-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あ〜!!超買い物したいしっ♪♪ | main | 3P小説3本勝負 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬(深井結己)
1ヶ月に1冊コノハラ本計画、絶賛遂行中!
何とか2月も1冊読むことが出来ました。

積読消化としては、この本や、こどもの瞳、裸んぼシリーズ、
COLDシリーズは旧版と新版の両方があるので、
一気に2冊消えることになり一石二鳥!と納得させたいけど
やっぱり無駄無駄ァ!と叫ぶ心が消えてくれません。
旧版、どうしようかなー。

ま、それはおいといて、以下感想です。
やっぱり古い作品は一味違う気がしますね…。




『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬
蒼竜社(2008/6/20)
【Amazon】


☆あらすじ
田舎から上京してきた従兄弟の氷見(ひみ)啓介の面倒を
なし崩しに見ることになった誠一は、アパート探しなどを
手伝いながらも、実は気まずい思いだった。十年前の夏、
啓介に心酔した誠一は、「高校を卒業したら迎えにくる」と
約束したまま、戻らなかったのだ。相変わらずのダサい格好に
うんざりしつつも、誠一は再び欲望のままに啓介を抱くようになる。
しかし啓介は優しく受けとめるだけで…。

*   *   *   *   *   *

読み始めは誠一に対して「お前はバブリー時代の人間かよ、
しかも啓介を好きなように扱いおって……」と憤りました。
本当に木原さんは理解不可能なダメ男を描くのが上手いですね。

そして、啓介に別れを切り出されて、バランスが逆転し、
誠一が追っかける側になる展開も木原さんらしい…‥のですが、
表題作ラストから「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」という
2話めのにかけてからの部分に、この作品の特異性を強く感じました。


誠一に何も抗うこともなく、片思いをしつづけ、
望まれるままに望むことをしてあげるという、
こちらも理解しがたい啓介の中に、深い愛情と同じくらい、
深く刻まれた諦観が潜んでいたと分かるのです。

誠一は絶対に、何があっても自分を好きにならない、
別れるのが怖いからつきあいたくない、なんて考え方は
過程を大事にしないバカな考え方だ、と言いたいですが、
誠一の阿呆はその考え方を植えつけるまねをしているため、
その考え方を自己中でバカらしいと私は断言できません。
誠一が好きだけれど誠一の幸せの中に自分は存在しない、と
達観しきってしまっているのが、ただ哀しかったです。

誠一にとっては、絶対的な愛情を持ってもらって、
そして改心して啓介を好きだと言っているのに、
啓介には選択してもらえないというやりきれない形です。

もちろんこれは昔に啓介を捨てた誠一の罪なんですが、
それをなんとかしようとする誠一が1話めと違って
いじましいというか……頑張って、啓介を本当に
幸せにしてやってほしいと願ってしまいました。
1話めが酷いので好きなキャラではないですけどね。


一応ハッピーエンドで終わるのですが、2人にとってだけの
ハッピーになりすぎて次の世代(啓介の子供)に悪影響を
残してしまい、1話〜2話めよりもさらに鬱展開な
3話めにつながったりと、劇的ではないにしろ、
色々とイヤーな感情を掘り起こされた作品でした。

これも木原本の魅力と言っていいのでしょうかね……。
書き下ろしの4話めで3話めが救われる形になりますけど、
旧版ので読んだら3話め、救いの無い話ですよ!
新装版で読んでほんとよかったです。

木原さんの古い作品はやっぱり怖いですけれど、
これからも読んでいこうと思います。
全面的なオススメはしないですが印象に残る作品でした〜。
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |