-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3P小説3本勝負 | main | 『ポラリスベル』『ポラリスまでの距離』/テラシマ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ
ここ数日、夜のPCのお供をコーヒーから紅茶に変えました。
紅茶に生姜を入れると効く、と以前から知ってはいたものの、

また健康業界か、とセレブなアタシは思った。
シカトするつもりだったけど、チラっと飲んでみた。

「……!!」…チガウ……今までのとはなにかが決定的に違う。
スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを駆け巡った…。
「…(オイシイ……!!……これって運命……?)」

「ガリッ!ポッカポカ!」アタシは温まった。ジンジャー(笑)

と、本当に温まっているような…気もしなくないような。
プラシーボ効果も期待してとりあえず飲み続ける予定です。
ケータイ小説は遊んで書くには楽しいかもしれない。

まあ、それは置いといて…、今日の感想は温かい絵柄に
意外とひんやりとした寂しさを感じた作品の感想です。




『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ
東京漫画社 (2006/02)
【Amazon】

*   *   *   *   *   *

この本が出版された約3年前、BLの世界に戻ってきて
さほど時間も経ってない頃の私は、この本の表紙を見て
個性的だし絵本っぽいし、自分の求めているBLとは
ちょっと違う予感がする、と思って避けてしまったのです。

しかし3年のブランクをおいて手にとってみたら…、面白かった!

しかし、予感も全部間違っていたわけではなく、
絵柄もそうですが、ストーリーも普通のとは
ちょっと異なっていました。(ここで言う普通とは、
「リーマンや学生が恋愛をするBL」とします)

先生×教師、叔父×甥、バイト仲間、などなど、
単語にすればキャッチーなBLっぽいのですが、
恋愛に到達する以前の、人と人が心を近づける段階を
描いています。Hシーンは一切ありません。
(ちょっとしたエロスを感じさせるコマはありますが)

そして、人と人の心のつながりを描いているがゆえに、
温かい場面も多い、けれどひやりとするような
寂しい部分なども描かれてあります。

しっかりしなくてはやっていけなかった子供の悲しさや、
寂しさを直視しないようにしているがゆえの逆説的な寂しさ、
絶対に自分を裏切るけれど男への報われない想いなど…。

もちろん、それをひっくるめて面白いんですけれど、
絵柄からは想像していなかった内容でした。

いや、この絵柄だからよかったのかもしれないです。
絵柄の温かさがあるからこそ、この展開が引き立って
かつ受け入れやすかったのかもしれません。
この牧歌的な絵で、あまりセリフを使わずにこういった話を
描けるひとがいる、というのは嬉しい発見です。

また、この絵柄はショタ向けチック(というか実際に
ショタと言える年の子もけっこういます)ですが、
ショタはちょっと……というかたでも、前述の通り、
性的なシーンがほっとんど無い話ばかりなので、
挑戦しやすいのではないかと思います。


これ以外の単行本は今のところ出されていないようですが、
不幸中の幸いか、J庭のカタログに載っておられました。
どんな同人誌を出されているのかはまだ知りませんが、
寄るところがひとつ増えて楽しみです!

それでは今日はこの辺で…。

P.S.
「ごめんね柳ちゃん」の続きってどこかに掲載されてるのかな…
それとも同人誌なのかしら…気になるなあ。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |