-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『泣くのはおよしよ仔リスちゃん』/アユヤマネ | main | J庭2009春はここまで来た >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ポラリスベル』『ポラリスまでの距離』/テラシマ
明日の準備がようやく終わりました。
なぜか大荷物……なんでだ?そうだ、泊まりだからだ。

というわけで、明日はJ庭後は宿泊してきます。
別に帰れない距離じゃないんですが、仕事が本格的に
忙しくなる前にちょっとそんな贅沢もいいかなって。
いいよね?(本代以外にはしわい自分への確認)
もし日記を書くとしたら明後日になります。

まあそれはどうでもいいとして、また絵柄で
避けていたマーブルコミックス作品です。
食わず嫌いは宜しゅうございませんわね、ほんと。
これも面白かったので感想です。



 
【Amazon】   【Amazon】
『ポラリスベル』『ポラリスまでの距離』/テラシマ
東京漫画社 (2007/3/30, 2008/10)

☆あらすじ(ポラリスベル)
男にも女にもだらしないバイで甲斐性無しの秀吾は、
鉄道員の「ヤマさん」にぶしつけな態度を咎められてしまう。
出会いの印象は最悪だったものの、どんどん惹かれていく気持ちに
ありえない!と秀吾の警笛は鳴り響いたが、想いは止められない。
さらに気まずいことに、なんと「ヤマさん」こと久我山さんは、
元カノ(現:友達)の父親だった……!

*   *   *   *   *   *   *

あらすじ(↑のはかなりいじってます)を読んで、経験的に
「ダメな年下高校生攻に惑わされてしまうオヤジ受けなのね」と
考えてしまいましたがだいぶ違いました。
経験が増えてゆくと考えが凝り固まるなあ……反省、反省。

確かにダメっぽくってゆるーい高校生が主人公ですが、
ありがちな年下攻めによる情熱一辺倒!ではありません。
秀吾からの視点はもちろん、秀吾の友人からの視点や、
久我山(娘)の視点、久我山(父)の視点、と
オムニバス形式をとってさまざまな視点から
「秀吾が久我山(父)に恋をしている」ことが描かれています。

年齢差もあるうえに元カノの父親ということで、
なかなか近づかない秀吾の焦れったい考えや、
久我山(父)の人生経験を重ねたがゆえの結論など、
カップル(とまでは行ってないんですが)のそれぞれの
感情描写だけでもすごく良いのですが、久我山(娘)の
描写がひときわ素晴らしいと思いました。

ものわかりのいい女性でもなく、興味本位の女の子でもない。
元カレがまだ好きなのに自分を見てくれない苛立ち、
大好きな父親をとられたくない想い、でも父親を
縛り付けたくはない、そんなムジュンした気持ちに
潰されそうになって狂言回し的な行動をとってしまう女の子。
こんな魅力的な女性キャラ、なかなかお目にかかれません。

カバー下で著者が友人に「(BLなのに)女がいるよ?」と
非難気味に言われていますが、こういうスパイスが
存在するからより輝くんじゃないか!そりゃー変な描き方を
されてたらいないほうがいいですけど、キャラや心情を
上手く描けるならいたほうが絶対面白い。と私は思う。


前回の感想に続き、これもエロシーンがまったくないですが、
それを上回って有り余る魅力がありましたし、
各話の展開やシーンに合うような形で登場する星の話に
対する解説や知識が幕間にあったり、カバー下に四コマが
描かれていたりと、全体に気が行き届いている良い作品です。

オヤジが苦手なかたにもぜひオススメしたい作品です!

P.S.
還暦・喜寿・米寿もどんとこい!むしろ好き!という
テラシマさんに惚れたぜ……そうじゃなきゃ
「けど加齢臭は加齢臭でも久我山さんのは絶対いいにおいだもん!」
という秀吾のセリフは出てきませんよねー。オヤジ最高!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |