-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『さようなら、と君は手を振った』/木原音瀬(深井結己) | main | 『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3P小説3本勝負
先日カメラが趣味の同僚と話していて、ちょっとカメラ方面の
話に持っていったら、f値だの35mm換算レンズがどうの、
まったくわけのわからない話をかまされてしまいました。

趣味の分野はわからない側にはほんとうにわからない。

3Pと凌辱の違いはいったいどこにあると考えるか?とか、
攻2受1のベーシックと攻1受2のハーレムとリバ入り混じる全方向型、
それぞれの良い所と苦手な所はどこ?と聞いたところで
ポカーンとされてしまうでしょうからお互いさまですね。
違うのはポカーンで済まされないことですかね。

まあ、そんなわけで…英語でのhobbyになりつつある、3P感想です。


1.『ワガママなアイズ』/小林蒼(華炎)


マガジンマガジン (2003/07)
【Amazon】



攻め以外にも抱かれまくりでそれを先生に見られるのが
大好きな高校生と、それはそれで楽しんでいる教師の話。

理解不能ですけれども、受けの感情は攻め一筋で身体は別と
わかるため、さほど嫌悪感や禁忌感は感じませんでした。

間男は未遂を含めて、えーと…8人かな?
前述の通り受けが酷い目にあってもさほど辛くないですが、
どれもこれも先生と生徒の介在になっているように見えて、
むしろ間男どもがかわいそうに見えてきました。

ちなみに、なぜか挿絵はめちゃくちゃ多く、挿絵が12ページ、
最後に収録されている絵日記(という名のエロSS)とやらには
さらに10ページ近くの挿絵が使われています。
ピアスってすごいなあ……いろんな意味で……。

3P・4Pあり、リバあり(間男との)、とエロオンリーの
爛れた話が読みたいときには向いていると思います。



2.『色彩の檻』/西野花(和田繭子)


二見書房 (2008/10/23)
【Amazon】



老齢の師匠に教えを請う日本画家の卵に、
画廊の跡取り息子でいいひとが恋をする。
禽舎の贄と非常に良く似たキャストと展開でした。
(インスパイヤと言いたいわけではありません。)

違う点は、受けと師匠が実の親子で近親相姦もあり、
師匠にサドっ気趣味があるところでしょうか。
あ、あと3Pですね!これを忘れちゃいけませんね。

面白いことに3Pと攻めの移動が一緒のタイミングで行われます。
さしずめ嫁をくださいと頼みに来た婿に、愛情があるなら
目の前でこの淫売とやってみやがれ!と難問を出した
変人の父親とそれに引かない変わった攻めの戦いです。

「ライバルよりもオレを選べよ3P」でもなく、
「これから3人で幸せになります3P」でもなく、
「1人オマケでちょっと楽しんじゃうよ3P」でもない、
「舅と婿が嫁(BL的表現)を争う3P」は珍しいかも。

ただ、ここの師匠の動機はよくわからないです。
淫売(と勘違いしている)な母に受けが似ていたから
虐待していたのに本当に淫売みたいになったのに冷めたのか。
それともまだ親としての子供に対する愛情で覚めたのか。
死期を悟っていたのか……死人にくちなしでわかりません。

しかしそれ以降はラブラブ過ぎて印象に残りませんでした。
3Pしか眼中にない私が悪い確率90%です。


3.『そりゃもう、愛でしょう』/相良友絵


茜新社 (1997/04)
【Amazon】



受けは頻繁に痴漢されるようなS心をくすぐる刑事で、
コンビを組むことになったドSな先輩と、いつもは
紳士的なのに血を見るとド変態になる鑑識課の上司に
目をつけられてしまい、「奴隷になれ」と言い寄られて
苦難の道を進むことになる話です。

受けの一人称がちょっと読みにくいのですけれど、
攻め2人の個性的な変態ぶり、受けの気丈ながら
いじられやすいキャラが立っていて面白かったです。

奴隷、奴隷といっている攻め2人ですが、彼らなりの
道理があり、そのためかHシーンは少なく、3Pシーンも
1回のみです。(くんずほぐれつな雰囲気でもありません)
そこがちょっと寂しい気もしましたが、続きでその辺は
楽しめるかもしれませんね。続き見つかったら買おうっと。

余談ですが、如月さんってずっと昔から安定していた絵だと
思っていましたが、今のほうがずっと華やかですね。
絵が変わるのは好みはどうであれ、成長してる証なのだなあ。

それでは今日はこの辺で。3P感想の旅はまだ続く…。
| [その他]3P特集 | 21:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:27 | - | - |