-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『オレ以外立入禁止っ!』/月夜野亮(山田ユギ) | main | 『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛)
予定よりだいぶ遅れてシリーズ1巻めを読了しました。

迷作だトンデモだとの風評は聞いていましたけれど、
トンデモは大好物ですし、まあ、ひとそれぞれだろうと
思っていたのですが、たしかにこれは……。
作中の企画(計画)もどうかと思ったけれど、現実世界でも
よくこの企画が通ったなあと思わざるを得ないお話でした。

つっこみどころがありすぎてどこまでつっこむか
迷うところですが、とりあえず以下感想です。
(普段よりもネタバレ多めです)




『硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
大洋図書 (2008/9/27)
【Amazon】



★あらすじ
素直で眼鏡フェチな大学生・柚木双葉は、父の知人を
日本へ案内するため、留学先のパリで空港で向かっていた。
緊張する双葉の前に現れたのは、眼鏡のよく似合う高嶺だった。
日本へ向かうプライベートジェットに乗った双葉だったが、
目を覚ましたとき、そこは逃げだすことのできない屋敷の一室だった!
閉じられた空間で高嶺と双葉、ふたりきりの生活が始るのだが……

*   *   *   *   *   *

眼鏡フェチ…というか、逆に裸眼のひとが理由で苦手で、
それを治すために「世界平和は足許から」を理念に活動する
スペシャリスト集団・アーサーズガーディアンの
高嶺によってあらすじの環境が整えられるのですが……。

最初のうちは、足許と言っても爪の隅に入った靴下の糸を
取るのに外科手術をするような仰々しい設定にクソ笑ったり、
「眼鏡にも悪い眼鏡がいると考えを改めさせてやろう」と
息巻いている高嶺を見て「おなか痛いおなか痛い!(笑)」と
甘すぎるドッキリにベッドの上で突っ伏していたのですけれど。

「この双葉が知らされていないドッキリ計画のそのうえに、
実はもうひとつ攻めも知らないドッキリがあったんだよ!」
「な、なんだってー!」


MMR風に言うとこんな感じで、もう1つ、双葉どころか
高嶺も知らない計画があって、眼鏡云々は実は
今回の依頼の要因ではなかったことが判明します。

これがトンデモ好きを自負する私のツッコミ魂をも
崩壊させる出来事でした。それまでにためこんでいた
双葉と高嶺へのツッコミの大半が、つっこんだら負け、
全部ドッキリだから!になってしまったんですもの。

しかも、そのドッキリは迷っていた高嶺の(一応あった)葛藤が、
どうだっていいことだったとわかってしまったんですもの。

私が思うにどんなに脚本が荒唐無稽でおかしくても
それを真剣に演っているのがトンデモの醍醐味であって、
その設定は嘘、なんて演出はちっとも楽しくありません。

迷作と知っていたからまだよかったものの、SASRAレベルを
期待して読んだ方々は相当のショックだったろうな、これ……。


しかし、この最後のドッキリもまだツッコミどころを
沢山残してくれています。少し挙げてみると、

・経費の無駄遣い(これはドッキリ前と一貫してます)
・「嫌いな眼鏡の人間と居させることで苦手を克服する」という
 考え方を真に受けた高嶺が本当に双葉に嫌われたとき、
 双葉へストレスを与えた責任はどう取るのか
・仮にもスペシャリスト候補の高嶺自体が真実を知らされていない
・というかそんなに危険なのにVIPの当人に知らせないのもどうなの

裸眼苦手が深刻でないなら一番最後のはやるべきだと思うんですが…、
もう「そのうちaya-meは考えるのをやめた」(カーズ様)の心境です。

聞いたところによると、カップルも書き手も1冊ずつ変わるそうで、
また、Amazonの評価では尻上がり的によくなっているようなので、
次を楽しめるといいな……。
オススメはしませんがツッコミ万歳!な1冊でした。

P.S.
書いた順が五十音順ってほんとうですかね?
和泉さんじゃない気がする(特にエロが)……あ、ローマ字にした
ファーストネームをアルファベット順に並べたら納得できる
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |