-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『八王子姫』/海野幸(ユキムラ) | main | 『硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮(山田ユギ)
明日から三連休!
三日もあるので何から読もうかしら(どこにでかけようかしら、
という考えは一切なし)とわくわくしているときが一番楽しいです。
週末を前にした小鳥遊練無の気分ですね。(森博嗣ネタ)
楽しさに任せて週末プランをちょっと考えてみました。

1・人様から借りている本を消化する。
2・同人誌を読みすすめる。
3・Unit Vanilla の迷作を4冊一気読みする。
4・木原本のシリーズ(COLD or 裸んぼ)を一気読みする。

…難易度の低い2と3だね!4は大型連休に!(きっと!)
非BLでも読みたい本もあるし、ゲームもあるし、幸せなり。

さて、今日は電車の中でついニヤけてしまった、
楽しかった作品の感想です。




『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮
オークラ出版 (2009/1/23)
【Amazon】



☆あらすじ
高校時代から憧れ続けていたサッカー部の先輩だった三ヶ森に、
同じビルに働くサラリーマンとして再会して以来、
三年間、告白を拒絶され続けてきた織田は、
挙句に思いもかけない言葉を聞かされてしまう。
成り行き上一緒に息子捜しを始めた織田たちの前に現れた
息子の虎治は高校生で、しかもその顔がなんと…!?

*   *   *   *   *   *

月夜野さんはおおいぬ荘しか読んだことがなかったので、
こんな話が書けるんだ……!とちょっとビックリしました。

だらしなくて毒舌でダメ人間な三ヶ森らしいくだけた台詞や、
息子が見つかったのちのハイテンションな台詞、
三年間の辛抱ののちにS属性を開花させた織田の台詞に
これは言ってみたいと思ったり(冗談です)と、
会話文だけでもニヤっとしてしまう面白さがあります。

また、ちょっと変わった構造なのも面白いです。
BLって基本的に受けの悩みの元は「恋」(Loveだから当然)ですが、
この作品ではそれ以外のところ、「子供」なのです。

ゲイゆえに子孫を残すことはない、それに対しては
さほど後悔も苦悩もしていなかったけれど、
客観的に見て美味しい男の織田もどーでもよくなってるし、
なにか自分には足りていないような気がする三ヶ森。

そしてそれを埋めるように降ってわいた子供の話に、
一喜一憂するようになって感情が動いていきます。
「恋」のみの悩みに終わることなく、恋も含めた、
人生のリスタートの契機になっているのです。

10年前だったら息子の虎治が親を訪ねる話が
本編になっていたのかもしれませんね。
読み手も書き手も自分も年齢があがったせいなのかは
知りませんが、人生経験が2倍近くある大人だからこそ、
「恋」だけではない、心温まる軸があるのがより深く、
楽しく感じました。(もう高校生ものの方が遠い世界だもん!)


あ、18禁な意味でもアダルトでした。
ページ数としては多くないですが、3年分たまっていた分を
ぶちまけたかのような織田のねっちょり感は特濃です。
2話めではSMプレイが進化してこってり感も2割増し、
ユギさんの絵が超エロで電車の中で焦るほどでした。
前半のライトテイストからこのエロの差にはかなり驚きです。

でもユギさんの絵とこの話、ものすごくシンクロ率が
高いと思います……織田と虎治がふたりで話すシーンとか、
挿絵がなくても絵が思い浮かんで来るようです。
(著者もユギさん絵で思い描いていたらしいですし、
それが影響あるのかもしれませんね。)

というわけで、地雷の匂いのするタイトルに反して、
アダルトで楽しい読書になりました。オススメです。

P.S.
惜しむらくは3Pにならなかったこと…
この3人なら楽しめそう(自分が)なのに……ッ!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:58 | - | - |