-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2009年3月新刊購入予定リスト | main | あ〜!!超買い物したいしっ♪♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ラスト・シャンパン』/高橋英里花(桃山恵)
今日は寒い!寒すぎる!早くお布団の中へ旅立って
BLを読んで……花の金曜日はこうでなくちゃね。

さて、高橋英里花さんの未読の作品は、残すところ
後1冊だけとなりました……最後の一冊を
探したいような探したくないような。

ちなみに残りの一冊は「恋はハリウッド級」です。
タイトルはなんとなく地雷臭が漂う気がしますが、
「走れキューピッド 」もタイトルとあらすじは
完全にアウトだったので大丈夫でしょう、きっと。

まあ、それは先のことなので置いておいて、
野球選手×税理士で元ピッチャーの作品の感想です。




『ラスト・シャンパン』/高橋英里花
ビブロス (1999/09)
【Amazon】




☆あらすじ
「MVPを取ったらお前の言うことを聞いてやる」
その一言から、高校時代のバッテリーで、互いに好意を
持っていた高志と再び関係を持つようになった千博。
プロ野球界のスーパースターと妻子ある若き税理士の情事。
いけないと知りつつも、高志の激情から千博は逃れられず……。

*   *   *   *   *   *

BL小説には幾つか不文律があります。(と思っています。)
わかりやすいもので言うと、「アラブものは王族・拉致・監禁・
媚薬・油田・傲慢のワードのうち必ず該当する。」などです。
その不文律のうちのひとつに、「野球選手攻は、バカ・年下・
空気読まない・絶倫、のワードが2つは該当する」という
ものがあります。(ちょっとワンコ攻に近いものがあるのか?)

脳みそが野球だけに向かっているというか……
なぜかイ○ローみたいなクレバーな攻めは存在しません。
スポーツマン=男性的、運動部的なステレオタイプな
攻めが、BLと親和性が高いのかしらん。

それはいいとして、例に漏れず、表題作の高志は猪突です。
うっおとしいぜッ!と承太郎ならばキレかねないほどの情熱で
千博を文字通りに押し寄って身体も心も奪おうとします。

嫁が居るのにはっきりと敵愾心をあらわにするほどで、
千博が惚れてたからいいものの、普通だったら訴えられて
終わりですもの、千博に感謝すべきです。

ただ、それでほだされて付き合いますハッピーエンド!に
ならないのが類型的ではありません。
なんとこの千博、いったんはっきりくっきり振るうえ、
流されるだけでなくある意味高志をも上回る努力で、
高志を支えられる職に就いてサポートするのです。
この、高橋さんの受けは一歩下がっても決して従属はしない、
その矜持の高さと関係性がかっこいいなあと思います。

……ただ、1年間でトレーナーと法律と英語のスキルを
身につけるってどんだけジェバンニ(チート)だよ、と
つっこみたくなりましたが、千博は前歴として三年間で
あの難関の税理士になってるわけですから、
そのくらいはなんでもない、と納得しよう。うん。

後編のサブカップルでもかっこつけていながらも
完全に千博にメロメロな高志が見れて、楽しかったです。


サブカップル編は高志の後輩のピッチャー×義兄。
こっちは本編とくらべてしっとりめです。
情熱はいい勝負ですが、高志と違って空気を読む子なので、
攻めの年齢は下なのに落ち着いた話になっています。
こちらはこちらで楽しく読めました。

はあ……学園ものが主流だった2000年頃(だったろう)にも、
こんな作品があったことを当時知っていたら、
BLを離れなかったかもしれない、面白い作品を見逃すことは
なかったかもしれない、と思うと悔しい気持ちでいっぱいです。
あと1冊、丁寧に読みたいと思います。

貪欲に受けを愛する野球選手とチート能力を攻めに
捧げる受けの話が楽しめそうでしたらどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - |