-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々我貪読同人誌 | main | 『八王子姫』/海野幸(ユキムラ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『初恋姫』/凪良ゆう(街子マドカ)
同人誌があと10冊(以前から残っているものを除く)に
なったので、そろそろ商業誌に戻ろうかと思います。

小説に限って言えば、商業BLはJ庭からの1週間で
今日の感想作品ぐらいしか読んでないのです。
普段は毎日読まないとなんとなく寂しいのに、
BL分が同人誌で満たされちゃうとしか思えません。

自分の読書リストを調べてみたら去年の秋のJ庭後も
そうだった……なんとも分かりやすい性質です。

さて、今週のたった1冊だけの商業BL小説ですが、
運よく楽しく読めた作品でした。以下、感想です。




『初恋姫』/凪良ゆう
白泉社 (2009/02)
【Amazon】



☆あらすじ
華族の流れを汲む佐治家の末っ子・花時雨(はなしぐれ)は、
蝶よ花よと育てられたまさに深窓の“お姫さま”。
祖父の命を受け、ご先祖さまの主筋が営む下町の定食屋の
危機を救うために、住み込みで手伝いに入る。
とはいえ所詮はお姫さま育ちの花時雨は慣れない仕事に失敗ばかり、
さらに若主人の上月一心を好きになってしまうが、
だが一心には秘めた想い人(しかも♂)が……。

*   *   *   *   *   *

ねーよ!(笑) というつっこみをしたくなるこのあらすじ、
しかしこのトンチキな話が楽しめてしまいました。
アテクシがトンチキずきということは差し引いても
コメディとして、非常に面白かったんじゃないかしら。


何で面白いのかというと、この深窓の姫こと花時雨が
徹底されたお姫様だからなのだと思います。

姫と呼ばれるような受けが登場する作品は無意識に避けているのか、
あまり読んでいないのですけれど、姫と呼ばれるような受けって、
庶民的な基準というか一般的な感覚があって、
どうにも思考が姫とは思えないのですよね。

これは現実場面で「私天然だから〜」と自称する人間に限って
天然とは思えないような他人の目を計算した思考を
しているのと似ていて、うそ臭く感じてしまいます。


そんな中、花時雨は、本当に庶民と思考をすり合わせない、
いや、すり合わせる必要がないからこそできあがった
本当の姫思考を持つ人間として描かれているのです。

客商売なのに無自覚で偉そうに聴こえる口をきいたり、
敬語はやめろといわれていきなり呼び捨てにしたりと、
一心(庶民=読んでいる読者側)から行動だけを
見ている分にはまったくわからないぶっとんだ行動は、
徹底した姫思考で展開された結果であり、
その自分には無い思考が面白くて可笑しかったです。

自分に近い感覚に重ねて読むのも楽しいですけれど、
全然近くない感覚を対岸から眺めるのも楽しかったです!

また、「(一夜の過ちを犯した責任をとるためになんて)
そんな理由で付き合われても嬉しくない」とか、
「僕は自分を嫌いになってしまう。僕はそんな恋は嫌だ」と
考えられる冷静な思考も持っているのが男前でして、
姫思考でありながら正論ももつ稀有なキャラクタでした。

花嫁本でも思ったことですけど、凪良さんのキャラは
みんな確固とした思考・人格を持っているのが好きです。


なんか花時雨の魅力を書いただけで終わってしまいましたが、
ほんとうにこの人の描く受けは好きだなあ。

当て馬史上でもっとも不細工(魚顔+アフロ)なラブちゃんや、
へたれ気味ながら純情でべらんめえ口調の一心などの
キャラクタ他、たくさんの見所があります。

花嫁ものに続き、タイトルで避けた方にはオススメしたい作品です。
| [BL・小説]凪良ゆう | 22:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - |