでも感想を書くほどコンプリート性でもないですし、
書いている冊数が少ない、もしくは何らかの理由で
著作が増えない場合はいかんともしがたい。

それに、どこにも書いてないけどカテゴリ数は無限なのでしょうか?
うーん、わからないことが一番もにょもにょするなあ。

ということで、わからないことでもにょもにょした作品の感想です。
久しぶりにこじつけて、今回の作品の感想です。




『硝子の花束』/杉原理生
幻冬舎コミックス (2008/8/18)
【Amazon】


☆あらすじ
大学生の瑛(えい)は、兄の恋人だった脩一(しゅういち)と
一緒に暮らしている。数年前に兄・雅紀の死に落ち込む脩一と、
一時期関係を持っていたが今はお互いそのことには触れられずにいた。
昔から脩一を好きだった瑛は、脩一と恋人同士になりたいと願っていたが、
ある日、不思議な均衡を保ちながら暮らす二人の前に、
雅紀がかつて家庭教師をしていたという青年・本宮が現れ―。

*   *   *   *   *   *

面白くない、というのとはちょっと違いまして、
杉原さん独特の風景描写やちょっとした比喩などが味わえ、
また、切ない話としては面白いと思います。
けれどなんだかもにょもにょするものが残るのです。

これはなんなんだろうなあ、と考えてみるに、
作中でも遠巻きにするかのように語られていた、
兄の雅紀の心情が分からなかったことによるのだと思います。

本文で「ブラックボックス」と本宮が称されますが、
それならば雅紀は読めないまま失われた元のデータ。
ブラックボックスを使っても、瑛と脩一の関係を
解きほぐすための結果だけしか導けません。
(瑛と脩一の恋愛がメインなんだから物語としては、
それでいいんでしょうけれども。)

雅紀は脩一や瑛の親しさに影を落とすような発言をしたり、
裏側で本宮に本音を打ち明けたように見えたり、
けれどつきあった脩一を短期間で振ったりと、
行動の印象が強いのに心情が確定してないように思えます。

それはきっとこうだったのだろうと推測はできますし、
それも味わいなんでしょうけれど……味わい半分もにょり半分。
重要なキャラだけにもにょもにょするー!

だから、幸せになった瑛と脩一のカップルの続きよりも、
雅紀の本心を綴った書き下ろしを読みたくなってしまいました。

瑛と脩一はこれからも引いては寄せてでなんだかんだで
うまくいきそうですし、周りの人もいい人たちですし、
雅紀は兄弟も親友も縛ってしまったことで、自らをも縛って
不幸にしちゃってる彼の、救済の話をぜひ読みたいです。


あれ? 前にもすごく似たような感想を抱いた本がある…、
そうだ、『私が語りはじめた彼は』(三浦しをん)も、
ある男について伝聞のみで語られた話だったんでした。
メインテーマは違うと思いますが、重要な位置にいる男が
「わからない」という点で似ていたのかもしれません。

まあ、それは余談として。
全部みんなが切ないのが主流になったらちょっとイヤですが、
こんなBLもたまにはいいのではないかなとは思います。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |