-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) | main | 『追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla(蓮川愛)
ようやく3巻まで読み終わりまして、なんとか、
1日遅れで4巻まで読み終えることができそうです。

家の中で長時間過ごしていると読書ブーストがかかるのですが、
そのかわり家の外に出るのが非常に億劫になりますね。
明日会社行くのが非常に面倒だなあ……。なーんて
憂鬱をどこかへ吹き飛ばしてくれた、「胡蝶の誘惑」です。

2の「密林の覇者(と書いてスターと読む)」はふつーに
設定どおりのBL(ほめてる)でしたが、この3巻は、
期待していたとおりのぶっ飛びっぷりでした。
以下、感想です。




『胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン』/Unit Vanilla
大洋図書 (2008/11/27)
【Amazon】


★あらすじ
製薬会社ヨーゼアに勤める叶野は、妄想癖のある熱心な研究員。
ある秋の夜、いきなり見知らぬ外国人が家を訪ねてきた。
褐色の肌に端整な容貌の彼、グレッグ・メイヤーは、
初対面にも関わらず叶野の痔病を自分に治療させるよう主張してきた。
わけがわからず妄想しつつ怯える叶野を、グレッグはなんとか
説得しようとするのだが、叶野が偶然つくりだした
ある薬のせいで事態は思いがけない展開になり……

*   *   *   *   *   *

世界に知られる「アーサーズガーディアン」の活動実態が
「一介の人間の痔を直すこと」だなんて、奉仕精神溢れる理念と
依頼内容のギャップには驚かされるばかりです。

しかもあの散々だった1巻の眼鏡のときとは異なり、
結果的に大事にはなるものの本当それだけのミッションです。
……誰なのよこの依頼を出した愛すべきアホは!

しかもグレッグは痔の治療ために日本まではるばる来て、
妄想に耽って話を一向に聞かない叶野の説得をするなんて、
医者に従事していたほうがはるかに平和に貢献していると
思うんですが、なんてつっこみ不可なシリーズだと悟ったとき、
この話は素晴らしいトンデモ作品としての魅力を持ちます。

ミッションの前提ももちろん素晴らしいのですけれど、
もっとも素晴らしいのは妄想エロでしょう。

自分で作った薬(KOCHO)のせいで、一時的に、妄想癖クラスから
現実との区別がつかない精神疾患クラスにクラスチェンジして
とことん善良なグレッグに、胡蝶の誘惑(エロス)をしかけ、
主導権をとるのが面白すぎてしょうがありません。

描写としては自らフ○ラをしたりとかなりエロなのですが、
妄想と現実がごっちゃになって錯乱している叶野と
善い人過ぎて押し切られてしまうグレッグに腹筋が
鍛えられてしまう、エロすら退けるトンデモパワーです。

まあ、他にも海外ゲイビデオのくだらないネタ(……あ、
私が以前見たアーミーものでもこの作品に出てくる
ビデオ同様にマ○ビンタがありました。なんで?)や、
後輩研究員との下劣なバカ話もかなり笑えるので、
ぜひトンデモ好きの人は読むべきだと思います。


あと、作品の面白さとは関係ないのですが、黒い肌をもった
人物がカップルとして登場するのってはじめて見たかもです。
褐色・色黒とかはアラブなどでよくお目にかかりますが、
はっきりと黒い肌と書いているのは珍しいですね。
遺伝子的には先祖がえりで両親は白人系とのことですが、
なんで白人系ばっかりかな?と常々思っていたので嬉しいかも。
他にも黒人系の話があったらぜひタレコミをくださいませ。
(これは非BL小説もか……山田詠美ぐらいしか思いつかない)

作者は……あくまで推測ですが、叶野の元片思い相手の性格や
研究員同士の会話から木原さんっぽいですかね。

トンデモをお探しの際はこれ単品で読まれることをオススメします。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |